”もみの木”の木の下で・・・

社会医療法人 関愛会 リハビリテーションセンターもみの木(通所リハビリ)のブログ! 大分県は、大分市と豊後大野市から、在宅でのリハビリテーションの現状や、もみの木での日々の活動や成果をお伝えしていきます。

2020年01月

 社会医療法人関愛会 リハビリテーションセンターもみの木×訪問リハビリテーションは、質の高い在宅リハビリテーションをその地域の方々に提供し、”あきらめない心”をモットーにご利用者様と関わっていきます。
 パワーリハビリテーションやレッドコード、セラピストによる個別指導、写真や動画を使用した3カ月おきの測定など、ご利用者様にもわかりやすいリハビリテーションの提供を行っていきます。

「笑顔」・「感謝」・「愛(まごころ)」がモットーです。

そんな「”もみの木”の木の下で・・・」行われている活動や成果をお伝えすることで、ご家族様との会話やケアマネージャーの方々との情報の共有、そして「あきらめなければ変われる」ということを知って頂ければと思います。

★関愛会 坂ノ市神崎エリア リハビリテーション部★
<坂ノ市病院>
●坂ノ市リハビリテーションセンターもみの木 
●坂ノ市病院訪問リハビリテーション事業所 
●坂ノ市病院リハビリテーション課 
●坂ノ市メディカルフィットネスジムABIES 
<こうざきクリニック>
●こうざきデイケア・リハビリテーションセンターもみの木 
●こうざきクリニック訪問リハビリテーション事業所
<清川診療所>※エリアは別
●きよかわリハビリテーションセンターもみの木

2020新春ジャンボ宝くじ

【2020新春ジャンボ宝くじ】

 今年も坂ノ市もみの木恒例の「新春ジャンボ宝くじ」の時期がやってまいりました。年末に施設内通貨『モーミー』で購入していただき、年明けに「活き生き教室」でクイズに正解されたご利用者様に当選番号を引いて頂きました。

 今年は10枚購入されたご利用者様が多く、抽選結果で2本当選されたご利用者様が3名いらっしゃいました。当選結果が出そろうまで1週間かかったため、当たっているのに『モーミー』をまだもらってない、と結果を待ちわびるご利用者様もいらっしゃいました。
PhotoGrid_1579939969162

 当選されたご利用者様に『モーミー』をお渡しすると笑顔が見られ、「今年の幸運が来た」と喜ばれていました♪
Point Blur_20200125_171804
 1等に当選されたご利用者様にはこれからご希望を伺い、副賞の特別外出プログラムを計画していきたいと思います。

Report by Yoshida



リハビリランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)


大分市ランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)

活き生きチャレンジ(2019年12月)②@こうざきもみの木

【活き生きチャレンジ(2019年12月)②@こうざきもみの木】

 
『もみの木のホール内移動を杖で行なえる(歩行車を持って来ない)』

 K様は、平成30年3月にもこの目標を挙げ、見事に達成されていました。
 その時の身体機能や状況等の詳細については、平成30年4月のブログを参照して下さい。↓

 しかし、平成30年7月にご自宅で転倒され、下肢を骨折されました。その後は、病院を退院後に老人保健施設を経て、ご自宅に退所され、平成30年11月より、もみの木のご利用が再開となりました。

 ご利用再開当初は、下肢の支持性と耐久性が低下している為、送迎時より車椅子を使用している状態で、ホール内の移動も車椅子を使用していました。
PhotoGrid_1579933454107
その為、まずは歩行車歩行の自立を目指しました。また、車への乗降が行なえない事により、娘様との受診や買い物などの外出が出来ずに、活動範囲が狭小化している為、車への乗降動作の獲得も目標にあげました。

 週2回の1日利用する上で、個別リハビリでは、短期集中個別リハビリテーション加算を算定する事で密に関わりました。また、デイケアでの1日利用という強みを活かし、個別リハビリでの歩行練習以外にもトイレ等の移動時に多職種で見守りをしながら歩行車を使用し移動して頂く事で、もみの木利用時の歩行の機会を増しました。
 
