辛く苦しい1年生が終わり、
2年生が始まります。


卒業していく3年生を見ながら、
私も卒業したいなー!!!!
と思ったのは内緒wwww


私は決めていました。


「話しやすい先輩になろう」
「優しい先輩になろう」
「嫌な思いをしたことを活かそう」


ところがどっこい現実は難しいのですね。




クラリネットパートの新1年生は4人でした。


多かった3年生が卒業し、
パートの人数は14人ほどになっていました。


新1年生に昨年まで自分たちがしていた仕事(こちらを参照)を引き継ぎます。


最初は誰でもそうですが、
仕事がうまくいかないものです。
この時の新1年生もそうでした。


しかし、
私はとんでもない怒り方をしてしまうのです。


「私達は3人で20人分の物品を扱ってきた!」
「あなたたちは4人で14人分をすればいいんでしょ」
「なんでできないの?」


もう最悪な先輩です。
最初の決心はどこへやら!
できなくて当然です!!
てか少なくとも1年生の頃の自分よりできてただろうよwww


当時の私は、
【どうしたら1年生の仕事がスムーズに行くようになるか】
ではなく、
【できないことそのもの】にしか注目してなかったんです。


当時は本当に申し訳ないことをしました。
戻れるなら謝りたいです。


自分が1年生のころはよく先輩たちから、
「うちらが1年の頃はもっと仕事多くて〜〜〜」
「あんたたち3人だから結構減らしてあげてんのに〜〜〜」
などと言われてました。


自分が1年生の頃嫌だったことを、
そのまま新1年生にしていました。


新1年生にとって先輩が1年生の頃なんて、
正直全然興味無いですよね。


そこと比べられても意味がない。
今起きている現実を見て対処しないと!!
辛かった自慢は無駄です!!


と、社会人になった今ではわかります。


人は辛い思いをしたぶん優しくなれる。
こんな言葉を誰でも聞いたことがあると思います。


私はこの言葉の通りの人は少ないと思います。
辛い思いをしたぶん、
相手にきつく当たってしまう人が多いのでは?


人は辛い思いをしたぶん、
他人にも辛い思いをしてほしくなる。


そんな気持ちが働くのではないでしょうか。
特に追い詰められた状況では。


形だけの「先輩」になった私は、
このまま卒業するまで暴走するのでした。