2008年03月06日

トレーラー事故で消えたもうひとつの命(ある記事をみてーーー)2


昨日の朝、首都高速4号線で、大型トレーラーが宙吊りになる事故があったのは、ニュースでも大きく取り上げられたので、皆さんご存知だと思います。

実は、あの事故現場は、私の家のすぐ近くです。


早朝5時半ぐらいだったでしょうか。時間はよく覚えてませんが、まだ薄暗い時間帯、ものすごい轟音で目が覚めました。


しばらくすると、消防車やパトカーの音がやたらうるさく聞こえてきます。


窓から外を見ましたが、うちから見える範囲には何もありません。ただ、消防車のサイレンの光が、近くの建物に反射しているのが見えました。

そして警察が慌てた様子で、何かを大声で叫んでいる声が聞こえました。


何だろうと思って、服を着て外に出て、救急車や警察のいる方へ向かって見ると、そこには驚くような光景が・・・。
下にはトレーラーに詰まれてた木材の類が大量に散乱していました。

数十メートル離れた場所にも、トラックの破片が飛び散ってたので、相当な勢いで飛び出したものと思われます。


近づいてみると、驚くことに、中央分離帯に犬が一匹いました。

小さい、室内犬です。野良犬でないことは、見てすぐにわかりました。トレーラーに一緒に乗っていて、投げ出されたに違いありません。

当たりを見回していますが、怯えているのか、全然その場から動こうとしません。でも、外傷が全然無いので、私は、奇跡的に命を取り留め、命に別条はないものだとばかり思っていました。

しばらくして、その犬を消防隊の方が撫でてあげてました。画像はその時のものです。「こわがらなくていいよ、もう少しで病院に連れて行くからね」そんな感じで、消防隊の方は撫でていました。

心配なのは飼い主(運転手)です。既に私が見に行った時は、病院に運ばれた後でしたが、これほどの事故なら、亡くなる可能性が高いでしょう。そうしたらこの犬はどうなるのだろうか、そんなことが脳裏をよぎりました。


私は仕事がありましたので、いつまでもそこにいるわけにはいかず、家に戻って支度をして、職場へ向かいました。

そして、職場で、運転手が亡くなったことを知りました。しかし、犬のことは、ネットのどのニュースを見ても、出ていません。



それから夜まで仕事をして、家に帰りました。

そして、帰宅後、ある人からの連絡で、飼い主だけでなく、犬も、動物病院で手当てを受けたものの、飼い主の後を追っていったということを知りました。



私が見たのは、首都高の下の、外堀通りの中央分離帯付近でうずくまっている姿でした。でも、顔を動かして辺りを見ていたし(飼い主を探していたのかもしれません)、外傷もなかったから、命に別条はないだろうなんてその時は思ったのですが、

実際は全身を強く打って、骨も折れて、苦しくてしかたなかったんですね・・・。


実は、中央分離帯にいたのは、消防の人が移動させたからだそうです。

最初、消防隊が駆けつけた時には、倒れている運転手のそばに寄り添って、顔をなめて、懸命に運転手を起こそうとしていたのだとか・・・。

痛くてたまらないのに、飼い主を気遣うなんて・・・。



犬を助手席に乗せていた飼い主。いつも一緒に旅をする大切な相棒だったのでしょう。
そして、自分も苦しいのに、飼い主を気遣う小さい犬。飼い主のことが大好きだったに違いありません。


このことを人に話すと、

犬だけ残されるより、一緒に死ねたのは幸せだったなんて言う人もいました。
天国で幸せにふたりで暮らしてるに違いないと言う人もいました。

素直にそんな言葉にはうなずくことはできないながらも、いろんなことを考えてしまいました。



楽しかったふたりの時間。それはふたりだけしか知らない世界。

ふたりが居ない今は、過去に、そんな幸せな時間があったことも、夢のように消えてしまって、誰も知ることができません。



私が現場に駆けつけた時、確かに犬は生きていました。

あの時、あの犬は、一体、何を見て、何を考えていたのでしょう。




それから私は、夜、暗くなった事故現場に再度行ってみました。

車や、積荷は、跡形も無く綺麗に掃除されていましたが、



誰が置いたのか、小さい花束が、

あの犬のいた、中央分離帯に挿してありました。
  
Posted by momizi6998 at 12:31TrackBack(0)
2008年03月05日

久し振りいまさらながら「アース」の感想(まじめな意見)

41e27727.jpgストーリー:50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかしこの傾きがあったからこそ、地球には四季のうつろい、寒暖の差、そして生命が生み出されることになったのだ。そんな傾きと太陽の光が作り上げた地球の姿を、北極から南極へと旅をしながら見ていこう。まずは北極に住むホッキョクグマの親子の様子から……。

