1859年のこの日、チャールズ・ダーウィンがイギリスで『種の起源』を出版。


・・・とのこと。


自然選択によって、生物は常に環境に適応するように変化し、種が分岐して多様な種が生じる、と主張したそうですね。
当時は世界は交通事情の悪さもあって、なかなか実感できなかったでしょうが、今なら容易に理解できますね。