フォレスのグ~タラカオス鑑賞記

性はノースウッド、名はフォレス。 琴線に触れれば、洋画だろうがドラマだろうが特撮だろうがアニメだろうが、自身の好みにしてしまう雑食系の日記です。ピクシブ&ハーメルン+その他にて、ウルトラマンとリリカルなのはのクロスオーバー小説『ウルトラマンゼロ The Another Lyrical Story』と、ゴジラと境界の彼方とのクロス小説『境界の彼方~G-ゴジラ-を継ぐ者~』、ガメラと戦姫絶唱シンフォギアのクロス『GAMERA /シンフォギアの守護者』を連載中。相互リンク歓迎です。 ※当ブログ名を『フォレスの続・グ~タラ鑑賞日記』から改名しました。

どうもこんにちは、フォレス・ノースウッドと申します
怪獣・映画・特撮ヒーロー・アメコミヒーロー・アニメ好きなヤロー、なんて……重症……(奈須さん風)

よく見るジャンル:アクション、SF、アメコミ、時代劇、黒澤明、ファンタジー、マカロニウエスタン、刑事モノ、型月、日常系アニメ、ゴジラやガメラら怪獣モノ&ウルトラマンや仮面ライダーら特撮、公式が病気系、クロスオーバー、とりあえず自分の心の琴線に触れて動かされば、何でもな雑食系。
映画オタの原体験=ゴジラら怪獣たちと黒澤映画
百合モノ、ブロマンスモノのいける、ギャップ萌え属性嗜好症なボンクラ。
洋画は吹替え版、字幕版、両方見る派。
セルジオ・レオーネ、クリストファー・ノーラン信者(隙、ダメポイント込み)
真田丸どうでしょう?――いいに決まっている!
デップーさんことデッドプールはいいぞ!!
シン・ゴジラサイコッー!

ゴジラとガメラは愛する怪獣たちの二大巨頭。
ゴジラとは=強い、怖い、デカい、カッコいい、破壊の化身、でもカワイイ
ガメラとは=怪獣界の高倉健にしてダイ・ハード、漢の中の漢、ロリショタコン

好きなウルトラ戦士:ゼロちゃん、ティガ、ガイア、ネクサス、パワード
好きな仮面ライダー:クウガ、アギト、ファイズ、カブト、ディケイド、ダブル
好きなゴジラ:ギドゴジ北海道、ビオゴジ、ラドゴジ、FWゴジ、ギャレゴジ
最近もっぱら見てるアニメ:シンフォギアシリーズ、MADLAX、psycho-pass等
漫画だと――:冴えカノ 恋メト(詩羽先輩ルート)、探偵の探偵(清原紘作画)、木根さんの一人でシネマ、忍殺キルズ、新米姉妹のふたりごはん、姉なるもの

よく聞く劇判の作曲家:川井憲次、梶浦由記、大谷幸、澤野弘之、佐橋俊彦、菅野よう子、ハンス・ジマー、エンニオ・モリコーネ

こんなカオスな性分でございます。

ハーメルン、ピクシブ等でウルトラシリーズとリリなのシリーズのクロスオーバー小説『ウルトラマンゼロ The Another Lyrical Story』と、ゴジラと境界の彼方とのクロス小説『境界の彼方~G-ゴジラ-を継ぐ者~』、ガメラと戦姫絶唱シンフォギアのクロス『GAMERA /シンフォギアの守護者』を連載中。

相互リンク歓迎です!
※『フォレスの続・グ~タラ鑑賞日記』から改名しました。

久々の記事投稿、しかし何の取り止めもない近況(オイ

今年もそこそこ映画にアニメに特撮も見て、何とか感想云々を発信したいんですが………今宵と言うか現状中々書けない💦

脳の文章生成能力の大半をツイッターや二次創作とは言え小説に費やしてるってのもありますが、フォロワーさんの秀逸な感想記事を見てしまった&いざ自分なりの表現で手堅い分量で纏めると言う、さりげなくも高いハードルがしかれちゃって中々筆と言うか、キーボードが進まねえ 

なんてぼやきな記事でした、もっと本読みしつつ何とかコンスタントに更新できるようにせんと。

追記:ふと気まぐれで診断メーカーの『女性アニメキャラになったら』を自分のハンドルネームでやってみたら―――お声がかやのんな長身美少女になった(驚


きっかけはヤフージャパンのTOPの話題なうだった。
その時のワードが余りにも信じがたいものだったので、確かめてみたら本当だった。


なんとアイドル系のソシャゲ―に登場するキャラの一人が、アイドル時はシンフォギアの未来ですっかりおなじみの井口裕香さんだが、地声は中田譲治さんと言う、案の定TLは驚天動地に溢れかえるは溢れる。
自分もその驚愕をツイートにしたら去年のシンゴジ公開時の感想ツイート並に反響が来てました。
間違いなく、ネコアルク・カオス以上のカオスで暴挙なキャスティングですよね💦

なんで今日は急にアクセス増えたんでしょうか?
ローガン見に行きましたけどTwitterでのRT以外に現状リアクションも起こしてないし(アレ?

