2012年12月31日

the last post

まさかの半年放置!してしまいました。

もう誰も読んでないだろうなと思いつつ〆のブログを書いてみます。

言い訳をしますと、前回の更新をしてからというもの、忙しかったんです(お気楽主婦をしてるんじゃないのか?!という噂/疑惑もありますが。)

忙しかった一番の理由はこのブログのテーマ(?)でもあるハカセ論文、なんですが、

奇跡的になんとか終えることができました

このブログを始めたのが2005年だから、えっとぉ、それぐらいかかってしまったんですが、終わりました。そしてまだdiploma(卒業証書)は届いていないんですが、締切前に出すものは出したんで、卒業した、はずです。

ここで長〜い道のりを簡単に振り返ってみたいと思います。

2005年8月 博士課程入学

2005年〜2008年 Course work、つまりクラスを取ってました。取ったクラスは、第二言語習得理論、言語学、研究方法論、統計学などなどなど。大変だったけど、授業を取るのは楽しかったなぁ。

2008年4月 Comprehensive exam合格(3つの筆記試験と口頭試験)人生最後の試験と願ってますが、多分違う。

2009年3月 Prospectus meeting(研究計画についてコミティーの先生5名よりOKをもらう)

2009年夏 データ収集(日本&アメリカで)

2009年夏〜2010年春 データの整理と書き起こし

2010年夏〜2011年夏 データの分析

2011年夏〜2012年夏 書きまくり

2012年秋 口頭試問のためアイオワへ

2012年秋 第一稿提出、書き直し、最終稿提出

とこんな感じでした。な、長!とお思いかもしれませんが、分野によっては10年ぐらいかかる人もいるらしいので、それよりはまだいいかな、なんて。でも、本当はこのプログラムは5年で終わるようにできてるので、決して、全然、優等生ではありません。ま、終わりよければ全てよしってことで。

口頭試問のために向かった1年半ぶりのアイオワはとても懐かしく、そしてたくさんの再会に囲まれとっても楽しい時間が過ごせました。試問自体もなごやかな雰囲気で終わり、厳しくも優しい先生方にコミティーになっていただいたことに感謝。

本当はここに博士論文の謝辞を貼付したいぐらいですが、実名はまずいのでやめておきます。多分、御礼を言いたい方々の目には入らないかとは思いますが、論文の完成に協力してくださった、そして応援してくださった皆様に御礼を述べたいと思います。どうもありがとうございました。

仕事のほうはと言いますと、去年から東京と横浜の某プログラムで非常勤講師を続けていたのですが、この12月から任期付の常勤講師の仕事が決まり、久しぶりに論文を忘れて仕事に没頭してます。た、楽しい〜

しかし、このまま博士論文ちゃんの存在を忘れてしまうと大変もったいないことになってしまうので、落ち着いたら(←危険ワード)少しずつ論文投稿もしていければと思います。

このブログは博士課程に入学した時に始めたもので、終わったらやめようと思っていたので、ブログはここで一旦終わりにしようと思います。アメリカには面白いネタがたくさんあるんですが、日本にはあまりないような気が(or 怠慢か)というのも理由なんですが。

2013年の、というか、これからの目標は「マイペースで」。いつもマイペースなんですが、今できることを精一杯やっていきたいと思います。あとは健康に気をつけて、ですね。今、一家の最年長はモモなんですが、みんな若くはないので体を壊さないように気をつけたいと思います。

最後に今年を振り返る写真をのっけて終わりたいと思います。

このブログをお読みのみなさま、今までたわいもない話におつきあいいただき、ありがとうございました!もし私を実際に知っているという方は、Facebookではちょこちょこ更新してますので、そちらにご連絡いただければと思います。旧姓の実名で登録してます。

公開録画当選!
IMG_0492















新車購入
IMG_0541













Keith Jarrett soloへ
IMG_0589













友人にお披露目
IMG_0774














意外と楽しかった
イメージ 1













今年も暑かったね〜
DSC_0006











でも、まだまだ元気です(9歳5ヶ月)
DSC_0525











忙しかったと言っておきながら恐縮ですが
DSC_0121











ネイルなんかもやっちゃって

DSC_0133







初!へっぴり腰!
082912T2 - 022







学会で名古屋へ
IMG_0858













近所にできたので
IMG_0825













アイオワへ、このフラット感が懐かしかった
DSC_0340











きれいなところなんです

DSC_0356












何度この道を通ったことか
DSC_0435











横浜の秋はとってもきれい

DSC_0546











横浜マラソン10kに登録!(でも走ったのはダンナだけ)
DSC_0726











momo714 at 11:11|PermalinkComments(6)

