桃の楽園

お気に入りのBL(ボーイズラブ)本の感想です。 大好きなBLの世界は桃にとってまさに楽園。 BL大好きな方!大歓迎です。 BLが分からない方、苦手な方は引き返されることをお薦めします。

明日は発売日!


某密林さんにアップされましたね。

楽しみです 

白蛇恋慕記

白蛇恋慕記 (幻冬舎ルチル文庫)
水原 とほる
幻冬舎
2016-08-19

水原 とほる/著 コウキ。/画

ロマンスとオカルトを合わせたような初恋成就のお話です。

暑い夏にちょっとヒンヤリするお話はどうでしょうか!
続きを読む

恋という字はどう書くの


鳩村 衣杏/著 亜樹良 のりかず/画

幼馴染ものです。
着物と書道が織りなすお話で和風男子の魅力満載。
そーいう和風プレイなども(^^)

お話は一言でいうと流され系受けと居直り系攻めの結果が見えている同居生活ラブです(笑)
続きを読む

泥舟

泥舟 (プラチナ文庫)
宮緒 葵
プランタン出版
2016-08-12

宮緒 葵/著 minato.Bob/画

元々好きな作家さんでしたが、このところすっごくマイナーでディープなお話し(喪服攻めなど、女装攻めが多かったような)が多かったので、どちらかというと保守的な私はスルーしていました。

でも今回のお話しは久々に面白そうだったのでゲット。

タイトル通り、二人して泥舟に乗ってしまいました。
泥の舟ですからね〜。
沖に出てしまえばもう沈むしかありません。

本当に仕掛けたのはどちら?

黒い宮緒葵さんも好きだなあと思いました。
続きを読む

水竜王を飼いならせ: 暴君竜を飼いならせ3


犬飼 のの/著 笠井あゆみ/画

新作が出たので買ってみました。

主人公受けは正統派ヒロインタイプですね。

美しく優しく正義感が強く攻めなら誰でも手に入れたくなってしまうえろい身体の癒し系。

現恋人の暴君竜(陸)と前回の翼竜王(空)に続き水竜王(海)にも求められてしまう受けくん。

陸海空と全ての王に愛されてますね。
無敵じゃん(^^)

1巻の感想を手短に<こちら>にアップしてありますのでよろしければどうぞ!
続きを読む

『ジャッカス!』『たかが復縁』

ジャッカス! (ディアプラス・コミックス)
スカーレット・ベリ子
新書館
2016-07-30


日参している某サイトさまで気になったコミックと最近ファンになったスカーレット・ベリ子さんの新刊コミックをゲットしてみました。

スカーレット・ベリ子さんは可愛い系が肉食攻めで強面が純情受けというパターンが王道ですね。

二作品とも登場人物の奥行きが深くて最近のコミックは掘り下げるなあと思いました。
お子様向けはどうも・・・という大人の方にもおススメ。

続きを読む

『みのりの手』『四代目・大和辰之』

みのりの手 (ディアプラス・コミックス)
スカーレット・ベリ子
新書館
2015-07-30







とても評価が高いコミックということで気になっていたのですが、目つきの悪いキャラが受けということがどちらかというと保守的な私には地雷なんじゃあないかと思って手を出していませんでした。

が!

読んでみたらものすごく面白かったです。

読まず嫌い、人生の半分損するわ・・・。

続きを読む

ヘプタゴンは微笑む


水原 とほる/著 幸村 佳苗/画

設定がノンフィクションばりに怖かった。
リアルでありえる話だと思えた。

BLでなくてサスペンスとしても成り立つお話だと思いました。

さて、最近の水原とほるさんは私が出会ったころの水原とほるさんとは天と地ほど違います。

今回は智の受け(宗教学者)、武の攻め(公安)とお互い相手をサポートしあって問題を解決。

途中受けの七生が暗躍する教団のSPに狙われるという危機一髪シーンはありましたが、なんせ智の七生、危機管理能力も半端なく自分で頑張ることなく攻めの鬼防のサポートを仰ぎ、鬼防も智の七生のアドバイスを取り入れ見事敵を撃退という展開でした。

