1927年のこの日、ロチュース号事件をめぐる国際裁判で、常設国際司法裁判所はトルコの違法性を否定する旨の判断を下す。


・・・とのこと。


国際法の基礎を成した国際裁判だったそうですね。
この裁判を機に、国際法で禁止されていない行為は許される、という考えが広まっていったそうですね。
それが良いのか悪いのか、正直判断しかねます。