遅ればせながら〜8/30に茨木市立生涯学習センター行われましたワークショップライブのレポです!

このワークショップのコンセプトはズバリ「ママゴスペル」
chocolaTeraのにごぅさんが講師をつとめた子育てママさん対象のワークショップの発表ライブということで、マミーゴにもお声がかかりました♪
神戸からちょっと距離があったので参加できたのは8名だけだったのですが、マミーゴメンバー全員の思いを乗せて歌ってきましたよ♪ 

当日はリハ、ステージリハ、本番・・・と結構な長丁場でした。
終わる頃には子連れメンバーはぐったり(^^;
それでもこの疲れが爽快にも感じてしまうのは、やっぱり歌の力・ライブの力によるものですね♪

まず今回勉強になったこと。
(これは、マミーゴメンバーのひとりが当日喉の調子が悪く残念ながら
ステージに立たず客席から見守ってくれたことから得た教訓です!)
 「リハーサルの最初は全くといっていいほどマイクにクアイアの音が反映されておらず、
 どうなることかと思ったが、リハーサル終盤にはばっちりいつものHNのサウンドになっていた。
 PAさんのイメージとこちらのイメージが違う間は、クワイアの音を大きくと言っても
 全然伝わらないんだなあと。
 寺尾先生の『クアイアのパワーを客席に感じてもらうステージにしたい』という一言で 
 ようやく大きくサウンドが変わったように思った。
 音響を私たちが触れないステージでは、PAさんにわかってもらう努力が必要。」
そう、マイクワークやPAについては、これから勉強していかなきゃならない課題の一つ。
せっかく良い歌を歌っても、それをお客さんに伝える際に半減させてしまっては
もったいないですもんね。

さてさてライブ本番。
今回のライブはなんと言っても「母賛歌」 これに尽きるかなと。
私達が母親の立場にたったからこそ分かる気持ち、
自分を産んでくれた母親の愛情や感謝の気持ちなどを今の自分達とダブらせてしまったのか、
リハの時から涙ぐむママメンバーもチラホラ・・・
本番では前列のお客さんの涙も誘うことができ、クワイアでも歌い泣き・もらい泣きの人多数
いや、かくいう私もうるうるしていたのですが〜。
今後は私達マミーゴにとって、humannoteママクアイアにとって
欠くことのできない一曲になりそうです。
それにしてもにごぅさんのヴォーカルはほんと素敵です

「みんなトモダチ」では「茨木ミラクルときめきキラメキクアイヤ」の方達もステージに入り、
待ちに待った我らがマミーゴ代表なみチャンの後半ソロ!
ちょっとおねむになった息子チャンと手を繋ぎながら歌のお姉さんぶりを発揮!
それにしてもさすがの舞台度胸〜!!
ビバなみチャン

フルゴスの「OH HAPPY DAY」ではお子チャンのリードが!!
これ、すごく良かったですねー!!
場を和ませるだけでなく、たくさんのママ達が後で支えてるよー!!みたいな
クワイア全体の一体感を感じました。
将来ミニーゴ達にも是非リードを・・・って思いました♪

 
今回のWSライブはママ同士ということもありとても刺激をうけたものでした。
他のママクアイアの熱心さと結束力の凄さを間近で見ることができ、
熱心=上手さに繋がるんだと改めて感じました。
ホントみなさん、真剣!真剣に楽しんでるわ!
これからもたくさんのママクアイアさんと一緒に歌って、吸収して、
マミーゴもどんどんパワーアップしていかなきゃ♪
                                               (マナ)