2006年05月31日

「詩人と私」

これを「ダウン症・・・」のカテゴリーに入れるのは、
ちょっと抵抗があったのだけど、
一応、今通っている、母子通園施設での話なので、
その枠に入れてみましたが、
別に、しょうがい、とかなくても、
普通の親子のスキンシップにもいいと思います。
(→その後、「感動・素敵・いいモノ」に入れました)

で、「詩人と私」。
フランク・ミルズの曲です。


今年の通園で、気に入っているのは、
体を動かす遊びがたくさんあることと、
その中でも、
親子のスキンシップを大事にしたものが多いこと。

マッサージ、くすぐり手遊び、親子体操・・・

マッサージは、毎回、いろんな子どもの好きな歌を
歌いながらするのだけど、
「○○ちゃんの好きな歌は?」と聞かれるので、
順番が来ると、ちょっとドキドキ。
手、足、背中、お腹、肩、胸・・・とあって、
手足は右左一曲ずつなので、結構な数を歌います。
うちのグループは人数少ないので、
必ず2回はまわってきます。
同じ歌ばかりじゃつまらないので、
できるだけ、いろんな歌をあげたいのだけど、
2ヶ月近くやってきて、そろそろタネ切れかな・・・
うちの童謡のCDには、100曲ぐらいあるけど、
あまり長い歌やそらで歌えないのは使えないから・・
でも、通園に行く車の中で、
今日は何の歌にしようかな、と考えるのも楽しいものです。

親子体操で、毎回やる、抱っこをしての
「せっけんじゃんけん」というのは、
体重の重い子のお母さんは、なかなか大変だと思うけど、
「♪お風呂に入って じゃっぽーん(ちゃっぷーん、かな?
 私の場合は「じゃっぽーん」て感じに激しくやります)」
というところで、抱っこしたまましゃがんだり、
「ゆらゆら、いい気持ち〜♪」で左右に揺れて、
あとは、頭をぐっとのけぞらせるのや、
最後にぐるっと一回転があって、子どもたちは大喜び。
私も大好きな体操の一つです。

さて、『詩人と私』も
それに似た動きで、最初は子どもが寝た姿勢で、
足を持って、左右に揺らすところから始まって、
だんだん曲が進むにつれ、抱き起こして
座ったままの抱っこで揺らすのになり、
それから立って、揺らして、一回転も入ります。
これが、この静かめの曲を聴きながら
ピタッと抱っこして揺れていると、
なんだか涙が出そうになるくらい、
じーんとくるんです。
子どもも、赤ちゃんの時に返ったみたいに、
ピタッとくっついてきて。

ほんとは、イージーリスニングって、
私はあまり好みじゃなかったのですが、
子どもと文字通り触れ合いながら聴くこの曲は、
なんだか心にしみます。
これだけ聴いたらすーっと聞き流してしまうような
なんでもない曲(ファンの方すみません)なのに、
子どもを胸に抱いて、揺れながら聴いていると、
子どもが生まれたばかりの「母」になった喜びを
思い出させてくれる、という感じ。

フランク・ミルズ、といえば、「愛のオルゴール」とか
もし曲名を知らなくても、曲を聴けば、誰でも
ああ、聴いたことがある、と思う曲がいくつかあります。

なんて、私も、実は、音楽には疎い方なので、
この『詩人と私』が気に入って、調べてみて、
ああ、あの曲書いた人ね、と、わかったんですけどね。

通園とか通っていなくても、
この曲をバックに、お子さんを抱っこして
(もう既に大きくなって、抱っこして立つのが大変な
 お子さんの場合は座ったままでも)
ゆらゆら曲に合わせて体を動かすだけでも、
なんだか幸せな気持ちになれるので、オススメです。

(あー、うちの兄ガメぐらいになっちゃうと、
 もうダメです。母には、寄りつきもしません。
 それでも、去年までは、時々ペタペタ寄ってきて
 オンブ遊びとか体の触れ合う遊びもやってたのですが、
 今年になったら、さっぱりです。
 始終子どもにくっつかれてうっとうしい、と思っている方も、
(そんなのは私ぐらいかしら・・・)
 案外、そんな時期は短いかもしれませんよ〜・・・
 追いかけられているうちが花、かも・・・
 くっつかれるうち、それを楽しみましょう・・)

