エディション・ワークス 〜絵の具を持って旅にでよう!〜

制作した版画や絵画、写真等…日々思った事なんかをエディションワーク(限定部数)な気分で綴ってみました。

無題

a869950e.jpg
c10cacb6.jpg
陶芸家イフも益子の「もえぎ」で10/25から作品を扱ってもらう事が出来た。イフは以前から「扱って貰うなら「もえぎ」か「ジープラ(G+OO)」がいい」と言い続けて来て今回その一番の心願が成就された。

春の陶器市の時に、もえぎさんの担当者の方が見に来られて、その後オファーを受け10/25を迎える事が出来た。

それには応援してくれた人の力もある事は当然だが作家としてブレの無い精神で自分に合った感覚を選び、磨いて来たからだと思う。

イフが器を作りはじめたきっかけは

「こんな器で飲んだり食べたりがしたい」

と言ったシンプルな思いからだ。また「こんな器」をあまり見かけないなら“自分で作ろう“が具体的に陶芸を始めた理由なのだ。


それがやがて

「もしも、こんな器で…」と不可能でも「もしも叶うなら」の強い希望形へと変化した事からコンセプト・イフが誕生した。

イフは美術系の教育も受けてなければ専門学校にも通った事がない。

しかしイフの日常生活の中で選ぶもの、組み合わせる物、そしてイフの視点の置き所等を見た時に…私は確信した、イフには「芸術的センスがある」と。


センスとは何か?例えるならば


音を聴いた時に形や色をイメージとして変換出来たり

同じく…香りも、味覚も万物全てに於て別の媒体で表現出来るイメージ力だと思う。

詩を読んだら、それを音に…

香りを嗅いだらそれをオブジェに…

色を見たら、それを曲に…

と言った具合に、それぞれの特徴に合ったイメージに変換できる事を「センスがある」と言うのだと思う。

イフにはそのセンスがあり、作品発表に当たっては「たぐい稀な自分を信じる先天的な勇気と度胸」がある。専門的教育を受けずとも、またそのような環境にいなくても、「それが出来る」ところに私は着目した…「こいつは伸びる」と。


イフに未知の音を聴かせ、絵画を見せ、文章を読ませ、香りを嗅がせ…感想を訊くと具体的なイメージを“言葉に出来る“天性“を持っている。

て事は技術を身にまとえばイメージを具現化出来るだけの力を持っていると言う事になる。


下記に記す事はけしてお世辞ではなく客観的視野に立っての私の考えだ。

もしもイフが絵画を描くテクニックを持っていたなら私より叙情的な作品を生み出す事は間違いない。イフには絵を描くテクニックが無いだけで修得したならば幾つかの傑作を作れると確信している。

生み出すには発想、発想を操り具現化するには“技“は必要不可欠だ。だから私はその流れを説明した上で“技は心を支える“とイフにいい続けて来た。

センスある人が技を持っていれば具現化出来る。自ら具現化した物から新たなイメージが生まれ再度、技によって具現化出来る。このように幾つか具現化を繰り返し経験する事で作品の良し悪しを判断出来る鋭い目をもつ事が出来る。そう言う目を持てば自信がつく。つまりは自らの心を支えるのだ。

人に慰めてもらわなくてもスランプに陥った時は自分の心で打開できるのだ。

やがては、その方法論を教育や後進の指導に役に立つのだ。

9月に私は個展を開いた。まず私の作品の自慢話しをしていると誤解されたくないので簡単に説明したい。

版画は部数を多く刷れる。従って1点モノの絵画より版画は安いのだ。例えば…葉書サイズなら額に入れないシート価格でオリジナルサインとエディションナンバー(限定番号)を入れて¥3000〜¥5000程度だ。

さて本題に入る。イフの物を“見抜く目“について。…34点の版画作品を一挙イフに見せて、

1、自分の好みの物

2、売れると思う物

3、客が長くその作品の前で足を止める物


以上3点の質問とまた、そう思う理由を述べて貰った。創作上、作品と寝食を共にしている私の感性は1点1点の創作始めには役に立つが長く見続けるとその機能が鈍るためにイフの意見を訊いてみた。