 利用再開から半年後の3月頃には、娘様と同じ車種の車にて、担当リハスタッフの見守りの下で、乗降動作を行って頂き、安全に行えることが確認出来たので、リハビリ会議でご家族様に報告しました。このリハビリ会議は、ご家族様とケアマネとの情報共有と連携を強める目的で行お、今回はリハビリテーションマネジメントⅢ-1を算定し、リハビリ会議を6カ月間、毎月行い、有効活用しました。その後は、車への乗降動作が可能になったことで、娘様との外出が可能となり、活動範囲の拡大を図ることが出来ました。
 しかし、外出先には、段差があり歩行車や車椅子が使えない環境がある為、更なる歩行能力の改善を目指す為、令和元年7月にこの目標を挙げました。
PhotoGrid_1579933592314

 目標をあげた当初は、杖歩行の耐久性が低く、歩行の不安感も強い状態でしたので、杖歩行に消極的でした。その為、トイレや入浴に行く際の移動やパワーリハビリへの移動の際に、杖を使用して歩行中の様子や歩容を確認し、ご本人様へフィードバックを小まめに行う事で、耐久性が低い状態からでも適正な運動負荷量や安全な環境下で歩行練習に取り組めその結果、目標を達成するに至りました!
Screenshot_20200125-133226_OneDrive
PhotoGrid_1579933155044

目標達成、おめでとうございます!!

Report by Yamanoue


活き生きチャレンジ(2019年12月)①@こうざきもみの木

【活き生きチャレンジ(2019年12月)①@こうざきもみの木】

 こうざきもみの木活き生きチャレンジ(2019年12月)の新規目標立案は1件、目標達成は2件でした。

『入院中38kgになってしまった体重を43㎏に戻したい』
PhotoGrid_1579822686120

 平成31年4月にご自分で目標を提出されました。平成29年に貧血治療の為の入院をきっかけに体重が43㎏から38kgに減少してしまったとの事です。その後から食欲が低下した状態が続いていた様です。目標を提出された時の体重は42.3㎏でしたが、体重が低下しやすい状態が続いている事を気にされており、今回の目標を自ら提出されました。

 目標を提出されてからのI様は、ご自宅での調理時には、食欲が増す様に「季節の野菜を取り入れる」、「栄養を考えながらメニューを決める」等の工夫をされていました。また、娘様の自宅に毎週訪問する際には、「デパートに寄っておいしそうな惣菜を購入」されたり、「レストランで食事をする」、「友人宅での食事会に参加する」等、”楽しみながら食事を摂取する事”も意識して行われていました。
 夏ごろには、体調を崩してしまい体重は41㎏まで減少してしまいましたが、食事を1日3食摂取する事は意識して行った結果、11月には体重は43㎏に到達する事が出来ました。
PhotoGrid_1579822761837

ご自分で目標を挙げ、目標達成に向けて楽しみながら調理や食事に取り組まれたI様は、「43㎏になった体重を維持したい!」と引き続き、楽しみながら栄養バランスの良い食事を続ける事を目標とされています。

目標達成おめでとうございます!

Report by Anami


『活き生きチャレンジ@こうざきもみの木』
【2019年度】
4月:新規目標立案:5件、目標達成:2件
5月:新規目標立案:0件、目標達成:3件
6月:新規目標立案:2件、目標達成:3件
7月:新規目標立案:3件、目標達成:1件
8月:新規目標立案:1件、目標達成:1件
9月:新規目標立案:3件、目標達成:3件
10月:新規目標立案:2件、目標達成:0件
11月:新規目標立案:1件、目標達成:1件
12月:新規目標立案:1件、目標達成:2件
PhotoGrid_1579777964299



リハビリランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)


大分市ランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)


