桃の楽園

お気に入りのBL(ボーイズラブ)本の感想です。 大好きなBLの世界は桃にとってまさに楽園。 BL大好きな方!大歓迎です。 BLが分からない方、苦手な方は引き返されることをお薦めします。

きれいなお兄さんに誘惑されてます


鳩村 衣杏/著 砂河深紅/画

タイトルの『きれいなお兄さんに誘惑されてます』を見て、誘惑されたら即行きますとも!だってきれいなお兄さんでしょ、ぐふふふ〜と心の中でひとりごと。

だってカバー表紙を見てください。
それはそれはきれいなお兄さんが誘っているではありませんか。

誘い受け?襲い受け?!と思ったアナタ。
腐り方がまだ甘いです

このきれいなお兄さんが経験豊富な年上攻めで短髪の彼が体育会系ワンコ受けなのです。

続きを読む

So This is Christmas


著作:ジョシュ・ラニヨン
訳:冬斗亜紀
画:草間さかえ

翻訳シリーズものです。

私は学生時代から若いころにかけて和書より翻訳洋書が好きでした。
あまり身近過ぎない世界観が良かったのかもしれません。
最近は和書ばかり読んでいましたが、やっぱり翻訳ものもいいです。

その中でもこのアドリアン・シリーズは大好きでずっと追いかけてきたのですが、ここにきてやっと二人の幸せなクリスマスを見ることが出来ました。

ここまで長かったなあ〜。

続きを読む

恋するインテリジェンス (5)


今回も面白かった〜!!
こういう官僚さんたちが文字通り身体を張ってN国を護っていると思うと税金も苦にならないわ(笑)
続きを読む

BE・BOY GOLD 2018年 4月号『ツリー・リングス』


いつものように雑誌の中から『ツリー・リングス』のみの感想となっています。

シリーズ最終話です。
なんと40ページ!!

新田先生、お疲れ様でした。

さて、隠し子騒動のマスコミバレ、どう納まるのか、どう納まっても誰かが傷つくのではないかと思っていましたが、もうもう凡人の私の想像をはるかに超えるお見事な展開でした。
私、読みながらずっと口が半開きだったかも(゚∇゚ ;)
続きを読む

猫の王国

猫の王国 (ショコラ文庫)
犬飼 のの
心交社
2018-03-09

犬飼 のの/著 yoco/画

一言でいうと、めっちゃ可愛かったです。

死後、猫人に生まれ変わった高校生の由良。
猫耳、猫尻尾、美猫がいっぱいの猫の天国。

そしてこのお話はネタバレ厳禁です。
もうね、構成がお見事!

最後、由良と一緒に口あんぐりで「え?!えええええっ〜〜〜!!」と絶叫してください。
続きを読む

逆境ハイライト - へこたれずに生きています。


谷崎 泉/著  梨とりこ/画
谷崎泉さんの非BL新刊文庫本です。綺麗なブルーの表紙が店頭で目立ちます。

谷崎さんって気苦労を背負い込むタイプのキャラを書かせたらダントツだと思います。
どの作品にも漏れなく一人付いてきます。

その気苦労が傍から見ていると空回りして気の毒やら可笑しいやら(いや、本人は本当に困り果ててるんですが

うんうん、真面目でいい人のトコに面倒事は舞い込むように出来ているよねとか妙に納得したりします。

非BLということで主人公には最初彼女さんがいますがめでたく(爆)早々にフラれるので、男女の恋愛物!!と構えなくても大丈夫。もちろんBLではないので男の恋人も出てきませんが、脳内変換できる相手はいるので腐女子は妄想力を逞しくして読むのがいいかと思います。

続きを読む

僕の恋人はいつか誰かのものになる


きたざわ 尋子/著 ‎ 兼守 美行/イラスト

とても甘いお話しを読みたくてきたざわ尋子さんの本を買ってきました。
コミュ障美人がスパダリにめちゃ溺愛されるお話しならきたざわ尋子さんが間違いないです

さて、タイトルがドキッとさせられるものですが、内容は割と明るいというかカラッとしてます。

ざっくり言うとこのお話「僕の恋人はいつか誰かのものになる」と思い込んでいる天然系受け君のお話しです。
周りからの「そんなことあるはずねえだろ!」という総ツッコミにも「そうかなあ」というふわふわな受け君。
スパダリ様の苦労がしのばれます(笑)

続きを読む

シュガーギルド


一穂 ミチ/著 ‎ 小椋 ムク/画

一穂ミチさんの未読既刊本を何冊か買い求めました。
今、桃には一穂ミチさんブームが来ています

さて、大好物の年の差カップルの再会ものです。
攻めの達生が38歳、受けの和が27歳で8年ぶりの再会。

続きを読む

J庭に行きました

今日は池袋のJガーデンに行ってきました。
何度行っても中で方向感覚を失う^^;

P_20180304_134337_HDR

お目当ての先生の同人誌は全てゲットできたし、初めましてのお友達にも会えたので大満足





続きを読む

好きになったらダメですか?