途中、おっとりした七生が教団に目を付けられてしまい、これは誘拐されて××というBL王道展開か〜!!と思いましたが、そんなこともなく、七生は逆にそれを利用して自分たちの説得の材料にしてしまうしたたかさを持っていました。

最終的に大和撫子七生に惚れてしまった鬼防はしっかり尻に敷かれてしまったような気がしますが(笑)

この先も密かに日本に侵食して中から日本を食い尽くそうとする某教団のような存在からずっと日本を守ってくださいねえ。

ちなみに二人の名前ですが二人の役割を表す心にくい演出だと思いました。

七生→七回生まれ変わるとか永遠の意味を持つ言葉です。
鬼防→名前通り鬼を防ぐですね。
二人で名前のように阿修羅のごとくこの国を護ってください。 

とてもフィクションとは思えませんでしたよ。


今回は『続きを読む』は一応ありますが中身は夏休み中です^^;
ずる休みではありません。
・・・夏のせいです・・・


続きを読む

おうちのありか~イエスかノーか半分か 3~


一穂 ミチ/著  竹美家 らら/画

大好きなシリーズの一つです。

回を追うごとにトーンダウンや迷走してしまうシリーズもありますが、このシリーズは回を追うごとに面白くなっていきます。

鬱陶しい梅雨空をブッ飛ばす勢いで痛快でした。
読み終わった後、スッキリとほんわかが同時にやってきます。

前回のレビューは↓からどうぞ


イエスかノーか半分か

 続きを読む

眠り姫は夢を見る


夜光 花/画  佐々木 久美子/画

一応、読んだという自分向け忘備録でのアップです。
なのでいつもより辛口(当社比300%) 
続きを読む

BE・BOY GOLD 2016年 08月号 『サイレント・エリア』


いつものように「春を抱いていた」の感想のみになります。

新しい章『サイレント・エリア』の前編がスタートしました。
ページ数は少ないですが、内容は濃いです。
続きを読む

鬼の王に誓え: 鬼の王と契れ3


高尾 理一/著 石田要/画

不覚にも胸が詰まって涙が出てしまいました。

シリーズ最初の頃はラブラブな甘ったるいライトなお話だと思っていたのに、ラストに来てこのずっしりしたクォリティ。
ひたすら相手を想う深い深い愛に胸がいっぱいになりました。

鴇守はお話が始まった当初はどうしようもないみそっかすで臆病で、怖い事や嫌なことがあるとすぐに自分を甘やかせてくれる夜刀の元に逃げ込むようなチキン君だったのに、そして夜刀は鴇守が自分だけを頼るようにスポイルし続けてきたのに、ラストに来て二人の凛々しいこと、雄々しいこと。

二人の行方がどうなることかと完結編を楽しみにしてきたのですが、本当に涙涙の感動のラストでした。

以前の感想は↓です
『鬼の王と契れ1』
『鬼の王と契れ2』

続きを読む

こい、こわれ

こい、こわれ (SHYノベルス)
椎崎 夕
大洋図書
2016-01-30

椎崎 夕/著  ゆき 林檎/画

本屋さんであらすじを読んで切ない系かと気になって買ってみました。

攻めを熱烈に好きなセフレの存在とか受けに付きまとう元彼女とか人間関係が複雑で恋がすんなりと行かない展開ですが、受けが意外に前向きだし周りからは可愛がられるタイプです。

そんなに胸が痛むような展開ではありませんでした。

・・・というか、ちょっと笑ってしまうようなコメ的展開もそこここに。

曇ったり豪雨になったり晴天になったりと忙しいお話しでした(笑)
続きを読む

告白は背中で


谷崎 泉/著  みろく ことこ/画

イラストの絵だと教師と小学生に見えるかもしれませんが、30才と24才のリーマン同士です(笑)

続きを読む

時をかける鍵

時をかける鍵 (キャラ文庫)
水無月 さらら
徳間書店
2016-05-27

水無月さらら/著 ヤマミヤアカザ/画

時間トラベラーものが大好きなのでゲットしてみました。

時を駆けるのは受けです。

設定はすごく面白かったのですが、あまりドキドキ感がなかったのは、恋愛ものなのでオチは分かっているし、『時を駆ける』受けの視点なので、受けが攻めの前にいきなり現れ、いきなり姿を消すという舞台裏の謎設定が丸わかりだったせいでしょうね。

続きを読む

溺愛オトコと純愛ヤロウ

溺愛オトコと純愛ヤロウ (B-PRINCE文庫)
井上ハルヲ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-04-06

井上ハルヲ/著 小山田あみ/画


このお話の前作に当たる『デンパ男とオトメ野郎』も読んでいたんですが、レビューは書いてなかったです。
面白かったのに、どうしたんだろう、その時の私

デンパ男とは受けを溺愛する攻めの公安課管理官、つまりキャリアの西村のことです。
オトメ野郎とは愛に臆病な純愛受けの警視庁鑑識課員柏木のことです。

小山田あみさんの美麗なイラスト通り二人とも男らしい男。
華奢で少女めいた受けより私はこういう男らしいしなやかな筋肉をまとった男が好きです。
せっかく男なんですからね!と思います。 

続きを読む

年下彼氏に迫られてます。 (2)


前作が面白かったのでゲットしてみました。
主人公カップルのラブラブ同棲生活と攻めの弟君の受難『年上彼氏に迫られています。』の2本立てです。

この絵師さん、絵がとても見やすいんです。
線がはっきりしていて人物も綺麗です。
あ、なんというか人物が少女漫画(正直、私は子供の頃からあまり少女漫画が好きでありません・・・あの細い線とか背後の薔薇がどうにも苦手で・・・)のようにお目目パッチリでテンション高めの美形さん。

どちらかというとリアルな絵柄が好きな私ですが、このお話のテンポの良さとかお話の分かりやすさとか前向きな展開とか、見ていてストレスが全くたまらないんですよね。

前作よりえろ度は少しアップしていたのも嬉しかったです。

私はアニメイトで買ったのでレジで特典のメモ帳を貰えました。
ホクホク

本体込み1200円でオリジナルマグカップも貰えるようです。
続きを読む

『I HATE』『抱かれたい男1位に脅されています。2』

I HATE (マーブルコミックス)
ナツメカズキ
ソフトライン 東京漫画社
2015-07-27


『I HATE』は裏表紙のイラストの雰囲気に釣られて、『抱かれたい男1位に脅されています。』は話題性に釣られてゲットしてみました。

期間限定品とか旬のものには簡単に釣られる雑食系尻軽な桃です
続きを読む

春を抱いていた ALIVE 3


新田 祐克  (著)

雑誌BE・BOY GOLDしか読んでいない方に朗報です。

コミック収録にあたり、大幅加筆修正あり

もうねっ、これが大興奮なんですよ、お嬢さん!!
続きを読む

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)
崎谷 はるひ
フロンティアワークス
2009-10-13

崎谷 はるひ/著  冬乃 郁也/画


バタキスシリーズでこのお話の初版は2009年。
重版の2015年版をゲットしました。 

原作:崎谷はるひ/著者:冬乃郁也でコミックスも出てます。

知らなかったけどかなり作り込んだシリーズのようですね。

このお話、攻めがトンデモ傲慢俺様な奴で、好き勝手に受けを振り回した攻めは当然のように攻めざまあな結末となっています。

しかし・・・よく考えてみればある意味攻めのほうこそ受けに振り回されたという見方も(爆)

続きを読む
桃の楽園内で検索
タグ絞り込み検索
新田祐克公式サイト
All About Nitta Youka
Recent Comments
Categories
今、ハマッています
アマゾンのお勧め
セブンネット
livedoor プロフィール
コネコ同盟

↑コネコ同盟は、岩城さんを溺愛する『春抱き』ファンのための遊び場です。
岩城さんを、「魔性の男、でもコネコ」として溺愛する同盟。
管理人はましゅまろんどん様。桃は会員番号5番です(^^)v
アマゾンBL本

アマゾンBL新刊

Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アマゾン