活き生きチャレンジ(2019年12月)②@坂ノ市もみの木

【活き生きチャレンジ(2019年12月)②@坂ノ市もみの木】

 H様は、活き生きチャレンジで「シルバーカーを使用してマルショクまで歩けるようになる為に、近所の公園を3周(540m)出来るようになる。」という目標を掲げました。
 目標を掲げてからは、坂ノ市もみの木では仲の良いご利用者様と一緒にシルバーカーを使用して、屋外歩行練習に取り組みました。以前は膝の痛みもありましたがら「前よりは(膝の)痛みなく歩けるようになった」と言われていました。一緒に屋外歩行を行ったご利用者様とはよく会話をされており、ご本人様も一緒に屋外歩行を頑張る事によって、励みになったと話されていました。

PhotoGrid_1579596665355

 ご自宅からマルショクまでは、公園の周りの様に平坦な道だけではなく、不整地な道もあります。今後はシルバーカーを使用しての不整地での屋外歩行練習を行い、3月又は4月の暖かくなった頃に、ご自宅からマルショクまでシルバーカーを使用して歩行が行えるようになる為に、まずは外出プログラムで練習をして、最終目標である「シルバーカーでご自宅からマルショクまで歩いて行けるようになる」に取り組んでいきたいと思います。
Point Blur_20200121_175410

目標達成おめでとうございます!

Report by Shiiba

#活き生きチャレンジ #目標達成 #屋外歩行 

活き生きチャレンジ(2019年12月)①@坂ノ市もみの木

【活き生きチャレンジ(2019年12月)①@坂ノ市もみの木】

 坂ノ市もみの木の活き生きチャレンジ(2019年12月)の新規目標立案は0件、目標達成は2件でした。

 脳梗塞発症後、様々な取り組みを実施し克服してきたS様。そこにはとても協力的な支援者(娘様)がいらっしゃいます。一緒に目標を共有し、取り組み、またご自宅での活動状況を写真に撮り、連絡帳に挟むなど、その活動を見える化してくれています。
 以前、担当者会議にて、ケアマネさんから提案もあり、ご自宅での活動や役割として、クイックルワイパーなどを使った簡単な掃除ができることを目標に掲げられました。
 もみの木での個別リハビリでは、立位でのバランス練習やステップ運動、左麻痺側の手の活動・参加を見据えた掃除動作練習を行ってきました。実際にもみの木内のフロアのモップ掛けをしてもらうと、隅々まで丁寧に実施していただけました。
96835c7f

そこには麻痺の手の活用、しゃがみ動作、大きなモップをコントロールするための体幹の固定力、立位バランス、前後左右へのステップ動作などの身体機能訓練が含まれています。
PhotoGrid_1579342766169

 ご自宅で娘さんと共に取り組んでいただき、週1~2回程度定期的に実施できるようになったため、今回、目標達成となりました。この目標を立案したのも、冬場はどうしても寒さのため外出の機会が減ります。そのような場合は室内で活動が行えるようにと、今回、娘さんのサポート力も活かし、役割の創出をしました。セラピストあくまでもこのようなご自宅での活動が行える身体能力を獲得したり、生活の場でのチェックをしたりするのが、生活期のリハビリでは私たちが関わっている時間以外での活動を高めるために重要になってきます。そのことにより、生活不活発病(廃用症候群)を防ぎたいのです。
PhotoGrid_1579342909781
 今回は目標達成おめでとうございます!これからもできることを継続して、娘さんとの生活が続けられるようにサポートしていきます(^-^)

Report by kawano


『活き生きチャレンジ@坂ノ市もみの木』
【2019年度】
4月:新規目標立案:1件、目標達成:2件
5月:新規目標立案:0件、目標達成:2件
6月:新規目標立案:3件、目標達成:0件
7月:新規目標立案:2件、目標達成:1件
8月:新規目標立案:1件、目標達成:0件
9月:新規目標立案:4件、目標達成:0件
10月:新規目標立案:1件、目標達成:2件
11月:新規目標立案:3件、目標達成:0件
12月:新規目標立案:1件、目標達成:2件
PhotoGrid_1579777788316



リハビリランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)


大分市ランキング
↑ブログランキングに参加中!
 上のボタンを押していただけると嬉しいです(^-^)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード