2007年07月24日

ブログのお引越し

ここ最近のブログの勉強で、
少しずついろんな知識が
増えてきました。



練習のために始めた このブログ。

本格的に
おふくろ塾の仕事を始めたい…


そんな風に思い立ち、
気持ちをリセットするつもりで
ブログを引っ越すことに決めました。



まだ、スタート地点にやっとたどり着いたところです。
なんちゃっての部分が沢山あります。

どうやって私の秘めたる想いを伝えていったらよいか、
本当に難しい課題です。



だけど、だけど、


継続は力なり… 



気持ちだけは、たっぷり持っているので、
気長に少しずつ
私の想いを 形にしてゆけたらと思っています。





新しいブログへは、

こちらから

お入りいただけます。



これからも、遊びに来てくださいね (^^)/~~~ 

mom1113 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月23日

お料理ことはじめ ・ 酢豚 (具材の切り方)

いろいろな種類の野菜や肉を使って

一品の料理を作り上げるときのコツを紹介します。




それは 

大きさをそろえる  

ってこと。




そのメリットは…

・見た目にきれい
・火の通りが均一になる
・煮崩れしにくい

などです。



例えば 酢豚。


一般的な具材は、

 たまねぎ
 人参
 たけのこ
 しいたけ
 ピーマン
 パイナップル
 豚肉

を使うことが多いです。


野菜をざくざくっと大きめに切って、
さっと火を通して
甘酢を絡めるお料理。



炒め物や煮物などは
硬いものから鍋に入れるってことは、
一般的に知られていることですが

大きさをそろえる

って言うのは、
料理の本にも載っていないことが多いです。




料理レシピの表現としては、

人参をいちょう切り
たまねぎをくしぎり

のように
切り方が書いてあることが多いのですが、

大きさをそろえるイメージで切る

ってのを一言付け加えるのが、
適切な表現だと思います。




それでは、わたしのレシピをちょこっとご紹介。



独特だと思うポイントは4つあります。

 1.野菜を小さめに切る
 2.パイナップルは入れない
 3.肉は、挽肉を使うことが多い
 4.じゃがいもを入れる

です。



理由は以下のようなもの。

 1.子供が小さい頃、食べやすいように
   具材を1.5cm角くらいに小さく切ったら、
   見た目もかわいいし
   火の通りが早く、短時間で仕上がりました。
   
   お弁当など、小さい器に盛り付けるときに
   いろんな具材が均等に入って、便利です。

 2.父ちゃんが果物の入った料理が嫌いなので。
   わたしは、入ったほうが絶対おいしいと思いますが…

 3.我が家の冷凍庫には、ぱらぱらに崩してある
   冷凍挽肉が常備してあります。
   思いつきで献立を決めるので、たまたまある肉が
   挽肉ってことが多いだけです。
   でも、火の通りが早く、わりと便利です。
      余談ですが、前に一度、思いつきで作っていたら
      常備品の挽肉も無くって、仕方なく肉なしで
      仕上げたことがありました。
      父ちゃんが、
      「肉が入ってないんじゃ、これは、
       酢豚じゃなくって 酢って料理だね」
      ・・・そ、そうだね・・・(苦笑)
      それ以来、作ろうと思いついたときには
      必ず肉の在庫チェックをしてから
      調理に取り掛かるようにしています。

 4.表面がつるんとした野菜が多いので
   甘酢ダレがすべりやすいですが、
   じゃがいもには、すごくよく味が絡みます。
   すこし煮崩れたじゃがいもが、つなぎにもなって
   味がまろやかになり、落ち着く気がします。
 
などです。




切り方を変えるだけでも、
いつもの料理と見た目、舌触り、味がすこし変わりますよね。




あなたの酢豚は、どんな感じ?