2012年06月21日

念願の

(あ、今回も食べ物ネタです。)

初鰹のカツを作っちゃいました。

IMG_0674 













ずーっと、ここ1ヶ月ちょいぐらい食べたかったんですが、なかなか生の鰹のサクが売ってなかったので実現できず。でも、昨日近所のスーパーでお安く売ってたので、晩ご飯のメニュー即決!こんなのができました(画像があまりきれいじゃありませんが。しかもキャベツの千切りが太っ!)

なぜこれが食べたかったかというと、通勤電車の中の無声テレビCM(?)で仲間由紀恵&田村正和コンビがビールのCMのために料理をするっていうのがあって、そこでとっても美味しそうに映し出されていたんです。「外はカリカリ、中はジューシー」というセリフに思わず「うわ、食べたい。」と。

適当に作ってみたところ、予想通りの美味しさで満足だったんですが、ここでふと。。。

「あれ、あのCMのビールってどこのなんていうビールだったっけ?」

と。

はい、残念ながら、ビールのCMとしては失敗だったようですね。鰹の映像がインパクトありすぎました。

でも、ちょっとかわいそうなので、どこのビールか調べてみました。これが実際のCMです。アメリカ在住の方には申し訳ないのですが。。

 

そして隣にあるかわいいコロッケは、知る人ぞ知る!というか、ある一部の人しか知らないんですが、「くりや」のコロッケです。これで分かる人は多分数人だと思いますが、知っている人がいたらうれしいです。

「くりや」は地元函館の実家の近くにあるお惣菜屋さんです。ここはむか〜しからあるお惣菜屋さんで、小学生のころよく「コロッケ10個買って来て〜」とおつかいを頼まれたお店です。値段はなんと5個100円!だったんですが、その値段がなんと今も変わってないらしいんです。おつかいの帰りによくつまみ食いしたっけなぁ。揚げたてでも揚げる前のでもどちらでも買えてお値段も一緒です。

ここのコロッケが食べたい〜という話を前にしたら、母が先日毛ガニと一緒に送ってくれましたちなみに毛ガニは今週末お口に入る予定です(日本に住んでると家族特典多し)

くりやのコロッケはやっぱりうまかった〜。函館在住の方はぜひ!他のお惣菜も(20年ぐらい食べてないけど)おいしいですよ


momo714 at 19:12|PermalinkComments(3)

2012年05月19日

最近のfood

写真を何枚か撮ったのでブログにアップするかーと思って、写真をブログに取り込んだ時に気がついたこと。

食べ物の写真ばっかりだ。
続きを読む

momo714 at 20:43|PermalinkComments(5)

2012年05月15日

keith jarrett solo 2012

Keith Jarret Soloというコンサートに行って参りました。美術館に行ったり、コンサートに行ったりなんだか芸術づいていますが、私は美術にも音楽にも詳しくないので、基準は「好き」か「嫌い」、「響く」か「響かない」、「なんかいい感じ」か「まーふつー」ってなとこです。続きを読む

momo714 at 19:07|PermalinkComments(0)

2012年05月07日

ゴールデンなウィーク終了

ブログって何書くんだっけ?と思ってしまうぐらいブログを放置してしまいました。気がついたらもう5月。ゴールデンウィークも終わってしまいました
 
去年のゴールデンウィークは震災後で自粛ムードだったこと、それから、直後に初出勤があったということでなんとなく「オヤスミ〜」という感じではありませんでしたが、今年は「そろそろ仕事に戻ってもいっかな。」と思えるぐらいオヤスミさせていただきました。といっても、夫婦二人で暗〜く机に向かう日々でしたが。。

でも、いいんです。続きを読む

momo714 at 19:55|PermalinkComments(2)

2012年03月25日

変化

2週間の春休みの前半は久しぶりの日本脱出。カナダで開催されたアメリカの学会に行ってきました。この学会は修士の時に参加して以来何度も行っている学会で、知っている先生(元上司/元同僚)も多くいらっしゃるということで、お勉強半分、バケーション半分、楽しい時間を過ごしてきました。
 

