近代輸出陶磁器に魅せられて

明治に日本から輸出した陶磁器を集め、 アメリカのどのような背景で売られ、飾られていたか、 調べているうちに、、山になった古本の中から 海外から見た日本を集めた古本をもとに書いていきたい。

掲載画像及び内容の無断使用を禁止します。 Copyright © 2011 copyrights momo2011 All Rights Reserved

『ヒヤシンスの心』 オノト ワタンナとキヨキチ サノ

010008007016018017012013014001002003007011010009008005006

























オノト ワタンナさんは片岡源次郎氏、藤雅三氏、さの きよきち氏のイラストで本を出版した。

http://blog.livedoor.jp/momo2011/archives/3170448.html

http://blog.livedoor.jp/momo2011/archives/5193367.html

サノ きよきち氏の事がとても気になっていました。
おそらく 日本で絵を学んでいたのではないかと。

ネットを検索すると ブルックリン ディリー イーグル 1908年7月9日の新聞に
サノ氏とサムライ会社と 訴訟の記事があった。

http://bklyn.newspapers.com/newspage/53376321/

サノ氏は外人と結婚し ジャマイカに住んでいた。
記事によると、武家出身で 日本で先生をしていた。
渡米し、サンフランシスコでウィークリー ニュースの新聞社で
仕事をしていたようだ。
マッハッタンにあったサムライ会社の依頼を受け、
『A Book of Beauty』 という本?を書いたが 
会社側はお金を払わなかったので 告訴したようだ。

サノ キヨキチ
佐野紀代吉 だろうか? 
ヒヤシンスの心 では イラストに EM MHS のサインがある。
後1冊 ニジョウの娘のイラストを描いている。

http://onlinebooks.library.upenn.edu/webbin/book/lookupname?key=Watanna%2C%20Onoto%2C%201879-1954

 

https://archive.org/details/daughtersofnijor00watauoft


渡米し、ジャマイカに住み、日本には帰国しなかったのだろうか?
書いたイラストは とても素晴らしいものだと思う。


著作権の事

商品を販売する時、歴史を書いている人がいます。
でもそれが誰が書いたものか(出版した本)など、
何処から歴史を調べたかも書いていない。
どうしても気になりました。
私自身 過去の新聞記事や本の著作権について、
書いたものを見つけ、色々問い合わせをして
(ニューヨークタイムズやハーパーマガジンなど)、
使っていいという答えを聞いてから書きました。

ヤフーに問い合わせたところ、著作権について連絡がありました。
ブログであっても著作権は守られて入るとの事でした。
又、全く異なる歴史を書いているものは 知らせる事ができるそうです。
ある方のオークションの歴史を書いた商品が気になっていました。
ブログに歴史に知られていない歴史を書こうとした私がいけなかったのだろうか?
ずっと秘密にしていれば、、良かったのだろうかと悩みました。
でも、ブログでたくさんの方達と巡りあうことができ、
いっぱい心暖まるご連絡を頂き、ブログを書いて良かったと思う事の方が多いから
忘れようと思います。
その方が商品を売るために 私のブログや他の方が出版した本から歴史を
書く場合、どこからその歴史を調べたかを書いて頂ける事を願っています。


ヨンカーズ 藤雅三氏のお墓



画像が横になってしまいましたが、、。
藤氏は大分県臼杵市の出身です。お墓に参られ、画像を送ってくださいました方は
大分県臼杵市の方です。藤氏はきっときっと喜んでいらっしゃっていると思います。
きっと故郷に帰りたかったのでは、、と。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