皆さま、連休明けいかがお過ごしでしょうか?
午後は激しい雨となりましたが、ひょうに降られた地域もあったようですね。
この季節でひょうとは、日本の気候も変わってしまったものです。


さて私は日曜日、久しぶりのリラックスタイムにとはるばる(?)新宿まで足を延ばして参りました。

朝から蒸し暑ーく、息苦しいのをこらえ、重い体に鞭打って、まずはエステサロンへ♪

アロマ・ボディマッサージからフェイシャルマッサージ♪

心地良く出ているであろうアルファ波を感じながらうとうと・・至福の時。

・・すうーっと夢見心地になると、グルルっと寝息で目が覚めまして(^^;

寝息というよりいびきでございますね、これは(^_^.)

こんなことを何度か繰り返し、頭皮マッサージまで丹念にして頂き、気分爽快、サロンを後に。

次の予定までちょっと時間がありまして、初めて入る純喫茶。

祝日とあって少し並びましたが、お一人様はすぐ呼んでもらえるのが嬉しいというか、

何だか複雑な気持ち。

定番のハンバーグセット&季節のマンゴーパフェを頂きました。

朝抜きで来てよかった、お腹大満足。


さて久しぶりのイベント、映画鑑賞です。

『恐怖奇形人間』・・江戸川乱歩全集を映画にした、1969年 石井輝男監督のちょっと変わった

エログロ恐怖映画です。

冒頭から暗黒舞踏のような人が出てきたり、昨日までキレイな顔をしていた主人公が翌日には髭もじゃ

姿で登場したりと辻褄の合わない場面が散見されます。

女性たちは妖しくエロティックに描かれており、全体的に恐ろしく重苦しい雰囲気が漂いますが

、由利徹扮する住職の場面はコメディタッチ。 

決して今では見られない面白い作り。 これはこれで観進める不思議さがあります。

主人公が奇形人間の島に潜入してしばらく・・・

どうやらマッサージ効果で睡魔に襲われ、右に左にすっかり寝入ってしまいました(T_T)

目が覚めたときには既にエンドクレジット。

奇形人間の切断されたであろうバラバラの首や腕が海中深くに沈んでいます(T_T)

会場からの拍手。トークイベント。

・・やってしまいました。せっかくの名画座気分が・・(T_T)

もう一度観るしかないようです。

どなたかご覧になったことのある方、ストーリーを教えて下さいませ。


【桃色社交界】