  














お料理ことはじめ・いなり寿司

いなり寿司のこと、小さい頃から おいなりさんって呼んでます。


にぎり、ちらし、太巻き、手巻き


お寿司にはいろんな種類がありますが、

中でも、おいなりさんは、一番難しいです。



最近やっと、わりとおいしいのが作れるようになってきました。



おいなりさんに使う材料は、すごく少ないです。

  油揚げ
  だし汁
  みりん
  砂糖
  酒
  しょうゆ
  塩

  白飯
  粉末すし酢

これだけ。




わたし流のおいしく作るコツは以下のとおりです。

  〔揚げは、安価のうす揚げを使う。
    手揚げ風の肉厚で高価なものでは、
    うまく袋状に開くことができませんが、
    安価なうす揚げは、きれいに開きます。
  
  ¬I佞韻鷲當未亮冓よりだいぶ濃いめにし、
   油揚げがやわらかくなるまで
   コトコト気長に煮込む。(1時間弱くらい)
   お箸でつまむと切れてしまうので、注意する。
  
  シャリ用のご飯は、すこしやわらかめに炊いたものを
   使う。

  ぜ僂△った油揚げにシャリを詰めるとき、
   油揚げが含んでいる煮汁は軽く搾る。
     搾りすぎると味が薄くなってしまい、
     搾らないと、シャリがぐちゃくちゃに
     なってしまいます。

  イ瓩△
   油揚げとシャリの触感が、同じくらいの
   やわらかさになるようにイメージして仕上げる。






私にとって、おいなりさんは、おふくろの味です。

すごく難しいけど、絶対自分の味を作りたいと思う

料理です。




おいしく作れると、

お弁当や、おもてなし料理として

とっても重宝すると思います。





甘さや塩加減は、それぞれお好みがおありでしょうが、

作り方のコツは共用できると思います。


お試しになってはいかが?






2007年07月22日

今日はがんばった

今日は、(あ〜 もう日付が変わってる・・・)

ブログの勉強をがんばりました。




パソコンパーソナルトレーナーがいるので

心強いです。




だけど…

もう、ねむい…



だから 終了!!



mom1113 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!勉強 

2007年07月20日

ブログの勉強

最近、ブログの勉強を始めました。



もともと パソコン音痴なので、

ブログを始めたってだけで すごいことだったのですが、

一年経ってみて、もう少し 有意義なものにしたいと思いました。




どうやら、化学や数学のように 難しい話ではなく、

とにかくやり方を工夫して、コツコツ やってみればいいようです。




それなら、できそうだ!!!




知能指数などは、がんばっても急に上げられるものではないけど

工夫してやり続けることなら、なんとかなりそうです。



で、コツコツとマイペースで勉強しています。



ブログを毎日書こうと思って、
なるべく書き始めました。



コツコツと書き溜めて、かれこれ2ヶ月。


その間に、写真をアップすることも
できるようになりました。




ほほ〜

私だって、やればできるじゃない!



