ウタのタネin寝屋川に参加してきました!

まずはhumannoteのライブから始まります
地球兄弟 ・幸せって ・OH HAPPY DAY ・ごはんの唄 を歌った後、
humannoteリーダー寺尾が´東日本に向けてこの歌を送ります`と、マイク無しで全員生歌でよろこびのうたを熱唱した時は、被災地出身の私は、今も不自由な生活をしている地元の家族、友人の事などを思い、胸がジーンとしました。

その後井高 寛朗さんのピアノソロステージと寝屋川の人々や風景のスライドショーが終わると2ndステージです。

まずはhumannoteでフミダシテを歌った後、一般参加の方々、アルカスシンガーズを呼び込みます!
そしてみんなトモダチ・ふるさと・見上げてごらん夜の星を を歌いました

「見上げてごらん夜の星を」ではミラーボウルとサイリウムの演出があり、サイリウムは寝屋川の桜のピンクをイメージしたはずが・・・明らかに、パープルに発色?!
そこはすかさず、リーダー寺尾からの
´皆さん、ピンク色に光ってますよね?間違っても紫なんかに見えませんよね!ほら、ピンクだ`というフォローが
でもサイリウムは綺麗に発色して、ミラーボウルと「見上げてごらん夜の星を」を歌う声が響く中でとても幻想的な空間になりました。

観に来ていたhumannoteのメンバーが何回も涙するほど感動的なステージだったようです。
寝屋川市民の方からも声援を頂き、温かい雰囲気のアットホームなステージでした


(コバ・ちえ)