1854年のグラッタンの虐殺が起こる


・・・とのこと。


侵略者が土着民とひと悶着して、侵略者が痛い目に遭ったという、自業自得なのに虐殺といいきる、どこぞのミンジョクと同じような言い分を振りかざす、傍目からしたら実にみっともない名称ですな。
手前の虐殺は最小限に評価して、手前等が受けた殺しは最大限に評価する、何とも人間の醜い部分を存分に曝け出していますな。
反面教師に相応しい事件名です。
人間、こんなクズにはなりたくないものですが、存外こんなクズに成り下がるもんです。
気をつけないといけませんな。