いろんなことにのめりこめず、無趣味で通してきた私。




コツコツと少しを長く ♪



ってのが、私に合っているようです。




mom1113 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!働く女 

お料理ことはじめ すり鉢

お嫁に行くときに買おうって決めてたもののひとつに

すり鉢がありました。


誰かに押さえてもらわなくても動くことなく、
きれいに ごまがすれるくらい
大きくて重たいやつ。



昔は、お嫁に行くとき、生涯使い続けるために
大きなすりこぎを持って行ったそうです。

すりこぎってのは、ごまなどを ゴリゴリ するための棒のこと。



大きなすりこぎにちょっとあこがれていて、
探してみたのですが、
見つかりませんでした。



で、仕方なく、考えてたのより一回り小さいすり鉢と
考えてたのよりだいぶちっちゃな すりこぎを買いました。


コーヒー豆を挽くのも大好きだけど
ごまをするのも同じくらい大好きなので、
ゴリゴリ ゴリゴリ すってます。


だけど、やっぱり使いにくくてね。


立派なのでなくてもいいから、
もうすこし大きいすりこぎが欲しいです。



すりこぎを使うには、コツがあります。

これは、物理学かな…

支点を決めないと、なかなかすれない・・・



そのうち、すりこぎが使える人もいなくなるんじゃないか…

こんなに楽しいのに…


と、懸念しています。




今日、

ごまをゴリゴリすって、赤味噌を入れた

ゴマダレがおいしいと

褒めてもらいました。




作るのも楽しくて、おいしく食べてもらえたら

ほんとにほんとに嬉しいですね ♪




私自身、お料理のレパートリーは少ないです。

でも、自分が作ってて楽しくて

おいしいと喜んでもらえるものが

ちょっとあったら、それでいい気がします。




楽しく作って、おいしく食べる・・・

それが、手作り料理のねっこじゃないかな?

mom1113 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!料理 

2007年07月18日

新生姜で作る ガリ

毎年 新生姜を買います。

普通の根生姜よりやわらかいので、
切ったりすったりしやすいから。



今年も買いました。


ところが…
カタログを見て購入したので
思ったよりだいぶ 量が多くて…


こまったな・・・


で、新生姜の袋に付いていた
「酢漬け」の作り方を参考に、
「ガリ」を作ってみました。



2日後…

何の変哲もない、肌色だった生姜が、
淡いピンクに色づいています。



え〜っ びっくり!!

「ガリ」のピンクは、新生姜の色だったんですね〜。




新生姜は、みじん切りにしても、すりおろしても肌色です。

それなのに、酢に漬けると ピンクになる…




こんな、自然の神秘的な力を感じられるのが、手作りの醍醐味。


だけど、本当に便利な世の中。


時間やこころに余裕が無いと
なかなか手間をかけにくいもの。


ちょっとの手間を、
面倒くさいと思わないような工夫が
お伝えできたらいいなと思います。






2007年07月17日

お料理ことはじめ ・ 卵

お料理が作りたくても、
料理の本に載っている言葉の意味が分からなくて
結局、作りたいものが作れない…

そんな経験をお持ちの方が増えているのだとか。



そうですか、それは困りますね〜。



「おふくろ塾」では、
そんな方のサポートもしてゆけたらいいなぁ

と思っています。




さて、このブログで、少しずつお料理のことについて
お知らせしようと思い、考えました。


簡単で、栄養たっぷりで、応用の利く食材は???



いろいろあるのですが、

やっぱり、「たまご」かな?


で、今日は「たまご」についてです。


うんちくを書き出したら、すごく長くなってしまったので
ここでは割愛しました。

お料理だけご紹介します。



<たまごレシピ 基本系>
        
           ※レシピ…料理の材料や作り方が書いてあるもの。

,罎任燭泙粥帖器具と材料
         鍋、水、塩、たまご(作りたい数)、ボール
           ※ボール…材料を混ぜ合わせたりするときに使う容器

       ★作り方
         ア)鍋に たまご、塩ひとつまみ、を入れ
           水をひたひたになるまで入れて強火にかける。
 
           ※ひとつまみ…親指と人差し指のはらでつまんだ量。
           ※ひたひた……たまごの高さすれすれくらいの量。
          
         イ)お湯がぐらぐらと煮え立ったら、弱火にして
           12分茹でる。
           ※12分未満では 黄身が半熟になる。

         ウ)火を止めて 水をたっぷり入れたボールに
           たまごを移し替える。
           ※すぐに冷却すると、薄皮をはがしやすくなる。

         オ)水がぬるくなってしまったら取り替える、
           もしくは、水を出しっぱなし(流水)にして
           たまごを冷ます。


∂屬蠅燭泙・・・★器具と材料
         テフロン加工フライパン、油、ボール、菜箸、
         たまご 1コ、塩
           ※テフロン加工…焦げ付かない加工
           ※菜箸…さいばし
             材料を混ぜ合わせたりするときに使う
             ながくて大きい箸

        ★作り方
         ア)たまごをボールに割りほぐす。
           ※割りほぐす・・・たまごを割って、黄身と白身が
            分離しないように、菜箸でよく混ぜ合わせること。

