いつものように雑誌の中から『ツリー・リングス』のみの感想となっています。

シリーズ最終話です。
なんと40ページ!!

新田先生、お疲れ様でした。

さて、隠し子騒動のマスコミバレ、どう納まるのか、どう納まっても誰かが傷つくのではないかと思っていましたが、もうもう凡人の私の想像をはるかに超えるお見事な展開でした。
私、読みながらずっと口が半開きだったかも(゚∇゚ ;)
自宅前で待ち構えていたライターに捕まった岩城さん。
もちろんライターの狙いはスクープですよね。

振り切ろうとする岩城さんに執拗に食い下がるライター。
その騒ぎに香藤君が顔を出します。

香藤君、髪が短くなってから厳しい表情が似合うようになりましたねえ。
ピシッとライターを諌める香藤君、うんうん、凛々しい

しかし、その時岩城さんの携帯に清水さんから驚きの知らせが届きます。

なんと、週刊誌に翔君の件が出るというのです
驚愕する岩城さんと香藤君は当然ですが、その後ろで自分が一番乗りで掴んだはずのスクープ記事を既に週刊誌が記事にしたと知って驚愕するライターが可笑しかったです。
いやいや、お気の毒様でした(笑)

さて、どうして週刊誌がその記事を掴んだかです。
動揺する岩城さんに香藤君の冷静な指摘が。

持宗監督(以下、モッチー)と千葉ED(以下、カバ←若干の悪意が)にすぐにでも事情を説明して映画作成に迷惑が掛かりそうなことを説明しなければ。

もうね、ここからずっと岩城さんの眉間にしわの場面が続くんですよ。
耐える、踏ん張る、受け止める。
後に香藤君がいるからこその頑張りでしょうねえ。
ちょっと不謹慎ですが何かを耐えている岩城さん・・・美しい〜

さて、設けられた席にやってきたモッチーとカバ。
岩城さんの頭を下げてのお詫びと釈明を受けますが、カバから驚愕の事実が発表されます。

以下、ネタバレです。

まだツリー・リングス最終話を読まれていない方、いましたらここから下はネタバレ注意報です。


『実は記事が出ることは知っていたんだよ』
えっ!
カバ、いえ、千葉さま、なんと言いました?
ここから岩城さんと読者は驚愕のるつぼに叩き込まれることになります。

なんと、千葉さんは霧胡さんから話があると連絡が来て今回のことを聞いたというのです。
霧胡さん曰く、もう芸能界の都合でいいように利用されるつもりはない、どんなトラブルでも自分で動いた結果でないと受け入れたくない。

そっかあ〜(←遠〜い目
思い起こせば霧胡さんがソファで腕組みをして思案している姿とか・・・あああ、そこからもうそうだったのね。

清水さんも一枚かんでたんですね。
そりゃ、そうか。
千葉さんと霧胡さんだけで内緒に動くには蚊帳の外の岩城さんのリスクが大きすぎます。
なんといってもことが表ざたになれば矢面に立たされるのは岩城さんだろうし。
事務所としての対応も用意しておかねばですね
しかし、清水さんも役者でした・・・。

さて、後は岩城さんの対マスコミへの踏ん張り次第。
ぐっと眉間に力を入れ口元を引き締める岩城さんの覚悟を決めた姿にここから先はもう大丈夫と思えました。

いよいよ、マスコミ会見中継です。
電車の中吊りもトップ見出しは岩城さんの隠し子のこと。
あ、余談ですがその中吊り記事、よ〜〜く見てくださいね。
先生の某選手たちへのメッセージがさりげなく書かれてます。
そういえば大会中でした。
いや〜、こういうとこ、先生、大好きです(テレテレ

例のライターも記者会見に来てましたね。
小物感バリバリで、岩城さんの覚悟の前には役者が違いすぎました(ふふん

容赦ない質問やえげつない質問が記者たちから飛ぶ中、どんな質問にも真摯に答え続ける岩城さん。

これが岩城さんの翔君の父親としての責任なんですね。
香藤君の言葉にハッとさせられました。
翔君とその家族に矛先が行かないように全ての矢を受け止める。
それが父親としての岩城さんのスタンス。
さすが、香藤君は全て分かっていました。

そして、会見の翌日、村井さん夫婦が岩城さんと香藤君の家にやって来ます。

またまた、余談ですが村井さんが持っている手土産の紙袋、よ〜く見ると萩の月ですね!
仙台土産〜

霧胡さん、髪を切ったんですね。
この方がずっと若く見えます。
雰囲気もスッキリしました。

そんな霧胡さんを受け入れた香藤君。
本当に懐が広い。

そして霧胡さんから語られる今回の事件の舞台裏。

私、霧胡さんを誤解してました。
読みが浅いな、私

前回で岩城さんを見送る霧胡さんの涙を『寂しさの涙』と解釈してました。
あれは岩城さんの言葉に対する『うれし涙』だったんですね。
ホント、霧胡さんツンデレさんなんだから(開き直る

そして二人が帰った後の岩城さんの緊張が解けた甘々な顔ったら
もうこんな甘い顔、香藤君限定ですよね。

『お前が支えてくれたお陰だ』
香藤君にとってなによりの言葉でしょう。

二人の寄り添う後ろ姿に本当に良かったなあと胸が熱くなりました。
もう二人だけでそっとしておいてあげましょう(桃が一番邪魔というご指摘はその通りです、はい)。

今が一番幸せなら過去を昏い目で振り返ることもないですね。
霧胡さんも今回の騒動を乗り越えてそうなるといいなと思います。

二人の繋がれた手はどんなことがあっても離れることはないというメッセージが込められた(と思ってる)ラストに映画館で大作を見たような充実感がこみ上げてきました。

はあああ〜、よかった!!!!

岩城さんは美しいし、香藤君は可愛いし、カバも千葉さんに戻ったし(私の中で)、村井夫婦も夫婦の絆が固まったようだし。これ以上ない大団円。すごいなあ、新田先生!!

次回作は8月号ですか。
待ち遠しいけど、その間にコミックの発売も挟まるようなので楽しみです。