もう一つ、足の体操で、『元気にゆっくり』という曲も、
これはもっとリズミカルで、まさに「元気に」なる曲で
これも大好きです。
養護学校などでも使われているみたいですが、
この曲は、まだ作曲者とかよく知りません。
(知っている方がいたら、教えてください。
 →その後少し調べたら、音楽療法で有名な
 故加賀谷哲郎氏が作ったのかな?まあ、関係しているようで、
 正しい題名は「元気に元気にゆっくりゆっくり」らしい・・)
これは、昨年度から時々やっていて、
昨年はマッサージもいろんな活動も、よく脱走していたアイが、
これだけは気持ちよさそうにやっていたので、
よけいに好きになったのかもしれませんが、
なんとなく、親も楽しい気分になる曲です。

”音楽療法”なんて、特別銘打ってやらずとも、
やはり、音楽の効用、というか、
音楽が心に与える力の大きさは、日々感じています。
親も子も、いろんな音や音楽とともに、
楽しく気持ちよく遊べたら、
それだけでもいいことだな、と思います。


あと、アイは今、くすぐり遊びも大好き。
「一本橋こちょこちょ♪」とか
「パンやのおじさん、パン切って♪」とか

実は、私、なんか勘違いしていて、上の子の時は、
子どもをくすぐって、無理やり笑わせるのは、
あまり良くない、と思い込んでいて、
くすぐりって、あまりしなかったのです。
(それどころか、やろうとする父ガメを止めたくらい・・)
でも、くすぐるのは、子どもが体をぎゅっとしめるので、
とてもいいらしいんですね。
ま、そんな理屈はともかく、アイはとにかく
大好きなので、通園のない日も毎日やっています。

歌うアイ
←記事とは関係ない
 写真ですが・・
(童謡の本見ながら
 なんかフリをつけて
 歌っています)




来年からは保育所に入れる予定で、
アイと離れる時間も結構長くなるので、
今は、目一杯、こういう親子の触れ合う時間を
大事にしたいな、と思います。

と、通園に行くと思うのだけど、
家にいると、家事雑事に追われて、
(いや、ブログの時もありますが・・
ついついビデオに子守させる時間が多くなる、
ダメ母です・・・




momo2003613 at 06:16│Comments(18)TrackBack(0)感動・素敵・いいモノ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ファンタジア   2006年05月31日 08:33
おはよぉ〜
いいなぁ・・こういうお話。それにいいなぁ、通園生活。
今度、聴いてみますね、フランク・ミルズの曲「詩人と私」。とても興味を引きました。ご紹介ありがとう。
くすぐり、うちのりこたんも好きです〜〜。
喜びの顔あまりにかわいくって見せたくなりますが、写真撮りながらのくすぐりはうまくいかないのね・・・。
ちなみに我家は上のおねーたちには未だに「くすぐりの刑」ってのがあります。悪いことしたり約束守らないとお母さんの魔のくすぐりの刑を実行します。そうすっと泣いて(笑いすぎて)あやまって『もうしませ〜〜〜ん!!』効き目がばっちりです。私くすぐりは容赦しないもの。
うちもりこたんを2歳のお誕生日を迎えたら保育園に入れるつもりです。
2. Posted by 桜狸   2006年05月31日 10:04
5 本当に素敵なコメントと時間ですね!
私の小さい頃は音楽をゆったりと聴くなんて事は、お金持ちの家庭での事でしたから!
でもファンタジアさんの言う、くすぐり遊び、というかくすぐりの刑は家では度々執行されていました。

これには余りにお腹が痛くてどうしようもない!状態でした。

確かにこれは効きました。しかし大きくなるとかえってイライラする事になりますのでご注意を!
3. Posted by ウッキィ〜母   2006年05月31日 21:01
コチョコチョ遊び楽しいネ。
なかなかMayuはキャッキャッと声を出して笑ってくれなくて…
療育施設の先生から「親がアホになって兎に角笑わせましょう」と言われました。
今では「1本橋」でコチョコチョの手をするだけで笑う準備をしてくれます。
でも、誰に似たのか「んっへっへっ」て笑い方ですが。
ハ〜イ私に似たのです
『愛のオルゴール』は題名と曲が一致するのですが、『詩人と私』は
きっと聞いてるのでしょうね。探してみま〜す
4. Posted by ウッキィ〜母   2006年05月31日 21:01
ところで「電気あんま」って知ってますか?
全国共通かどうか分りませんが…。
是非とも兄カメ君にやってあげて下さい
.メちゃんの両手で寝転んでる兄カメ君の両足を持つ
▲メちゃんの片足で兄カメ君の股間(付近)をガガガ〜!とくすぐる
以上デス。
カメちゃんのイメージがダウンしたら困るので父カメさんにやってもらって下さいませ。
幾つになっても子供は親とのスキンシップが好きですよね