         イ)塩をひとつまみ入れてさらによく混ぜる。
           ※ここは、塩の代わりに、砂糖小さじ1/2くらい
            加えても良い。

         ウ)フライパンを中火にかけて、油を引く。
           ※油を引く…ちょっとだけたらして、フライパンの
            焼き面全体に薄くのばすこと。ペーパータオルを
            小さく切って、菜箸を使って塗り広げるとやり易い。

         エ)イ)のたまごをフライパンに流し入れる。
  
         オ)周囲が固まりかけてきたら、菜箸で全体を
          ぐるぐるかき回す。
           ※このとき、菜箸を3客くらいまとめて持ち、
           ぐるぐるかき回すと、細かいそぼろ状の炒りたまごになる。

         カ)全体が小さい塊になるまでよく火を通す。

 


ゆでたまごと炒りたまごができれば、大丈夫。
あとはいろんなことに応用ができます。
 

加熱したたまごの特徴は、

食感がまろやかなこと。
水分を少し吸うことができること。
いろんな調味料と相性が良いこと。


ただし、生臭モノには合いません。



思いつく料理に加えてください。
たいていおいしく召し上がれると思います。



例えば、
ゆでたまごは、サラダ、ピザトースト、サンドイッチなどに。

そのまま食べてもいいしね。

炒りたまごは、そぼろ、チャーハン、野菜炒めなどに。

 


一人暮らしの方にはとても重宝な食べ物ですよね。






応用編として…

炒りたまごを作る途中で、ぐるぐるかき回さなければ
そのまま卵焼きになります。


さらに、小さめに切ってレンジで加熱した野菜を
割りほぐしたたまごに加えて焼けば、
栄養満点の炒りたまごになります。



入れるもの、味付け、
いろいろ試してみてはいかがですか?

 


特別のお料理じゃなくて、ほんとは

こんなちょっとした、自分だけの料理が

大事なんですよね。

自信につながりますから…





あとは、上級編として、

できると嬉しい だし巻き(厚焼き)たまご と 薄焼きたまご。



作り方は、また後日。

お楽しみに〜♪

         
         
         


                

 










mom1113 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!料理 

2007年07月16日

桔梗

花の形って ものすごく興味深いです。

びっくりするような形のものがあるもので。



桔梗の花を間近で見たとき、すごく驚きました。
だってね、この花、花びらが全部くっついているんです。

桔梗まるで、紫色のおりがみを
星型に切ったみたいでしょ?


好き、嫌いって言いながら、
花びらをちぎっていく恋占いは
できないってことです。



でね、花が咲くときが ものすごくかわいいの♪


つぼみが ぷぅ〜っとふくらんで、

そのうち先っちょに切れ込みが入っていって、

あるとき ポンッって 咲く感じです。

桔梗つぼみ

ね、かわいいでしょ?


大大好きな かわいこちゃんです ♡

mom1113 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自然 

2007年07月14日

今日も一日が終わります

これといって、たいしたことはないのですが、
毎日あれこれとやることがあります。
暇なことってほとんどありません。

やってることはルーチンワークだけど、
内容は毎回違っていて、
気が付くと、一日が終わっています。



今日は一日雨でしたね。



小さい頃から、雨音が好き・・・

特に、トタン屋根にあたる うるさいくらいの
ザーっという雨音が好きです。



今日は、久しぶりの心地よい強さの雨音です。



一人でのんびりと 窓辺で ぼんやりしながら
ブログを書いています。


雨に濡れる心配も要らず、
平穏で居られる今を
神様に感謝 です。


あ、わたしのいう「神」とは、
森羅万象の八百万の神と
わたしのご先祖様たちの
総称です。


小さい頃から、毎朝 仏壇に手を合わせ、
いろんなことを仏様にお願いしていました。



なんの保証もありませんが、
わたしはいつも仏様に守られているような気がしています。


そして、わたしの大事な人たちへも
このお祈りパワーが及ぶことを
なんとなく 信じているのです。


今までも、これからも。