結果、かなりの確立で的中した。
しかも彼女好みの作品を中心に。部数があるぶん、彼女好みの作品を中心に売れ筋が数点に集中した。

そんなわけでイフのセンスを私は高く評価している。彼女の美術品を観る目は余計な不純物を取り除いた原石のようなものだ。

・これを持っていれば自慢になる。話しのネタになる。

・みんなが買うから私も買った。

と言った余計な考えを浄化、削ぎ落とされたピュアな心目線での所謂、「パッと観判断」が出来る所を私は信用し高く評価している。

イフのブログを読むと彼女のスタート、再スタートは既に数年前の事らしい。

そこが素敵だ。あくまでも原点を忘れず「今」を評価してくれた“もえぎ“さんに感謝する意味で「今まで通り」と言える所がイフらしく、また確固たる心意を伺い知る事が出来た。



多彩は純粋を薄め


過剰は原点をぼかし


雄弁は核心を打ち消すから


今のままの自分と自問自答して欲しい


以上。私からの祝いの言葉だ。感動を演出するのはどうも好きになれん。


私の考えとして…

今までは創作して来たわけだが、これからは仕事になるのだから作る姿勢は基より体調管理をしっかりしてプロ意識を口には出さず内に秘めて頑張って行って欲しい。「骨を埋めるまで」…日本には「覚悟」を意味する良い言葉があるではないか!

良きライバル…陶芸家イフへ。


そして、ある目的の為にこのブログを立ち上げたわけだが

イフが一つの目標に到達した事もあり

またココロの強さに勝負有り

そう判断したと同時にこの手のブログの役目も済んだので今日で終わりにする。













〜鉛筆と消しゴムのバラッド〜

アイテム2008

もしもこんなゲームソフトがあったら…


「贋作アレンジメント」

単なるコピーではなくコピーをアレンジして言い訳上手になる為のシュミレーションゲーム…中国より発売!


「贋作アレンジメント」とは…

ある作品からヒントを得、それをパクリ、パクリと気付かれよう様々なアイテムで装飾して時間内にコテコテにする新感覚バーチャルリアリティゲーム。

“ルール“


コテコテ装飾中は


・アイテム自画自賛、

・アイテム自虐ネタ、

・アイテム苦労ネタ、

・アイテム人脈自慢、

・アイテムただ自慢、

・アイテム知ったかぶり

・アイテム創作感動ネタ

・アイテム大袈裟表現

・アイテムお涙ちょ〜だい、


以上9つのアイテムの中から、最大4つまでのアイテム使用が認められ、それ等を駆使して時間内にパクリ物をバッタ物へと変えなければならない。

途中「パクっちゃだめよ〜」のエマージェンシーアラームが鳴ったら2回まではオーディエンスに電話やメールで「見苦しい言い訳袋」を貰い、投入しゲーム再開。

しかしエマージェンシーアラームが3回鳴った時点でゲーム終了!

ゲーム終了後、エマージェンシーアラームが鳴り続けたら。更に50/50から選択した「見苦しい言い訳、社会経験不足なの〜」を投入にアラームに「ダメダコシャ〜!こいつ…ビョ〜キ?」と呆れさせられれば勝利。


こんなゲーム、根が暗〜いマニア受けしそう。

技は心を支える

15d1b883.jpg前記事に書いた「技法をないがしろにする考えを持つ愚かな」自分に対する考えとして記しておきたい。


ある技法について…「今は、その技法で制作する人の数は少ない」みたいな事が書籍に書いてあったらそれを認識するならまだしも、ミーハーのように真に受けるのか?極端な言い方をすれば「少ない」は悪い事なのか?

また「少数派の技法」のマイナス点をずらっと挙げて面白いのだろうか?挙げ句「だから今はやってる人が少ない」等と言う事に結びを付ける事自体「今どき、その技法をやってる人」を上から目線で捉えているように見える。


自分はその技法をやって来たからこそ今を知る事が出来たのではないか?それ以上に表現上必要だから「その技法で制作している人」に失礼だと思わないのだろうか?

「人格者はこう言うと思う」…絵画の世界でテンペラ画、フレスコ画と言う正に今はやってる人が少ない古典的な技法がある。しかしながら現代ではその古典技法を取り入れて更には改良された絵の具や顔料といった物を用いたミクスドメディアと言う技法がある。つまりは古典があってこそ新たな技法が生まれのだ。それは古典のマイナスを巧く生かし現代のアートとして地位を確立している。


そして「人格者はこう言うと思う」…人には技法でも何でも選択の自由がある。しかし選択するにあたって自分の中で優劣つけるならまだしも「マイナス点を私は知っている」とばかりに公言するのは人格者からすれば「物を創る資格が無い馬鹿者」と言わざるおえない。