初めて見る絵師さんですが、書店で見てしまったこの『どうして先生なの どうして男なの』という帯の文句に一目ぼれしてゲットしてきました。
それにこの表紙の男の子の目に涙を浮かべた切なそうな顔をみたら気になってねえ・・・。
簡単に人の涙でもらい泣きできるオバサンになりました

続きを読む

キス

キス (ディアプラス文庫)
一穂ミチ
新書館
2018-02-15

一穂ミチ:著   yoco:絵  

かなりの長編ですが本当に思ったことだけをサクッと・・・サクッと書けたらいいな

続きを読む

『サンドリヨンの指輪』『竜人と運命の対』




サンドリヨンはフランス語読みでシンデレラのことなんですね。
そう思うとなかなか深いタイトルです。
そして櫛野ゆいさんの新書は出版社様のアンケートにて当選して頂いたものです。これがもう面白くてですね、俄然この作家さんに興味がわきました。
続きを読む

BE・BOY GOLD 2018年 2月号『ツリー・リングス』


いよいよ岩城さんが霧胡さんと顔を合わせる!!の展開です。
それだけでも心臓がバクバクしたのに、ラストに来て「えっ?!えええええっっっっーーーー」な展開でもう私を殺す気ですか
続きを読む

キャラ文庫アンソロジーI 琥珀


英田 サキ  (著),‎ 神奈木 智 (著),‎ 菅野 彰 (著),‎ 樋口 美沙緒 (著),‎ 松岡 なつき (著)

これはもうお値段(1400円+税)以上のお買い得でした。
大好きなシリーズも未読のシリーズも混在ですが、どのシリーズも人気なだけに面白かったです。
続きを読む

『花火と絆と未来地図』『お日柄も良く』




いばきょ&まんちーのお話はもう4ですか。『メス花』やお花屋さんシリーズのお話しにもちらほら出てくるのでもうこのカップルたちは身内のような気がします

あと、まさお三月さんは絵が好きなのでゲット。
今回は籍を入れたカップルのお話しです。続きを読む

人形遊びのお時間、俺の許可なく恋するな、life線上の僕ら

人形遊びのお時間 (キャラ文庫)
水無月 さらら
徳間書店
2017-12-19







レビュー三冊ため込んでいたので本当に感想のみザックリと。

続きを読む

僕の中の声を殺して


渡海 奈穂/著 笠井あゆみ/画

いつも思うのですが、笠井あゆみさんの絵ってなんでこんなにエロいんだろう。
エロすぎていつも本屋さんでレジに出す時にドキドキするんですけど(笑)

さて、お話はちょっとSFテイストですね。
パンデミックの一歩手前のお話し。

あまりエロとかラブラブな展開ではありませんが、二人の関係が共依存のようでもあり、心の隙間を埋める掛替えのないパートナーのようでもあり、どうしようもなく惹かれあって相手なしではいられなくなっていく様子が私のドツボでした

えろえろシーンを長々と書かれるより二人の関係が執着へと膠着していく方がよほどエロい気がします。

続きを読む

明けましておめでとうございます

2018賀正

新年あけましておめでとうございます。
昨年は更新まったりの桃の楽園に遊びに来ていただき、ありがとうございました。
今年も自分のペースで好きな作品のレビューを上げて行きたいと思います。
突っ込みどころは色々あると思いますが今年も宜しくお願い申し上げます。

画像はうちのヴィクトルと勇利とマッカチンです。
題してユーリ家のお正月
お正月なので勇利くんも髪をセットしてみました。
マッカチンとヴィーチャ、戌年なのでちょうどいいかなと

おとぎ話のゆくえ

おとぎ話のゆくえ (幻冬舎ルチル文庫)
一穂ミチ
幻冬舎コミックス
2010-07-20

一穂 ミチ/著‎ 竹美家 らら/画

最近のマイブーム、一穂ミチさんの既刊本を読み漁っています。
これは受け君に『雪よ林檎の香のごとく』の志緒君と同じ匂いを感じたのでゲット!

ダメ男と若様の身分差ロミジュネな恋のお話です。

いつでも強いのはただ真っ直ぐに自分の心に忠実に進む心。 
続きを読む

一穂ミチファンブックより志緒ちゃんについて


今さらながらに気が付いたのですが私がドンとハマるキャラに共通なのはギャップです。
見た目では分からない強烈な何かを秘めているタイプが好きです。

そのダントツが結城志緒です。

ちなみに志緒ちゃんは「雪よ林檎の香のごとく」の受けの高校生です。
食が細く攻めの桂先生の胸にすっぽりとハマる細身で小柄な男の子。
成績優秀で運動神経もいいけど人と馴れ合うのを嫌う難しいお年頃の高校生です。

ファンブックでの人気投票、桂先生と志緒ちゃん二人ともそれぞれ攻め部門、受け部門の二位獲得おめでとうございます

続きを読む
桃の楽園内で検索
タグ絞り込み検索
新田祐克公式サイト
All About Nitta Youka
Recent Comments
Categories
今、ハマッています
アマゾンのお勧め
セブンネット
livedoor プロフィール

好きな作家さんは谷崎泉さん、英田サキさん、榎田尤利さん、一穂ミチさん、凪良ゆうさんなど。

「春を抱いていた」にどっぷりとハマッています。
当サイトに関係のないコメント・トラックバックは当方の判断により削除します。

スパム防止のため、コメント・トラックバックは承認後に表示とさせて頂いています。

アマゾンBL本

アマゾンBL新刊

Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アマゾン