出発した日は去年日本に戻って来た日からちょうど1年後ということで、1年ぶりの北米帰郷でした。そこで感じたイロイロ。。

「やっぱり日本ってご飯美味しいなぁ」
「日本人はコメが要るなぁ」
「やっぱり日本ってサービスいいなぁ」

だったんですが、同時に

「やっぱり日本って気を遣うなぁ」
「日本人っていろいろ細かいなぁ」
「アメリカの学会のほうが参加してて楽しいなぁ」
 

日本に帰って来て1年、そんなに自分が変わったと感じてはいなかったのですが、もうすぐ日本に着くというのに帰りの機内食で和食を選んでしまったり、前は全然平気だったサービスの遅さにちょっとイラっとしたりと、自分の変化に気がつきました。

食べ物は、こんなんばっかり食べてるから和食が恋しくなるんですけどねー。

 
IMG_0418







 


大好きなエッグベネディクト。日本じゃあんまり食べられないということで朝からご注文〜。点数をつけるとすればここのはA!オランデーズ(hollandaise)ソースもくどくなくてぺろっと食べられちゃいました。横のポテトもおいしかったし、フルーツも新鮮。

まだ気温が低い日も多いんですが、日差しの違いは感じるように。お散歩をしているも増えてきました。いいお天気のまま春休みがあと1週間ぐらいあればいいんだけどな〜。

 IMG_0428

 



momo714 at 19:07|PermalinkComments(6)

2012年03月11日

備忘録

今日は一日中震災関連のテレビ番組が流れています。例の「お涙ちょうだい」的演出にまんまとはまって泣かされてるここ数日間。悔しいですが、両親兄弟をみな亡くして生き残った小学2年生の男の子のストーリーなんかが出てくるとただただ胸が苦しくなるばかり。

2011年3月11日を少しだけ振り返ろうかと思います。備忘録のために。
続きを読む

momo714 at 22:46|PermalinkComments(4)

2012年02月28日

サクラモチとジンギスカン

このブログをお読みのみなさまは「サクラモチ」と聞いて、どんな物体を想像するでしょうか。もちろん、あんな形の、あんな味のお菓子ですよね。

では、まずはwikiの説明をお読みくださいませ。

桜餅は各地ごとに違う菓子であって、異なった菓風が現れたものである。主に長命寺と道明寺があり、関東、東北、山陰では長命寺が伝わり、近畿西日本北陸北海道では道明寺が伝わった。そのうち一つを桜餅と呼ぶところと、どちらも桜餅と呼ぶところがある。関東では長命寺を桜餅と呼び、道明寺は道明寺と呼ぶ。京都では道明寺を桜餅と呼び、長命寺は長命寺餅と呼ぶ。道明寺餅、長命寺餅ということもある。山陰には道明寺餅、長命寺餅を桜餅として、いずれでも呼ぶようになった。長命寺、道明寺の何れも桜餅と呼ばない場合がある。家庭や和菓子舗で長命寺、道明寺とは趣の違うようなものを生み出して桜餅と呼んでいることもある。

ふふふ。なんだかややこしい話ですが。。。

我が家を例にすると、

私が「桜餅」だと思っている物体=ダンナくんにとっては「道明寺」

ダンナくんが「桜餅」だと思っている物体=私にとっては「あんこのピンクのクレープ包、桜の葉の塩漬け巻」

という具合です。

今日は職場でも「私にとっての桜餅」で盛り上がってましたが、結果は、

関東 vs.その他の地方 

という図式でまとまりました。

ちなみに、「オレは道明寺が好きなんだ〜!!!」と言わんばかりに熱く(私にとっての)桜餅について語っていたダンナくんですが、ふと気がつくと、なんと葉っぱ部分を残してるではないですか!!桜の葉っぱを食べないなんてありえないでしょ、と思っていたんですが、どうやらそれも意見が分かれるらしいですね。

桜餅、なかなか奥が深い。

食べ物関連でもう一つ。

最近テレビに道産子のcomfort foodである(と思っている)ジンギスカンが出ていました。それからというものジンギスカンが食べたくて食べたくて。。。幸いなことに最近は本州でもジンギスカンが食べられるということなんですが、どうやら若干事情は違うらしいということが分かりました。