きっとその人は己を支えくれた過去の「技」、ステップになってくれた「技」に誇りを持てないから真の自信は持てないだろう。真の自信とは他人の評価ではなく自らが掲げた目標に到達する事に他なはない。だから安易に他人の意見に左右され、時代や民衆が既に評価したものをパクっては…パクった事がばれないようにアレコレ不要な物つけたり、とって付けたような言い訳をしたがるのだと思う。

「人格者はこう言うと思う」…“技は心を支える“。その支えてくれた技のマイナス点を口にしたり、書籍の言う事に左右されるような人は子育てにおいても“子供のマイナス点を口にし““教育においても書物に書かれたマニュアル(方法論)“しか信じる事が出来ないのだろう。
生きる事に秩序やルールがあっても確固たるマニュアルがない事は生きて来た年月によって容易に理解出来る。曖昧無垢なマニュアルを押し付けられた子供はやがて確固たるマニュアルのない世界に飛び出して行くのだからたまったものではない。現代の引きこもりはまさにその代償だ。


結論から言えば“愛だ““感動だ“と綺麗言を言って偽善者ぶるより“愛だ感動だ“を実践する“勇気“を実行した者が善者なのだ。

同じく人の評価を羨み、人の歩んで来た道を真似るより失敗覚悟・試行錯誤で“勇気“を持って自分の好きな道を極める方が賢明と言えるだろう…がしかしマニュアル(本に書いてある事だけ)や過去の自分や支えてくれた技を否定する人間には勇気を持つ事は絶対に不可能だろう。


人に評価されたいなら…こびるより勇気を実践する事だ。勇気を実践すれば痛い思いもするが経験を積める。経験は真実であり真実から生まれた言葉は綺麗事ではなく“意思“として伝わるものだ。その“意思“を様々な媒体を借りて伝えたり表現する事が芸術だ。

支えてくれた技のマイナスを得意げに口にする人は創作も人に教える事も、まさてや教育なんてする資格が無いと思うのではなく“無い“。

最後に“自分の目標を掲げ、とりあえずの到達“をなし得た人の作品を近くで見て来た自分が幸せだ。

目標到達にはコネも無ければこびる事も無かった。ただ“これが好きだから創る“の

好きから生まれた情熱と情熱から学んだ忍耐がそういう結果を生んだのだと思う。


更に大切な事はそれを通過点と捉え今まで通りプロである以上・自分で考え、自分で決断し、自分で実行し、出た結果に自分で責任を持つ・事だと思う。

心がブレている人は他人の評価を気にするあまり言葉や文章が大袈裟だ。mixiをしょっちゅう開いている(笑)。いつ見ても5分以内、10分以内だったり…。ってしつこいようですが私の事です。

自分の作るシルクスクリーンの「モミジ」の作品が気になって気になって気になって気になって仕方ないです。ほら大袈裟な表現…私でしょ!

直さなくっちゃ!いい歳ぶっこいて。

師匠の技法



感情のセーブの利かない愚かな弟子の話し…

師匠が過去にさんざんやって来て、それで生活の糧を得ていた技法がある。


それを知ってか知らずか、こき下ろしている弟子がいる。


アリエ〜ンッ!てか馬鹿です。爆笑もんですわ〜!

正に、も〜嘆かない、だ!

私の師匠曰く、「好きで始めた時は損得かんがえず…だから今がある」と。


心意、知れずバカな弟子ですなぁ〜!
って私の事です。だから、も〜嘆かな〜い!チャンチャンッ!

おもろい夫婦

以前友人と二人、友人の知り合いの、あるご夫婦のお宅にお邪魔した時の事。

挨拶を交わし終え、ぎこちない会話も軌道に乗り始めて頃、奥さんがトイレに立った。

そんな時は大体、初対面の場合、旦那に向かってこちらとしては「奥様は綺麗な方ですね〜」とか

「おっとりしてますね〜」とかのお褒めの言葉を述べたりするものである。…事実、その訪問先の奥様、外見は「おっとり」しているように見えるのだ。なので友人が

「○×さん、いつも思うんですが、おっとりしてますね〜」と奥さんを褒めたら旦那が…

「いえいえ、あー見えて短気なんですよぉ」と、とても謙遜には聞こえないくらいの重〜いオーラを発しながらの一言をドサリ。重ッ!


直後!こちらがフォローする間もなく「短気な奥様」が戻って来られた。

一瞬、不穏な空気が、あたりを包み込む!

シィ〜〜ン…

「レインボーブリッジふーさできませ〜んッ!」


緊縛の一瞬…イヤ、緊迫の一瞬である〜。

密かにカ・イ・カ〜ン

次の瞬間、旦那の変わりようが凄かったっ!

