漫画「くーねるまるた」の再現レシピです。久しぶり!(笑) 今回は、1巻から鱈(たら)のホイル焼きに挑戦。これは良いレシピでした!

くーねるまるたのホイル焼き

ホイル焼きは、魚と野菜などをアルミホイルに包んで焼くだけで美味しく仕上がってしまうという、素晴らしい料理です。

フライパンや皿の汚れもほとんどないので、後片付けも簡単。料理初心者にもお勧めです!


くーねるまるた再現レシピ:ホイル焼き

ホイル焼きは、第1巻の月見BBQのときに登場した料理です。厳密には、主人公のマルタさんではなく、美紀ちゃんなる友人の料理なんですけど。

作り方は、ほとんど漫画に掲載されていたので、再現は簡単でした。原作ではBBQなので、網焼き。「トースターで可」ともあるのですが、今回は、作りやすいようにフライパンで焼きました。以下、多少のアドリブを交えた再現レシピです。

  1. 鱈(たら)に塩をふり5分おく。出てきた水けをペーパーでふき取る
  2. えのき、しめじの石づきを落とす。シメジは大きければ割く。にんにくをスライスする
  3. アルミホイルを適当な長さで切る。バターを少しの上に鱈をおき、塩コショウする。えのき、しめじ、にんにくを乗せる
  4. 酒少々、バターを乗せて焼く。中火で3分、ふたをして弱火で3分が目安。ホイルを開けて、醤油とレモン汁をかけて完成!

分量は1人分(1包み分)で、鱈は1切れ、えのきとしめじは乗るだけ(笑)、にんにくは1/2かけ、酒は少々、バターは大さじ1/2くらいです。塩・胡椒、レモン汁はお好みの量で。

以下、補足です。

原作では、レモン汁ではなくて、スライスしたレモンをホイルの中に入れて一緒に焼いています。レモンを持て余してしまうので、レモン汁にしましたが、原作に忠実に作るなら、スライスレモンでどうぞ。

魚の上に野菜を乗せる

バターは、魚がくっつかないように、下にも少しひいておきます。他の食材は、漫画では添えていますが、魚に乗せちゃって良いと思います。

せっかくフライパンを使うので、蒸し焼きの工程を入れました。火を通すだけなら、フタをせずに焼き続けても通ると思います。

鱈と野菜をアルミホイルで包む

アルミホイルで包むときに、端っこをつまめるようにしておくと皿に移すのが楽です。とは言え、火傷には気をつけます。ホイルを開ける前から、にんにくとバターの素敵な香りがしてきます!

魚の身は柔らかく、野菜も美味しいです! 鱈は淡白な味なので、濃いめの味付けが好きな方は、塩コショウを多めにふると良いと思います。あと、醤油も。あっさりが好きな方は、控えめにしておけば、丁度良いはずです!

以上、くーねるまるたの「鱈のホイル焼き」でした。お手軽で美味しいです!

お試しください!