な呟きはさしおいて、五月に出したかったのに結局ギリギリで間に合わなかった中、ガメラ×シンフォギアのクロス小説最新話、明日の朝更新予定。

一番の原因は、よせばいいのに朱音と翼さんによりオリジナルデュエット曲の作詞作業で無駄にハードル上げてしまったせいだ。
最初はツヴァイウイングのorbital beatでもいいかなと考えていたのですが、でもやっぱりとあの二人独自の歌で歌わせたくなったものでして。
でも作曲能力はさっぱりなので詞を作るだけで精一杯でした。

曲のイメージは、sawanohiroyuki[nzk]:nana&micaってイメージで(オイ

今回も澤野さんのBGM聞きながら書いていたせいです(汗

↓たまにリリゼロでの勇夜ゼロとフェイトちゃんがリクリエイターズ世界に通りすがる妄想してしまう澤野さん曲

GAMERA /シンフォギアの守護者

明日最新話更新いたします。


クリスちゃんのピンチに駆けつけるのは原作通り司令(シンフォギア余り存知ない人から見たら普通そこは主人公の響だろと突っ込まれそうだけど、現にそうだもん(オイ)か、それとも―――

今年公開のアニゴジの第一報から気になってた、72年生まれで物心つくころには昭和シリーズが終わった世代の虚淵さんの『ゴジラ像』を窺うことができたインタビューが出てほどなく。

↓脚本読んで、プリヴィズ見て、そして完成品を見られるなんて……羨ましい(オイ
アニゴジの正式タイトルが『GODZILLA 怪獣惑星』と発表されて、「これはもしや最初のビジュアルでは未知の惑星っぽかった舞台の星は、レジェンダリー怪獣ユニバースのベルム紀ばりの怪獣戦国時代な遠い未来の地球なんじゃ」と薄々考えてましたが、公開されたストーリーを見てやはりそう来ましたか。 
キングコング/スカルアイランドでの骸骨島な世界が地球規模で存在したベルム期の世界が見てえなと思ってたところにこの怪獣惑星である意味それが見られる、何と言う福音(evangelion)でしょうか 
この怪獣惑星で〝役者としてのゴジラ〟がどういうアプローチで演じてくれるのか楽しみを取っておきたいから、淵ゴジのルックスの公開はもうちょっと先でもいいかな。
 


ベンアフバッツの単独作かた監督も兼ねてたベンアフが降りた上に脚本の一から書き直しと言う噂もあったりと、こういうのもアレですがまだまだMCUと比べてしまうと見切り発車のツケが回って雲行きの怪しさが拭えないDCEU。


マシュ―・ボーン監督のスーパーマンは是非見てみたいですが。



でもダイアナ姐さん=ワンダーウーマンの予告編は先日でたばかりのも含めて期待値を上げてくれます。

姐さんのルーツ、かっこいい姐さんのアクションにあのBGMをバックにタイトルドーン!からの姐さんのカルチャーギャップボケが締めと言う、予告の流れがパターン化されててちと吹いてしまいますが(💦

でも姐さんは本気で期待できるとは思ってます。

演じるガルガドットさんの嵌りっぷりもですが、姐さんの話って、要は姐さんが右も左も分からない『人間世界にホームスティ』する話なので、姐さんが変にコミカル振りならくても、大真面目にカルチャーギャップボケしてくれて戦闘時の凛とした勇壮さとのギャップ萌え(しかも眼鏡掛けると途端にキュートになるよねガル姉さん)も味わえるのは間違いないから。
 

あの傑作を紆余曲折経て世に送り出してくれた偉人の一人たるティム・ミラー監督やジャンキーXLが降板したり、撮影延期したりと、経緯はどうあれせっかく大ヒットしたのに一時期制作に暗雲立ち込めてたデップーさんことデッドプールの実写映画続編ですが。

昨日特報『No good deed』(訳:善人に悪魔が訪れる、もちろんこれも同名タイトル映画のパロ)が公開。



タイトル通り、長年マジメに働いてきたらしいおじいさんを銃で脅すクソ野郎と言う悪魔じみた状況にデップーさんが駆けつけようとするのですが、色々gdって結局間に合わなかったと言うデップーさんじゃなかったらヒーローとしちゃブーイング塗れで、デップーさんだからこそブラックジョークとして成立するショート形式の特報でした。