マラドーナのゴッドハンドのような強引且つ素早い…まさに場内の衣替えとはこの事かぁ!

「キタァーーッ!地球に生まれ良かったーッ!アートが好きダ〜」

「??さんの話しは▼▼さんから聞いてますよ。絵をかいてるんですか?」と不適な笑みを浮かべて私にふって来た。

…(わかってるよな!どーすればいいのか!)と言わんばかりの同調と焦りの入り混じった哀しみと怯えに満ちた可愛い目…。

(私その目に、一瞬クラリと来る)


私:(明らかに、この旦那、奥さんにビビってる〜〜…男として助けなくっちゃ!)


私メ、こう言うシチュエーションに弱いんです。って何が?

同情?うわぁ〜!その逆ですがな。

…爆笑したくなっちゃいました〜!てか、「短気だ」て事、旦那が面と向かって奥さんに言ったらどーなるん?
面白いかも…

なぁーんて良からぬ想像が頭を巡る〜。

(笑いた〜い!アニマル浜口のよ〜に!笑いた〜い!気合いだ気合いだ……オイッ!)


で…私メ!どうしたか!


「アハハハ〜、いやいや私の絵なんて…ワハハハ〜つまらない絵ですよ〜」

「いー絵、描いてますね〜!いーえ!なんちゃって〜」

って謙遜するには不自然なくらいの爆笑を交えながら「謙遜」して見せた。てかそーせざるおえない雰囲気だった。

バカを演じ切っての捨て身のディフェンス!

世のため、人のため、旦那のため〜!

サッカー日本代表、中澤にも出来ないアグレッシブなディフェンス!

「大丈夫なん?」


「大丈夫じゃ、ねーよ。心、骨折しちょるきに…プライドがイタァ〜イッ!てかイテェーヨッ!」

そんなスリリングなやり取りの中

その後も奥さんが用事で席を立つ度に旦那は「しょっちゅうパソコン開いてるんですよぉ」とか軽いジャブ的不満を隙あらば私達にこぼすのである。


で、奥さんが戻って来ては当の奥さん…「主人は…主人とは…」なぁーんて、時には旦那を「○○君は」なんて呼んだりしながら、さりげなくも、わざとらしく夫婦仲の良さをアピールするのだがメチャメチャ芝居がかってたりする。


こう言った所で世間体を気にしてたり、肩書きが大好きな上にコンプレックスに怯えてる心理が浮き彫りになったりと。更には…聞かれもしないのに「主人のお陰なんですの〜」的な事言われてもねぇ〜。反って大ウソにしか聞こえないものである。

話しも佳境に入って来ると「短気な奥さん」、満面の笑みを浮かべながら知り合いのイケメンな旦那を「カッコイイ」の連チャン、ブッチギリの褒めチギリ〜。しかも自分の旦那の前で…アリエ〜ンッ!

てか旦那がカワウソ…いやカワイソッ!


後から友人から聞いた話しでは、その奥さん、その話題のイケメンな知り合いの旦那と2ショットで写真を撮ったとか。

芸能人なん?いや、一般人らしい。

それも自分の旦那のいる前で…。居合わせた友人が、小さな親切大きな命とりを覚悟にイケメンさん、短気な奥さんと旦那の3人で一緒にと思い

「シャッター押しますから3人で、どう?」と促したら奥さん、

「大丈夫です。ほら!○○君、撮ってッ!」と友人の申し出を断り強引2ショットを強行したらしい。

「うわぁ、旦那と写りたくないんじゃんッ!」


まっ!人生色々、夫婦それぞれ…アバンギャルドな美しき愛の形が眩し過ぎる出来事だったらしい。


これが流行りの、「仮面夫婦?」


「俺達、仮面夫婦をオンタイム、いやライブで見てんじゃ〜ん!凄くナァ〜イ?」な感覚である。


そして帰りの車の中で友人が一言、

「旦那、そーとーストレスたまってそ〜。そう言えば以前、‘○○君結婚してから老けた‘って奥さん自身がポロっと言ってた」…。


エェーーッ!


じゃ奥さん、わかってんじゃん。自分と結婚したら旦那が老けたの。何ィ?やっちまったなぁ〜!もしかして奥さんSなん?

いや、Mだと思う

…服のサイズ〜。


ウマイ!山田く〜ん、シュリさんに座布団一枚〜!


そう私達は「悲劇」を「喜劇」ととらえ、お二人の今後にエールを贈る事にしたのである。
チャンチャンッ!
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