January 17, 2004

最後武士 LASY SAMURAI

last samurai話題の映画、「ラスト・サムライ」を観てきました。もう完全に打ちのめられましたね、この映画には。細々したことをあげたらきりがない位、日本人や日本を描いていて、どうしてこんなに日本の事を知っているか、ビックリしました、まず。ただそのレベルに留まらず、より深い部分で日本人だけではなく、人間として共通して感じる部分を掘り起こしているところが、この映画の凄さでした。かつての日本にはこのような美徳があったのですね。復古主義ではないけれど、出来ればこの美徳をいつまでも大切にしたい、そうつくづく感じました。武士道とか侍の心なんてのを学ぶ事も知ろうともしなかったぼくですが、やはり脈々とサムライの血が流れているんですかね、日本人として。香港で観たので、客の反応には(特にハラキリのシーンや土下座するとこなど)若干戸惑いを覚えましたが、むしろその反応を知った事も面白かったです。切腹したあと介錯するなど、その意味が分からない人には残虐なものとしか感じられないでしょうから。この映画、是非是非みなさん御覧下さい。自分が骨の髄から日本人であることを認識させられましたし、驕れる事無く日本人である事が少し誇らしげにも感じる映画でした。最後に渡辺謙、カッコよすぎます、素晴らしすぎます。

momantai at 23:41│ よもやま話 

この記事へのトラックバック

1. 「最後武士」と「末代武士」と「ラスト・サムライ」  [ 野武士旅団(4.01夏川Move) ]   January 30, 2004 18:24
★数日前に予告先発して、それっきりになっていた「ラストサムライ」が、満を持しての登板です。 ★国によって映画のタイトルが多少異なることがありますが、サイトの雰囲気は、 どこも似たような感じでした。 ワーナーのマネジメントが、しっかりしているということでしょ