【調理プログラム(2020年3月)@坂ノ市もみの木】

 バレンタインデーに引き続き、今月はホワイトデーにちなんで男性のご利用者様に調理プログラムへ挑戦して頂き、マシュマロのせブラウニーを作ることにしました。
 普段、台所に立つ機会の少ない男性の方の調理プログラムはお断りをされるかと思いましたが、立位でのバランス練習にもなる事をお伝えすると、参加して頂けました。

 最近、歩行時にふらつきが見られるH様は身長も高いため、オーバーテーブルで高さを調整して材料を混ぜたり、綿棒でナッツを砕いてくださいました。少し作業で間が空くと「腰が痛いな」と椅子を引きよせ、少し座ることがありましたが、無事に最後まで作業されました。
PhotoGrid_1584102775839


 在宅酸素療法をしながら過ごされているT様は、息苦しくなるため積極的に活動する事が少なくなっていましたが、このような作業を通じての動機付けを行うことで、普段はあまり積極的に動かれないT様も、酸素を吸入しながらチョコレートの湯せんやボウルに材料を入れたり、型で生地をならしたりと活動的に動くことができていました。
PhotoGrid_1584102548802


 生地が焼き上がり、さらにマシュマロをのせて焼き上げました。お二人とも普段は料理する事はないのですが、立派なでき栄えに満足気な笑顔を見せて下さいました。
PhotoGrid_1584102995926

 日頃美味しいおやつを提供してくれる栄養士さんと調理の方にホワイトデーにちなんでお礼としてお渡ししました。
PhotoGrid_1584103166935

 栄養士の皆さんから「美味しかったです」との感想も聞かれ、素敵なホワイトデーになりました。

Report by Yoshida