肉事情:道産子にとってのジンギスカンといえば、冷凍された筒状(丸い形)のマトンをはがしながら、焼く!が定番だと思っていたのですが、まずこの筒状のマトンが売ってない。本州ではなんだか高そうな肉をジンギスカンにするらしいんです。ただ、私は高校を卒業して以来北海道に住んだのは1年間だけなので、この事情が北海道でも変わっている可能性はアリ。

タレ事情:道産子にとってジンギスカンのたれといえば、あれでしょ。あれ。

item_file13









(ベル食品HPより)

ジンギスカンのタレはこれしか存在しない!ぐらいに思っていたのですが、そうではなく、いろんなのがあるんですね。ま、それはそんなにびっくりすることではないんですが、ジンギスカンのタレは関東では普通には売ってない!ということに驚きました(少なくとも私は見たことない)。

アメリカではどうせ食べられないとあきらめていたんですが、日本にいるならたまには食べたいジンギスカン。でも、関東では冷凍マトン&ベルのたれ、は無理なんですかね〜



momo714 at 00:40|PermalinkComments(0)

2012年02月20日

久々の寄席

前回寄席に行ったのはこの時。あれから3年以上たっての久々の寄席を浅草で堪能。
IMG_0346











前回同様M大学のK先生にお声をかけていただきダンナくんと参加してきました。さん喬師匠と左龍師匠にM大学で初めてお会いしたのはもう6年近く前ですが、あの機会がなかったら落語を知らずにずっといたんだろうなと思います。出会いに感謝。

落語の演目

桂南喬    『幇間腹(たいこばら)』   
古今亭菊之丞 『棒鱈(ぼうだら)』
柳亭左龍  『宮戸川(みやとがわ)』(続きがあるらしく、今回は前半のみ)
柳家一九  『都都逸親子(どどいつおやこ)』
柳家さん喬 『幾代餅(いくよもち)』

さん喬師匠が話し始めると会場の空気がピーンとはって、なんだか独特の雰囲気に包まれていました。そして大げさかもしれないのですが師匠にはオーラが見えたんです。

時間を見つけて寄席にもっと行きたいし、歌舞伎やお芝居、ミュージカルも行きたいなぁ。心には栄養が必要ですね。

とりあえず、次のお楽しみは5月のKeith Jarrett コンサート。楽しみあと、この前グラミーをとったAdeleって知らなくって、初めて聞いたんですが、いいですね。日本には来ないのかしら。



momo714 at 13:30|PermalinkComments(0)

2012年02月13日

久々のバレンタインデー

2月に日本にいるなんて、2001年以来ということで11年ぶり。世の中のバレンタイン事情の変化に驚きつつも、すっかりチョコレート/ケーキ/甘いもの業界の戦略に載せられてます。

バレンタインデーにはどこか素敵なレストランでバレンタインディナーということはなく、翌日に初人間ドックが控えているためお酒も飲めないし、ということでおとなしく家ゴハンです。

でも、せっかくなのでこんなのを作ってみました。
IMG_0342











無印良品のフォンダンショコラキットは577円のパッケージの中にケーキ専用粉、チョコ、ココア、型、ラッピングバッグがついてくるという優れもの。簡単に、そしておいしいトロットロフォンダンショコラができちゃいました。バニラアイスクリームがなかったので、いちごアイスクリーム添えです。しっかし、デパートにも、無印にも女子がいーーっぱいいました。無印にはパッタイセットを買いに行っただけなんですが、こういうのが売ってるとついつい。。はめられた。

そういえば、日本に戻って来てからお菓子作り率が激減しました。前は週1、ストレスが溜まっていた時は週2ペースで作っていたのに、日本にはおいしいお菓子がそこらじゅうにあるので、出る幕なしということで日本に帰って来てから作ったのは
,ぼちゃプリン 
▲廛螢鵝
フォンダンショコラ 
の3つのような気が。。

腕が落ちるわ。

なーんて、落ちてもおいしいものがたくさんあるので、心配なし。

人間ドックの結果は心配だけど。

momo714 at 23:51|PermalinkComments(2)