この映画はスクリーンをみて「ああおもしろい」
っていう類の映画ではありません。
ですのでただ単に鑑賞して面白いか?と聞かれれば
おもしろくない映画なのでしょう。

劇中には
「温暖化の影響か北極の氷が溶けるのが早まり餌となるアザラシを食べれず飢え死ぬホッキョクグマ」
「赤道付近の温暖な海から餌を食べるため南極の海まで移動するザトウクジラ」
「水を求め命がけでオアシスを求め歩き続けるゾウ」
「越冬のため世界一高いエベレストを飛び越えるアネハヅル」
「赤道直下の恵まれた環境で生きることを謳歌する極楽鳥」等
フィルムには命を懸けて生きている動物たちの姿がありのままに映し出されいています。普段の暮らしでは一生遭遇することの無い場面ばかりだったと思います。中にはどうやって撮影したのだろうと思う映像もたくさんありました。これらの映像を見てどう思うか?どう感じるか?どうするのか?と自分で考える映画だと思います。

個人的にはこの映画を見て今まで温暖化対策としてやっていることの無力さ、そして地球の温暖化は止めることはできないだろうと感じた。動物たちが命をかけて生きているように人間が生きる力それもまた自然の力だから。また、人間もいつか今北極の環境が変化し絶滅寸前に追いやられているホッキョクグマのようになる日が来るのかなとも思った。

  
Posted by momizi6998 at 00:29TrackBack(0)
2008年02月26日

改正遺失物法で迷子のわんちゃんピンチです!



「改正遺失物法」2007年12月10日施行しました。
いわゆる落とし物に関する法律ですが、
犬猫は今までは、法律上は「もの」扱いでした。
もの扱いと言うと嫌な感じですが、
その代わり、迷子の犬猫は所有者のいる可能性のある
落とし物として保管の対象だった訳です。
しかし、今回の改正遺失物法では、「もの」として
扱ってもらえなくなってしまい、
落とし主が現れるまで保管するという「遺失物」としての
法律的な義務がなくなってしまいました。

どんな風に迷子の犬猫の扱いが変わったか、
みなさんご存知ですか?



【迷子の犬猫の扱いで大きく変わった点】

●3ヵ月の猶予なし…? 遺失物法が適応されない!
「遺失物」として扱われなくなってしまったので、
 遺失物に定められた保管期間が犬猫に適応されなくなりました。
 迷子の犬猫は、動愛法で定められた
「所有者が判明しない犬または猫」に当たるので、
 遺失物法でなく、動愛法が適応され、管轄の地方自治体が
 すぐさま引き取ることになりました。

●引き取りの管轄が地方自治体ということは…。
 これまでは身元不明の犬猫は警察で3ヵ月保護されることはなく、
 保健所や動物愛護センターにすぐに送られてしまいます。
 つまり、警察に届けても預かってくれません。



【すぐに保健所行きになる迷子の犬猫たち】

●遺失物法改正による保護期間の配慮は?
 残念ながら、保健所や愛護センターで保護期間を
 従来より長くする事はなかなか難しいそうです。
 実質的には、迷子犬や猫が警察に届けられても、
 保健所にすぐに移され、その後約1週間で
 処分されてしまいます。

●愛犬が迷子、脱走してしまった時はどうする!
 これまでのように警察に届けて様子を見るという
 猶予がなくなってしまいました。
 迷子の犬猫はすぐに保健所に移されますから、
 警察ではなくすぐに保健所に迷子の愛犬の情報を
 届けてください。



【迷子の犬猫は法律的に誰の所有物?】

●名札や鑑札などを付けている場合
 所有者を特定できるものがある場合、
 保健所が所有者に連絡を取ったり、警察にも連絡をします。
 保護した犬猫に所有者の手がかりがある場合は、
 必ず警察や保健所に届けなければなりませんね。

●身元を確認できそうなものを身につけていない場合
 明らかに身元不明の犬猫は「遺失物」ではありませんので、
 そのまま自宅に連れて帰って飼っても問題ありません。
 また、ボランティア団体などを通じて
 新しい飼い主をさがすことも可能です。
 ただし、万一迷子の場合は気の毒なので、警察に届けましょう。


----・----・----・----・----・----・----・----・----・----・----・----


保健所や愛護センターに収容される犬や猫たちの大半は、
迷子や脱走ではなく、飼い主による持ち込み、
故意に置き去りにしたと思われる状況で保護、捕獲されたケースです。

しかし、近年は、特に犬の場合、飼い主さんとともに
見知らぬ土地に出かけたり、人の多いところに連れ出す、
ノーリードで遊ばせている小型犬などが多く、
予期しないうちに迷子、脱走というケースも増えているそうです。
迷子になってしまった愛犬が、「遺失物」として
扱ってもらえなくなってしまった訳ですから
近所に張り紙を出してしばらく待つという猶予がなくなってしまいました。
身元不明であればすぐに保健所に持ち込まれてしまうからです。

そんな不幸を防ぐには「迷子にさせない」、「脱走させない」ことです。
ノーリードの禁止、名札の徹底、人ごみに連れ出すときには細心の注意を払う、
などの徹底など、基本的なことをしっかりしましょう!

