ウタのタネ2から早くも1週間が経とうとしています。
歌を通じて集まった仲間と共に、今年も素晴らしい時間を過ごすことが出来ました


まず始めに。
早くから会場入りして裏方をして下さった方々、本当にお疲れ様でした。
昨年の反省を活かし多くの方々の尽力があったこと、そしてメンバー各々の自覚から、
今回のライブは、開始前から去年とは全く違いました!!
例えば、待機場所に並んだりするのもめちゃめちゃスムーズ、なおかつ静か。
絶対に喋らないでという言葉を皆さん聞いてくださって、
舞台袖で5分以上いましたがも私語一つ無しでした。
みんな素晴らしい!成長です!

17:05、5分遅れて開演したウタのタネ2
まずはhuman noteのステージから。
映像が流れ、ピアノの素敵な旋律のあと、寺尾先生のカウントで
「しあわせのうた」
 途中で作ってくださった平さんも一緒に歌ってくださいました。 
続く 「Lean on me」ではTAEKOさんとくーみんさんもソロに加わっていただきました。 
徐々に一体感が増していくステージと客席。
「Joyful Joyful」は始めのドイツ語部分はかっこよく凛と・・・そしてその後は
とにかくノリノリではじけました!!
もう楽しい
最後はしっとりと「生まれくる子どもたちのために」

平義隆さんのステージでは、human noteのソロオーディションで
惜しくも漏れてしまったメンバーがバックコーラスを担当したそうです。

TAEKOさんのステージ、
「Victory」からHN講師陣がクワイヤで加わります。ノリノリで超パワフル!
「I Believe I Can Fly」聞いていると本当に空って飛べるかも?って思わせられる曲でした。

最後は一般参加の方とのフルゴスペル。
「みんなトモダチ」が流れ、学校巡りやケニアでの映像がスクリーンに映し出される中、入場。
このとき、1階席で一緒に歌ってくれたり、リズムを取ってくれているお客さんがたくさん見えて
テンションがさらにアップでした。

「みんなトモダチ」
お客様に、全体練習の時に作った、 ガチャガチャの入れ物にビーズを入れた
(ビーズの量もしっかり測っていれました!)シェーカーを出していただき、
下手は「1、3」のリズムで、上手は「2,4」のリズムで振ってもらいます。
みんな大張り切り!楽しそうです!
先生に上手く乗せられてお客さんもヒートアップ 
お客さんとの一体感をということで考えてのこのシェーカー、とても良かったです。
このシェーカー退場時に回収されたようで、今後学校巡りでも使えるのかな?
  
「地球兄弟」 
平さんとTAEKOさん、くーみんさんにもリードを歌っていただけました。
Xタイムになる「Love the one you`re with」
お客さんに歌っていただくようになっていたのが、
クワイヤもはいっていいのかとちょっと戸惑いつつクラップしていました

「Melodies from Heaven」
大人しかった(笑)一般参加の方もどんどん乗ってきたみたいで、
振りがリハよりも何倍も大きくなっている人が多かったです。
最後の「Rain down on me!」ではビシッときまっていたと思います。


本当に本当に楽しいライブでした。
「ウタのある生活で世界中の人々が輝くために」というテーマでのこのライブでしたが、
お客さんの心にも「ウタのタネ」がきっと植わったのじゃないかと思いました。

あれだけの人数でのマスクワイヤを先導してくださった皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
去年の反省も震災コンサートでの反省も生かせていろんなことがスムーズに運べました。
ありがとうございました!!!
そして、出演のメンバー、見に来てくれたメンバー、応援してくれていたメンバー、マミーゴみんな本当にありがとう

                                     (ゆうこ・マナ)