2012年01月01日

太陽の指輪

大好きなドリカムに時間旅行という曲があって、そこにはこんな歌詞があるんです。

くすぐったそうに振り向いたあなたを観てたら
すごくいいこと思いついた、聞いてね。
指輪をくれる?一つだけ2012年の
金環食まで待ってるから とびきりのやつを
忘れないでね そうよ太陽の指輪(リング)


wikiによると、この曲が入っているアルバムがリリースされたのは1990年、ということで私はまだまだお子ちゃまだったわけで、2012年には自分はどうなってるんだろう、2012年はちゃんと来るのかな、こんな風にステキな人が現れるのかしら?などなど考えていて、とにかく2012年をずぅぅぅっと先のことのように感じていたのですが、とうとう来ちゃいましたね。

2000年になってから12年もたつのか、と当たり前の計算をしたり、最近自分の年齢も忘れがちなので、客観的に自分の年齢を考えると、「うゎ。」とも思うこともしばしば。

年を取って、いろんな経験をして、笑って泣いて怒って悔しがって、そして人の黒い部分も見て、自分が変わったなぁと思う反面、この曲を聴いていたころと芯の私は変わってないのかも、とも思います。よくも悪くも。

そんなこんなで(?)2012年が始まりました。

FBには投稿してあるのですが、今日はりきって引いたおみくじがこんな結果。


IMG_0277 












「凶」もショックだったんですが、"BAD FORTUNE"ってぇぇ!!
でも、隣にいた純粋無垢そうな小学生boyも凶を引いていたので、ほっとしてしまった黒い私。

実はズルをして、もう一度引いたら「大吉」だったので、このおみくじの教えはこう取りました。

去年いい一年だったからといって、調子に乗るな!
悪いことも起こるかもしれないけど、いつでも謙虚に、傲り高ぶることなく、過ごしなさい!
努力は忘れずに!
そうすれば、凶は吉、うまくいけば大吉に転じる結果となる!


です。

元気に毎日を過ごせることへの感謝を忘れずに、謙虚に、でも、前進することを忘れずに2012年を過ごしていけたらと思います。

あまりネタがなく、更新が少ないですが、読んで下さっているみなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012年 元日

IMG_0256











IMG_0261









IMG_0269







momo714 at 19:48|PermalinkComments(4)

2011年12月31日

〆のジョギングも終わったので(←〆と言えるほど頻繁に走っていないけど。)、〆のブログを。

私が元旦にを書いたのは、ほんとうについ最近のこと。だと思ったのに。。。

2011年、帰国&引っ越し・就職(願わくば)・卒業(しなくては)・結婚を控えている身としてはありがたいお言葉。でも、本厄の1年なので、気を緩めずに、ありがとうの気持ちを忘れずに、健康に1年を過ごせたらと思います。
 
全部達成!と言いたいところですが、まだ卒業はしてません。ふふふふふ。がんばってますよぉ。

論文のページ数はさておき、この1年は結構productiveな1年だったのではと(自分に甘い私は)思ってます。そういう意味では、おみくじ通り「大吉」の1年でした。そしてproductiveでいられたのは、家族の支え&家族と私の健康があってこそ。先日に引き続き改めて感謝です。

2011年は別れ、出会い、再会の連続でした。3月は計7年以上住んだアイオワを去るということで、ほんとうにたくさんの人とのお別れがあって、さらには地震のこともあり、 1年で一番涙の多かった月だったと思います。

地震の時は、私の家族のことを心配してたくさんの人が心配のメールをくれたり、励ましてくれたり。そして、地震の数日後に帰国ということで「もし帰国できないなら泊まっていいよ。」と言ってくれたお友達、「車が必要ならまだいいから。」と車を売った後に私の車を使わせてくれると言った、数回しか会っていないご夫妻、「アパートもうちょっと必要なら言ってね」と言ってくれたアパートの管理人さん、だけではなく本当にたくさんの人に気遣ってもらいました。そのときはばったばたでゆっくり考える時間がありませんでしたが、世の中悪い人なんていないんじゃないかって思えました。

悲しいこともたくさんありましたが、日本に帰ってきてから何人もの人と再会する機会があったり、新しい地で、新しい職場で新たな出会いがあったりと自分のまわりがすっかり変わった1年でもありました。みんなにそろそろしないんじゃないかって思われてた結婚もしちゃいましたしね。あまりブログには登場しませんが、ダンナ君とと幸せに暮らしてます。

今日は横浜ではカウントダウンイベントが行われるみたいです。
みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。



DSCF4332















DSCF4340












IMG_0025











IMG_0081










IMG_0289








DSCF1222









IMG_0130








IMG_0138
IMG_0237



momo714 at 14:30|PermalinkComments(0)

