星槎もみじ中News Letter

平成26年4月開校! 星槎もみじ中学校の活動をいち早くお届けします!

平家物語

こんにちは!

もみじ中学校では、国語・数学・英語は習熟度でクラス分けを行っており、
今日は、2年生の国語「藍子クラス」の様子をお伝えします。
IMG_2785
平家物語の暗唱の発表を行いました!
みんな頑張れ

緊張しながら発表する生徒、気持ちが入りすぎて、演技のようなものまで始まる生徒等…
一生懸命発表してくれました

発表が終わると、漢文の復習です
みんなできるかなぁ~??
IMG_2801
おぉみんなしっかり覚えていてくれたようです
さすが

次回の国語では何を学ぶのか楽しみですね

プロから教わるバスケットボール教室を開催します!

こんにちは!

7月15日(土)に星槎もみじ中学校では、「カバンに入りきらないセイサの授業」を実施します。
「カバンに入りきらないセイサの授業」では「その道のプロからホンモノを学ぶ」をテーマに、これまで世界で活躍するダブルダッチのインストラクターによるダブルダッチ教室や元リゾートホテルのシェフをお招きして道産食材を使ったスイーツ作り教室など、様々な「ホンモノ」に触れることができる特別授業を行ってきました。

IMG_9134IMG_8141

・ダブルダッチ教室の様子はこちらからご覧いただけます。
・スイーツ作り教室の様子はこちらからご覧いただけます。

今回は、「プロに教わろう!バスケットボール教室」と題し、ABA(米プロバスケットボール独立リーグ)に所属し、Chicago Steamでの選手経験を持つ 松田鋼季 様 を講師としてお招きして、バスケットボールの本場アメリカで培った経験や技術を参加児童たちに伝授します!
下の画像をクリックすると詳細が表示されます。
無題

この機会に是非、本場アメリカを知るプロバスケットボール選手からバスケットボールの楽しさを学びませんか? たくさんのご応募、お待ちしてます!

オープンスクールがありました!

こんにちは!
7月になりました。
これからさらに暑い日が続いていきますね。

さて、7月1日(土)はオープンスクールがありました。
今回のオープンスクールは「アイヌ文化から北海道の地名を学ぼう」と題して、体験授業を行いました。まずは参加児童たちの緊張をほぐすために、北海道の難読地名クイズに挑戦。北海道の地名はアイヌ語の名残があるため、漢字を見ただけではなかなか読めない地名が多いですね。

緊張がほぐれてきたところで、いよいよ本題へ。今年2月に開催された「2017冬季アジア札幌大会」の聖火リレー前に行われたアイヌ伝統の採火式の様子を見ながらアイヌ文化について学びました。
P1120889P1120904

さらに、北海道の市町村の数や地名の特徴について学び、北海道の市町村名で特に多い「別」「内」のナゾに迫るべく、グループに分かれて北海道地図に「別」「内」の市町村の所に色を塗って共通点を探していきました。 色を塗っていく中で「ここに行ったことある!」や「こうやって地図を折りたためば色を塗る場所を探しやすくできるよ!」など様々な工夫や発見、驚きを体験することができました。
IMG_2228BlogPaint

色を塗り終わった後、別に用意した地図と重ね合わせて答え合わせ。「別」「内」が付く市町村名には川が流れていることから、実は「別」「内」はアイヌ語で「川」という意味があることを知ることができました。 

さらに、アイヌの人たちの生活の様子を紐解きながら、なぜ多くの市町村名に「川」が付くのかを学び、最後に問題となっている密漁や不法投棄について触れ、アイヌの人たちが大切にしてきた川をどう守っていくかを考えてもらいました。

北海道の歴史や文化に密接な関係があるアイヌ文化。今回の体験授業をとおして今まで以上にアイヌ文化や北海道の地名について興味、関心を持ってくれたかと思います。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

アクセスカウンター