でもさすがデップーさん、堂々とリーヴ版スープスのジョン・ウィリアムズスコアを流すわ、それバックに公衆電話のガラス越しとはいえ美尻(ケツ)さらすわ(変に深読みするとハーレクインの対抗意識か?)、さりげないようで結構あからさまに『LOGAN』の宣伝もしてるわ、死んじゃダメだって(無茶言うな)と言っちゃうわ諸々、相変わらずのフリーダムっ振り。

さてさて、オリジンの制約ももうない中、クソ無責任ヒーローは次にどんな伝説を見せてくれるのやら。

勿論、吹替えは手堅いのでお願いします(Legoバッツみたいなのはマジ論外)

 

と、Fateシリーズのパロディネタかましたくなる今年公開のDCEUシリーズ(?)最新作『ジャスティスリーグ』の上映時間。


3時間です。

3時間?

3時間!?



続・夕陽のガンマン/地獄の決斗完全版一本分!!!? 

去年午前十時の映画祭のリバイバル上映で続~~を映画館で見たから大丈夫と言いたいところだが、BvSのあの元ネタ知ってるの前提な情報過密さとフルスロットルさを見た後だと………正直エンドロールの終わりまで意識あるか不安だ💦 
しかもツイッターのTL見てるとみんな完全にアルティメット版出るの前提で話してるのがツボでした。
 
そんで白状すると私は、ダイアナ姐さん=ワンダーウーマンの単独主演作の方が楽しみだったりする(オイ
はやくカルチャーギャップボケかます姐さんが見たい←そこかい

 

久々の投稿、どうも冬は更新ペースが極度に堕ちてしまうらしい💦



でもそろそろそんな時期も終わりかけの今日の昼にラジオ付けてみたら、シンプルスタイルと言う番組でウルトラマンオーブ=クレナイ・ガイさんこと石黒英雄さんが、『劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、お借りします!』の宣伝も兼ねてゲスト出演してました。
最近はもっぱらジャズばっかり聞いていると言う、潔癖王子と異名が付くくらい掃除好きな石黒さんのことだから、オフの日は掃除しながらジャズ聞いているのでしょうね。

ランチタイムにぴったりなゆったり風ジャズメロディの後にオーブニカのコンボは若干にやけ、さらにガイさんになりきった状態でのMCさんとのやり取りににやけさせられました。
どうも食にうるさいガイさん、生姜焼きが好物らしい。

今後続編か後輩君の作品での客演に時とかにでも、『大衆食堂風のお店で美味しそうに生姜焼き定食を食べてるガイさん』の図な場面、出ないかなと期待しながら映画の公開を待っています(コラ 

久々の投稿かつアメトーク仮面ライダー芸人第二弾の新撮パートの監督を盛大に間違えるボカやらかしたばかりなのにこんなので失敬。




何せ秀頼公が、木村重成殿=ウィザード/春人の中の人ネタをかましてくれたもんでびっくり 
しかも昌幸パパもノリ良すぎww

後付け設定で熱狂的ファンを憤慨させちゃう事態はどの長期シリーズにも起こり得ることだけど、ある意味その最もたるとも言えるスターウォーズシリーズ(特別篇とか零体ヘイデンアナキンとかソロとグリードの酒場の下りとか、あとEP6でのベイダー無言の苦悩葛藤に足された文字通り蛇足なNoとかNoとかNoとかNoとか、あのNoだけは絶対に許せん、今でも許せない)。
ミディ・クロディアンの一件でも大大大大炎上したと言うのに、また炎上物件な後付け設定を、それもライトセーバー で 
それもよりによってカノン(正史)でアソーカ主人公のスピンオフで。


個人的には、シスのライトセーバーに使われるクリスタルは人工で、それに暗黒卿が自らのジェダイへの恨みつらみ憎悪、暗黒面のどす黒い感情を込めた結果禍々しい血の如き真紅になる設定、気に入ってたんですよ、実に暗黒面してるなって(ドウイウヒョウゲンダ 
たとえルーカスがその設定嫌ってたとしてもね。

さすがに憤慨(そんでもキリのない矛盾に頭が悩まされますが)までは行きませんが、シスひいてはダークサイドは人から分捕らないとセーバーを使うことすらできないって、彼らの女子力っぽく表して〝悪玉力〟がガタ落ちじゃありませんかね💦
 

シン・ゴジラ予習集その④/ミレニアムシリーズから紐解く、ゴジラを創作(えがく)ことの難しさpart1part2

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ


今日はクリント・イーストウッド監督最新作&トム・ハンクス主演作『ハドソン川の奇跡』(原題:Sully)の公開初日。

どうにか土日中には見に行きたいよな、プログラムピクチャーばりのお手頃尺な90分映画だし(その分濃密そうですが)。



 

↑このページのトップヘ