2011年12月22日

当たり前ですが、日本にいると日本の旬が満喫できます。今日は冬至ということで、 カボチャを小豆といっしょに炊いてみました。あんまりおいしそうな画像じゃないですが。。。カボチャ好き、そして小豆好きの私にはたまらない一品です。

IMG_0146

















そして、今までアメリカでは食べられなかった、または、高くて手が出なかった牡蠣、柿、干し柿、みかん、いろんなキノコなんかをぱくぱく食べてます。10年ほど食べていなかった生ガキは既に3年分ぐらいは食べた気がします。

旬といえば、この時期は忘年会、クリスマス、お正月などなどイベントがたくさん。クリスマス前に日本にいるのは多分10年ぶりなんですが、ニッポンのクリスマス、こんなんだったなぁ〜と思い出してます。日本の人は何を祝うためにクリスマスをやってるんだろう(このブログもクリスマス色出てますけどね)、と素朴な疑問を持ってしまいますが、そんなことはまったく気にせずイベントを楽しむのもいいいのかも。お買い物、パーティーなどでお金が回ることはいいことでしょうしね。

さて、そんな華やかムードのこの時期、海外から訃報が届きました。大学時代のチア仲間が海外で交通事故に巻き込まれて亡くなったと。訃報を知らせるメールの中にその子の名前と「亡」と漢字が一緒に使われていることが信じられなかった、というか、理解できなかったというか、未だに信じられません。あと数日でお正月休みに帰国するはずの娘の訃報を知らされたご両親、そして一緒に事故に巻き込まれたボーイフレンドの気持ちを考えると胸が痛むばかりです。死後の世界があるとしたら、本人は相当悔しがってるだろうなと思います。一年の終わりに人の命についてまた考えさせられました。今はただご冥福を祈るばかり。

健康でいられて、寒さをしのぐ家があり、おいしいものが食べられる毎日に改めて感謝。

モモも新しいカマクラベッドで暖かくしてま〜す。
IMG_0113



momo714 at 23:17|PermalinkComments(0)

2011年11月16日

お守りを握りしめた朝

友達の結婚式があり、二泊三日で上海へ行ってきました。二泊三日とはいえ、火曜日の夜7時成田発、木曜日の朝8時上海発の弾丸ツアー、フラフラで帰ってきました。今や二足どころじゃなく三足のわらじなので、お休みが上手に取れないんですよねぇ。

一応中国語を勉強していたので、上海も今回で3回目。でも、最後に行ったのは15年も前なので、みんなに「相当変わってるよ。」と言われたんですが、その通り、同じ街とは思えないような発展ぶりでした。でも結局行けたのは「新天地」という西洋風モールだけだったので、あとはタクシーから見るしかなかったんですが。。

新天地にはたくさんレストランがあるんですが、せっかく、ということで「上海」が名前に入っているレストランへ。上海小南国というレストランでおいしい中華を満喫〜。何を食べてもおいしかったんですが、とくにオススメは写真奥の焼き小籠包。おいしかった〜。

IMG_0038










結婚式もとってもいい結婚式で、なんだかんだと2時ごろ就寝。8時すぎの国際線に乗るのには8時に空港に着けば大丈夫!と言い張るホテルのコンシェルジェを説得して朝5:50にタクシー乗り場へ。

15年前の中国では、特に外国人がタクシーに乗るとぼったくられるから気をつけなくては!というのが常識だったんですが、今回上海の空港からホテルまでのタクシーはちゃんとメーターもついていたし、運転手さんもジェントルマン。サービスも変わってよくなったなぁ、なんて安心した。。。。

私がバカでした。

続きを読む

momo714 at 10:12|PermalinkComments(4)

2011年10月16日

走る 食べる 秋

日本に帰ってきてから上がったのはエンゲル係数だけではなく、(勝手に命名)リラック係数かも。

どこにでもあるマッサージ、指圧、リフレクソロジー、足つぼなどなど、ついついふら〜っと入ってしまいます。電車通勤で疲れきって歩いてるとつい、つい、入ってしまうんですね。「明日と明後日お弁当で節約するから」とか「スタバに行かない代わりに」とか全然収支計算が合ってないんですが、言い訳をしつつ。。

