COLD THE FINAL
木原 音瀬
リブレ
2018-05-10

木原 音瀬 /著 麻生 ミツ晃/画

この本はCOLDシリーズの同人誌、小冊子などに加筆修正を加え最後に書き下しを加えた総集編になります。

本編が半端なく痛かったし、どのお話も攻めの性格がクズで自分の痛みには激昂するのに人の痛みはさっぱり分からないという『近づくな、危険!』人物だったので、受け達のその後の幸せが心配でした。

ちゃんと幸せになってましたね。
よかった、よかった(←気分は親戚のオバチャン^^;)
傍にいられること以上に、もう何も望まない――。
大きな過ちを犯した秋沢は大好きな楠田の信頼を取り戻そうとして、 セックスすることも自分の我が儘を押し通すこともやめ、 まだ触れることもできない楠田の傍に少しでもいようと俳優の仕事の合間をぬってニューヨークに通う。
秋沢が来るたびに怯えつつも彼の変化を感じるようになった楠田は好きだった頃を思い出し、 同時に彼にもう一度キスしたい、触れたいと思うようになる。
季節が巡ると共に少しずつ近づいていく二人の距離――。
楠田の身体と心はゆっくりと癒されていき、ついにベッドで秋沢と触れ合えるようになって……。
他、藤島の仕事や二人きりの旅行など、透と藤島の幸せなその後の番外短編と書き下ろしを加えた待望の完結編。
すべての人が幸せになるCOLDシリーズ感動の最終巻!
待望のハッピーエンド!

痛くて痛くて心身に大ダメージを負いながらも読むことを止められなかったCOLDシリーズ。

もう何が痛いってDV攻めのぶっ壊れ方です。
受けはなす術もなく殴られ叩きのめされ終いには心まで破壊されていきます。

それでも確かに遠くに微かな灯りは見えるんですよね。
それは生まれ変わろうともがく苦しみ。
どうしても再生のためには通らねばならない道。
傷だらけになろうと瀕死になろうと、攻めも受けもその道を通らずして本当の心からの幸せはつかめないのです。

はあああ、本編は読んでいて本当に辛かったけどこの総集編は二組のカップルが傷を乗り越えて自分たちの手で掴みとった幸せの中で今度こそちゃんと幸せに暮らしていてホントに良かったです。

特に秋沢海斗と楠田正彦はこの総集編でも痛々しくて最後まで本当に幸せになれるのかはらはらでした。
二人のお話は↓参照。

COLD HEART in TOKYO/COLD HEART in NEWYORK

ねっ!
これはもう秋沢は犯罪者としかいいようがありません。
楠田は重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)で、秋沢の名前を聞いただけでも震えが止まらなくなるのです。
怖くて怖くて仕方がない。
また壊される。

それでも反省して痩せこけて必死に自分を求めてくる秋沢を突き放すことができない楠田。
なのにあの時のことが蘇ってきて秋沢の側に寄ることさえ出来ないんですよね。

あれほどワガママで自分勝手で人の気持ちなど分からなかった秋沢ですが、そんな自分だから愛する楠田を傷つけたと今度こそ分かっています。
もう楠田しか抱かないと楠田だけを必死で追い求め1秒でも側にいたいとニューヨークの楠田の元まで通ってきます。

楠田もまた苦しみます。
あんなに自分を傷つけた秋沢だけどやっぱりどこかでまだ愛している。
だから赦したい。

でも指一本、秋沢に触れるだけでパニックを起こしてしまう自分には秋沢を受け入れるなんて出来ない。
愛しているのに怖くて触れない。

この苦しみをちゃんと楠田が秋沢に泣きわめいてぶつけて吐き出して、ようやく一歩前進しました。

はああ、どうなるかと思ったけど良かった。
ホントに良かった。

二人とも苦しかったよね。

秋沢は最初は本当に苦手だったけど1秒たりとも楠田の側から離れたくないその必死さが不憫で仕方ありませんでした。

秋沢、終いには楠田のためなら何でもやる忠犬になってたけど楠田以外にはやっぱり狂犬だし、何があってもそんな秋沢が可愛くて仕方ない楠田はブルックリンの二人の家で幸せに暮らすんだろうなと思いました。

今度こそ絶対間違えないでしょうね。

そして、透と藤島はまだ若干の緊張感が残ってますかねえ。
透のDVの酷さは↓からどうぞ。あ、LIGHTは甘い透です。DV透はFEVERの方です。殴る蹴ると暴力の嵐です。

COLD LIGHT

COLD FEVER

透にしてみればまだ藤島が本当に好きなのはあの明るくて誰からも好かれる『自分ではない自分』ではないかという疑いも捨てきれないんでしょうね。
私だってもう一人の透の方がずっと好きです。
でも藤島にとってはどちらも愛する透に違いありません。
口下手で怒りっぽい透に戻っても藤島に対する深い深い執着愛は感じ取れます。
藤島にはちゃんと分かるんでしょうね。


この本は私たちファンのためのお話しかもしれません。
ありがとうございます。

『救いようのないDV男と共依存受け』共倒れ2カップルにこんな幸せそうな日が来るとは。
ラスト、それぞれの甘いバカップルぶりににまにましてしまいました。

今度はCOLDの字を見ても今は雪解けを経てHOTだからねと思うことができます。

秋沢と楠田の緊迫感のあるお話がメインだったのでページを捲る手が止まりませんでした。
COLDシリーズで過去にダメージを受けた方、是非是非みんなが幸せになるこの総集編を読んでみてくださいね。