あっ、でも桜狸さんが仰るように大きくなるとイライラするかもね〜
5. Posted by may   2006年05月31日 21:14
今でもRYOの体はイッパイ触って くすぐったりさすったりします。あまりくすぐったさを感じない子の様ですが、足の裏だけは ヒュッと足を引くので「おっ!分かったか!?」って嬉しくなってイッパイやってしまいます。
何かのリズムや曲に合わせるって 体も脈もそれに合って来るような気がします。ユッタリだったり軽快だったり気分も違ってくるよね。
ウッキィ〜ちゃんが言うように、子どもを笑わせたいと時って とにかくこちらも楽しんでやらないと するどい子ども達は見抜いてしまうよね。
だから 私は いつもアホでーす

アイちゃんの写真、「抱っこしてる」感じだね。可愛いわ〜
べったりは今年1年なんんだね。素敵な時間をイッパイ持ってね!
6. Posted by さっちゃん   2006年05月31日 23:40
音楽はいいですねえ。我が家は家族の誰かが音楽を聞いてますよ。
フランク・ミルズは聞いた事はありますが「詩人と私」は記憶にありませんねえ。是非、近い内に聞いてみます。

ウッキ〜母さんの言われる「電気あんま」は男の拷問刑であります。決して女子が男子にやってはなりませぬ。女子にやられた男子の屈辱は一生消えませぬぞ!!兄カメ君に成り代わりまして、お願いします。でも、痛いような面白いような按摩です。
7. Posted by 桜狸   2006年06月01日 00:17
5 カメさんが返事を書かれる前に一言!(だって男ですから)
電気按摩!まだ死語にはなっていませんでしたか!
男の口から言うのもなんですが、相手と力次第で、笑えるか、青ざめるかです。
たまーにエェ〜気持ちになることもありましたが、それはまれでした(失礼!)

男の独り言でした。
8. Posted by カメ    2006年06月01日 06:12
☆ファンタジアさま
忙しいのに、コメントありがとね〜。お疲れ〜!
そうそう、この曲、赤ちゃんとか小さい子を抱っこして、揺れながら聴くといいんですよ。たぶん、普通に、BGMで流れていたら、あまり気にもとめないような、なんでもない曲(なんて言ったら怒られるかなあ)なんだけど、子どもが胸にぴたっとくっついて、ほんとに呼吸と一緒のリズムで聴くと、いい感じ。通園とか行く機会がなければ、一度お試しあれ!
おねえちゃんたちのような、大きくなっても、「くすぐりの刑」は有効なんですね。いいこと聞いちゃった!今度兄ガメにもやってみよう!
9. Posted by カメ    2006年06月01日 06:17
☆桜狸さま
私も、自分が育った環境には、あまり音楽を聴くってことがなかったので、今でも音楽には疎いんですけど、逆に、有名なクラシックの曲など、今頃になって、新鮮な感動と共に、心に響いてくる、ということもあります。
さて、くすぐりの刑、桜狸さんもたびたび受刑者になっておられたのですね。私もたぶん、かなり大きくなってからのくすぐりにイライラした気持ちが、どこかに残っていて、子どもをくすぐりで無理やり笑わすのはいけない、って、思い込んでいたのかもしれません・・・ま、いずれにしても、子どもの顔よく見て・・・というのが大事なのかな、と思います。
10. Posted by カメ    2006年06月01日 06:24
☆ウッキィ〜母さま
「親がアホになって」ですね。さすが、大阪の先生は、アドバイスの仕方が違うね〜。でも、確かに、最近アイと遊ぶときは、かなり親も一緒になって楽しんでいます。上の子の時は、「笑わせよう」と意識して、自分は笑っていなかったのかも・・・今なら、徹底的に「アホ」になって、付き合ってやれるんだけど、あの頃は余裕がなかったのね〜・・・
アイは、とにかく、やってやってというように、手や足を出して、コチョコチョを要求してくるので、私もいっぱいやってしまいます。Mayuちゃんも、だんだんお上品な「へっへっ」笑いから、「ガハハ」笑いになるわよ〜。(それもウッキィ〜ちゃん似、とは言わないわ)
11. Posted by カメ    2006年06月01日 08:24
☆ウッキィ〜母さま
「電気あんま」!
なかなかキョーレツそうですね!
せっかく(?)男の子の母親になったので、
父ガメに任せず、ぜひ試してみたいです〜(笑)
でも、兄ガメには、普通のくすぐり攻撃も、あまりしたことないので、はじめは普通のから、少しずつやってみますわ。
ちょっとこの頃スキンシップ足りなかったので・・・
いいこと教えてくれてありがと!
12. Posted by カメ    2006年06月01日 08:30
☆mayさま
いつでも「アホ」になりきれるmayちゃん、さすがよ〜。だからRYOくん、mayちゃんを見ると、嬉しくて、大声で反応してくれるのね。
うちも兄ガメはあんまりくすぐりを感じなかった、ということもあって、それでよけい無理に笑わせてる気がしちゃって、あまりしなかったんだけど、もっと遊び感覚で、こっちが楽しめば良かったのかなー・・・なんて、過去のことにしてしまわないで、最近はアイにばかりかまって、兄ガメとのスキンシップを忘れていたので、もう少し手出ししてみようっと。
もちろん、アイとの時間も目一杯楽しみまーす!
13. Posted by カメ    2006年06月01日 08:55
☆さっちゃんパパさま
さっちゃんのおうちでは、いつもどこかで音楽が流れているのですね。素敵!家族みんなの音楽好きは、パパさんの影響かな?
私は、あまり音楽の素養がなくて(自分に足りないから、その夢を兄ガメに押し付けているのかも・・・)、ほんとにポピュラーな歌しか知らないのですが、夫は、中学時代ブラスバンドにいたこともあり、聴くだけは、クラシックからジャズ、ロックまで、結構幅広く聴いていますが、最近は、あまり家で聴く余裕もないみたい・・・
電気あんま、やめた方がいいですかね・・・貴重な、男性からのご意見、ありがとうございます。
14. Posted by カメ    2006年06月01日 08:57
☆桜狸さま
こちらも、男性からの貴重なご意見、ありがとうございます。
なるほど、「相手と力次第」ですか。
それを聞くと、ますます試したくなってきました・・・(笑)
15. Posted by 桜狸   2006年06月03日 02:20
5 良いですね〜!
そうゆうカメさんのいたずら心!
何となくカメさんの気持ちわかる気がしています。
mayさんからこちらを知ってあちこちのブログにお邪魔させて頂いていますが、かめさんも感じ好きですよ〜!
それから遠足もとっても楽しそうで素晴らしい写真でした。
愛ちゃんの成長も目を見張るものがありますね!
私は元来右目が見えないため?に高い所に上がるのが苦手で!土の上ならいざ知らず、それ以外は…
何しろ16歳位からブランコでも酔ってしまう状況です!