でも、なかなか私の強靭な肩を短時間で揉みほぐすのは大変なようで。。。女の人では厳しいので、できれば男の人がよし。しかもがっちりした人だと「あ、ラッキー」と。がっつり力を入れられて「大丈夫ですか?」と言われますが、「はぁぁぁぁい、だいじょうぶですぅぅ」とうつぶせで応答。アメリカではほとんどマッサージに行くことはなかったせいか(たいてい、全然痛くない、たんにモミモミするマッサージなので)、それを取り戻すかのようにハイペースで揉みほぐしてます。

 一番最近行ったマッサージで、温厚そうな、とっても丁寧なお兄さんに言われた一言。

「そうですねー、お尻が、ちょっとやわらかいですね。もうちょっと歩いたり、運動したりしたほうがいいですね。」

ガーン

そして、ジョギングのモチベーション(必要性)

お尻たぷたぷはいやです。

まだ週1回だけど、Nike +GPS を使って、楽しんでやってます。これがあれば、靴の中にチップを入れてなくても、GPS機能でどこを走ったか、どのぐらいのペースか記録してくれます。だんだんペースもあがってきたし、なんとか続けよう。

あと、最近のビッグイベントは、クックパッド本社へ行ったこと。  

ひょんなことから、クックパッド本社へお邪魔する機会がありました。私が毎日愛用させていただいているクックパッドは、セレブ奥様がランチしてそうなレストランがいっぱいある、おしゃれ〜な街にありました。普段企業のオフィスをのぞく機会はあまりないので、面白かったです。職場もオープンな雰囲気で楽しそう〜。もっと若かったら就職考えたかも(日本語教える以外できないので、無理だとは思うけど)。

そして、これがクックパッド本社で作らせていただいた4品のうち2品。

kako-1ScSCCTYAgSfcFr1
















kako-wCrDlNZTYX5fcyq2



















こんなイベントなんです。ご興味のある方はこちらまで。
Nagomi Kitchen

私はクックパッド社が見たいがために参加したようなものですが、「料理の鉄人」的気分が味わえて、そして美味しいものが食べられて、楽しかったです。

なぜか今日は夏日の横浜。まだ夏だったらいいのにぃと思いながら、勉強チュー。







momo714 at 18:44|PermalinkComments(3)

2011年09月18日

本当の夏休み

里帰りは実はバケーションではな〜い。
ということで、本当の夏休みはこちらへ。

kako-e1ATP2Vy2u5WXFs9
















kako-ANWG3zqbMiskwaA4

続きを読む

momo714 at 15:30|PermalinkComments(4)

2011年09月02日

なつやすみ

今まではアメリカンカレンダーだったので5月からの夏休みが普通でしたが、今年は8月になってやっと夏休み。お盆は外したかったので、つい最近、帰国してから初めて帰省してきました。時間がなくて会えなかった方、ごめんなさい。2泊3日、親戚まわりがメインの旅でした。

函館といえば、イカ。

kako-Zq8lJcO51ZVZBWDX



















これまでは城岱牧場から函館を一望するというのが定番コースでしたが、パパのすすめできじひき高原というスポットへ。

kako-jqobPv8fNhcUb9Gi




















この絶景を見るために山を登っていくのですが、そこは熊出没で有名らしく、途中の看板に、



命と山菜どっちを取る



と警告が。北海道に帰ってきたわ、と実感。

大沼では、
続きを読む

momo714 at 21:42|PermalinkComments(4)

2011年08月14日

おもてなし〜

久しぶりにお客様をお家に呼んでのおもてなしタイムでした。

アイオワ時代は気軽に手料理を振る舞えたものですが、日本の、しかも都会に住んでいるオトナの方は日々美味しいものを食べているので、ハードルが高い!今日も大人の男性二人をおもてなしということで、ドキドキドキドキ。。。

困りに困ったあげく、こんな料理を。

kako-5y0U902S01FohZKx




















kako-nl8C8AwXVjWp2lwt




















圧力鍋、最高です。スペアリブはこのレシピでしたが、13分ほどの加圧(圧力をかける)で、あとはほっとけばOK。ほろっほろにできあがりました。おすすめのおもてなし料理です。