  
Posted by momizi6998 at 15:01TrackBack(0)プチドッグ日記 
2008年02月24日

面白無駄情報パート11

先日、情報番組で、しょーもないけど、面白いサイト見つけました。今の世の中、成人男性は4人に1人ひげを生やしてると言います。でもなかなか自分で似合ってるかどうか判断出来ませんよね。
http://www.hige-chen.com/flash.php?userScene=1&v_key=e22ca78fa8cb353fd1730c14ac474800
で試してみてください、よくある着せ替えのひげ版ではなく、なんと3Dで動くのです。それがすこし不気味に^^^^(笑)
また、投票もあり客観視もできます。一度お試しあれ。無駄情報でしたーーーーー  
Posted by momizi6998 at 13:49TrackBack(0)
2008年02月21日

プチドッグは大忙し(洗濯編)4

2b4cd645.JPGプチドッグではこの時期にもかかわらず、4.5kと7.0kの2台の洗濯機フル活動。
おしっこ場はじめ、寝る場所も各部屋、これでもかとタオルを入れるんです、
なぜかと思われるかもしれませんが、うちのわんこ達は人間の子供が布団で遊ぶように、みんな潜り込むんです、体の汚れも取れ、ストレスもとれ一石二鳥でも画像の洗濯機約2年で壊れます、ゴミに出すときどうしてこんなにボロボロなんだて思われます。でもしょうがないですね。わんこのためですからーーーー  
Posted by momizi6998 at 16:19TrackBack(0)
2008年02月12日

今さらですがマイブーム(すぐれもの見つけた)2

2da15c3e.jpg「パスタ大好き♪」なんて方も多いのではないでしょうか?
でもパスタで面倒なのは、なんといっても「ゆでる」こと。
茹で上げ時間は結構時間がかかるってしまうんですよね。

そんなときは、電子レンジ用ゆでパスタ調理ケース♪
面倒だった「パスタ茹で」が電子レンジで手軽にできてしまいます。

量も二人分(200g)ととても手ごろ。
おまけに、パスタをさせばわかる「パスタ計量穴」と、素早くできる「湯切り口」がついて、
とっても便利な機能いっぱいです!!
丈夫な肉厚設計で、変形しにくいつくりになっています。

ちょっとパスタが食べたいとき、大活躍します。


テレホンショッピングみたいになりました\\\\\\\

  
Posted by momizi6998 at 23:25TrackBack(0)プチドッグ日記 
2008年02月09日

今日は、思い出の日、、、、5

901c4c8c.JPG今日2月9日は、とても思い出の日になりました。3年前この日に他界した私の父の命日です。その父がとてもかわいがっていた甥っ子が、あえてこの日に結婚しました。  今年初雪も降りとても寒かったですが、とても心温まる式でした。スライドショウで父の画像が映ったときは、とても胸に熱いものこみあげました。
涙涙のいい日でした^^^^^  
Posted by momizi6998 at 22:55TrackBack(0)プチドッグ日記 
2008年02月01日

老犬、中年犬たちの幸せな生活風景

9738a023.JPGプチドッグの大切な大切な、中老犬たちです、みんな元気でお年よりとは思えませんが、、、日中は水槽の部屋で、のんびりTV見たり、魚見たり、くつろいでます。

みんな長生きしてねーーー  
Posted by momizi6998 at 16:53TrackBack(0)プチドッグ日記 
2008年01月30日

PC壊れて大騒ぎ、、迷惑かけてます>

117d1339.JPG今週はPC買い替え設定や(VISTAというOSがまた大変で)、、私もすべて同時にやりたい性分で、画像のとおり(メールしながら、HP、見て TV観ながら、ながら)

ーーーでもほんとにPCて5年でちゃんとダメになりますねーーー

バックアップしてたので、わんこの画像 皆さんの頼りは大丈夫

ーー少しの期間でしたがメールの返事なかった方もう一度連絡くださいーーー  
Posted by momizi6998 at 00:36TrackBack(0)プチドッグ日記 
2008年01月22日

待望の白ぺキちゃん出産

38248125.JPG22日久しぶりのペキニーズのお産です。一晩かかりましたが、お母さん真っ白で可愛い子達が5頭産まれました。
前回、初産で大騒ぎした母犬今回はだいぶなれたようで、−−−〔この子は子供産むとき鳴いて知らせてくれるのでほんとに助かるいい子です)

日に日にかわいくなってく仔犬たち、掲示しますので
、http://www.putidog.com/pekingese/index.html 見てね!  
Posted by momizi6998 at 16:39TrackBack(0)ペキニーズ出産情報