こんな訳で遊園地に行っても乗れるものが殆ど無く…!

とにかく元気で仲の良い家族!

そしてもりもり食べる食欲!

これがあればとりあえず安心です。

えっ?ダイエットがって?

それなら私はもうダイエットも口にもだせないオデブさんです!
16. Posted by ちいママ   2006年06月03日 06:59
昨日書き込んだのに調子悪かったですね。。。

livedoorさんがんばって〜!

私もアホになっていま〜す!
「電気あんま」うちのお兄ちゃんが大好きなんです。。。
ちなみに私の弟からやられる時が一番嬉しそう(^^)
というより狂ったように笑ってる〜!
子ども達とのスキンシップってすごく大切ですね♪
17. Posted by カメ   2006年06月03日 12:06
☆桜狸さま
ありがとうございます。こんな私ですが、コメントたくさんいただき嬉しいです。

食欲なら、まかせてください!私の特技は、出されたものは、残らず食べることです。どこに行っても、「よく食べてくれて嬉しいわ!」と言われていました。食べることが楽しみなので、ダイエットなんて、やろう、と決意したことすらありません。でも、さすがに、最近余分なお肉がうっとうしいので、運動だけはしなくちゃ、と思ってはいますが・・・
ただうちのダンナなどは、太りすぎで健康にも悪影響が出ているので、そういうのは困りますよね。健康ならば、太っていること自体は悪いと思いませんが・・・桜狸さんも、健康にはお気を付けて!
18. Posted by カメ   2006年06月03日 12:13
☆ちいママさま
そうなんです〜。ごめんなさいね。
ライブドア、いよいよブログもアブナイか、これを機に、私も引越しか〜、と思いました。

皆さん、結構「電気あんま」にくいつきますね〜。コメント欄は、すっかりウッキィ〜ちゃんのコーナーになってしまいました。(ウッキィ〜ちゃん、よろしくね!)
そっかー、ちいママさんのところのお兄ちゃんも好きなのね。ちいママさんがやっている姿を想像すると、電気あんまも上品な遊びに思えます・・・私も、最近無愛想な兄ガメを、狂ったように笑わせてみたいです〜!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