そして、夏ということで、サルサが食べたくなった私。ついでにグアカモレも作ったんですが、サルサとグアカモレに必要なCilantro、またの名を香菜、またの名をシャンツァイ、またの名をパクチー、というハーブ。近くのセレブ(ママ)が御用達(だろう)お店で探したところ、なんと一束900円!アメリカ(アイオワ)だと一束1ドルちょいぐらいなのにぃ〜!びびってサルサ案却下?!とも思いましたが、近所のスーパーでちゃんと一束160円で売ってました。よく考えたら、中華街に行けばいくらでもあったな、と。




しっかし暑い。

やっとジョギング欲が芽生え始めてきたんですが、これは暑すぎ。

いつから走ろうか。。。









momo714 at 21:50|PermalinkComments(4)

2011年07月26日

高いウナギ代

無類のウナギ好きと結婚した私は、今までの人生にはないほどハイペースでウナギを食べさせていただいてます。ありがたや〜。

日曜日の晩も、先週は土用の丑の日があったし、疲れているし、ということでウナギ屋さんに行くことに。結構早めに行ったにもかかわらず、お店はお客さんでいっぱいでした。なんだかんだ言っても、まだまだ伝統的な風習を守る人はたくさんいるんだなぁと実感。

事件はそこで起こりました。

と、大げさなものではないんですが、ウナギの小骨が喉につっかえてしまい、ご飯をごっくん飲み込んでも、水を飲んでも、家に帰って来てさらにご飯を食べ ても骨は取れず。次の日の朝取れてればいいな、なんて思いながら床についたのですが、そんなことはなく、しっかり喉の奥の方でチクチクチクチク。。

インターネットで調べたら、細いウナギの骨は取れにくいし、ほっとくと化膿するかもしれないので、耳鼻咽喉科に行くのが一番いいということが判明しました。なんだか恥ずかしいなぁと思いつつ、病院探し。。。

翌日受付終了ギリギリに飛び込んだ、近所のY耳鼻咽喉科。先生は40〜50ぐらいのノリの軽いオジサマでした。「え?何食べたの〜?いつ〜?」「ハイ、口開け る。」と言われるがままに口を開け、ア〜とかイ〜とか言わされ、ガーゼでくるんだ自分の舌を引っ張り。。。格闘すること数分。

「見えないね。ほんとにある?」

と聞かて、答える間もなく、何やら細長いものを出してきました。

「あ、これね、1歳の子でもできるから。ちょっと痛いけど。」

と、言いながら、何かをシュシュとその細長いものの先につけると、

「ハイ、じゃ、カメラ見てれば自分の鼻の中見えるからね。」

と。胃カメラの経験は豊富ですが、鼻カメラは初めて。

グングン鼻の中に管を入れられた、と思ったら、目の前のモニターには何やら気持ち悪いものが。見たら余計に気持ち悪くなる、と思って、私は鼻の管に集中することに。

ぐりぐりいろいろ探されたんですが、結局見つからず、あきらめかけたその時、

「あ!あった、あった!」

とお医者さんが見つけてくれたんです。それからは速かった。
ピンセットを取り出したと思ったら、数秒で、目の前に現れた5ミリほどの細〜い小骨。

うれし〜!!!

気分的にはハグしちゃいたいぐらいでしたが、生理的にはほっしてなかったので、何度もお礼を言って病院を後にしました。



お会計 2770円



鰻丼よりも高い”ウナギ代”となってしまいました。

今度から気をつけよ。

kako-tLEY5gssnO0Jyxgm














kako-p1MGX4AZibLFU8ZG



momo714 at 20:38|PermalinkComments(7)

2011年07月14日

バースデーケーキ

早いものでモモももう8歳。人間でいうと56歳ということで、一家の年長者(犬)となりました。

ワンちゃんショップがおおいこの街。ワン用ケーキもあるんです。

IMG_0596









手作りで、賞味期限も数日ということなので、安心してあげられるとは思ったのですが、おいしいのかな。。。食べてくれるかな、とちょっと心配。

Waitの姿勢。

IMG_0597











食らいつく、の図。

IMG_0601








よっぽどおいしかったらしく、ベッドに持ち込みさらに食らいつく、の図。

IMG_0603








そして、あまりにおいしかったのか、な、なんと、ケーキの紙まで食べちゃったんです。。。
前も紙(キッチンペーパー)を食べてしまって、その時はちゃんと出てきたのですが、ちょっと心配。
ちゃんと明日出てきますように。

あぁぁ、心配。

momo714 at 19:34|PermalinkComments(6)
Profile
Visitors

Archives
記事検索