ももんがの飛膜

CT110と温泉と・・・怪しいオヤジの怪しいブログ

早川渓谷の紅葉を観に走る(CT200AG)①

 寒い一日でしたね~。でも天気は良かったので、バイクでお出掛けしました。

 

DSCN3929
今日もCT200AG。まだCT110の修復パーツ待ち。

 

DSCN3930
いつもなら二度寝している時間にスタート。

 

 これ以上早いと、あさのの通勤渋滞に巻き込まれれる恐れがあったし。風も昨日ほどはなかったのですが、それでもけっこう強くて、東進は追い風でバイクの性能が上がったような錯覚に陥ります。帰路は全く逆にエンジンの調子が悪いとしか思えないほど走りません。まぁ、この辺が所詮200ccと言えばそれまでの話し。

 

 気温は予報通り低くて、準冬仕様ですがちょっと寒かった。特に指先とひざ上。

 

DSCN3931
取り敢えず北上して、最短の島田から1号BPへ。

 

 平日って、幹線は土日よりも混んでいますね。トラックも多いし。決して走り易いワケじゃないですね。

 

DSCN3932
「道の駅 宇津ノ谷峠」でWC休憩・バイクは居ません。

 

DSCN3934
52号へシフトして、「道の駅 とみざわ」でWC休憩・バイクは居ません。

 

DSCN3938
更に北上して、今日の目的の一つ「上沢寺のさかさ銀杏」

 

DSCN3936
DSCN3937
今年はビンゴ!一番綺麗な時でしょう。

 国の天然記念物です。葉が下向きに付くという珍しい銀杏だそうです。兎に角大木で「黄色」が濃い!

 

DSCN3939
銀杏見物をした後、左折して早川渓谷を北上します。

 

 一般の車は多くないのですが、ダンプカーが多くて閉口します。この辺りのダンプは、まず道を譲ることはあり得ないので。昔、この道で自動の工事信号の赤(数分で交互に片側通行のやつね)の時、横から前に出たら、クラクションを鳴らされて幅寄せされるし、とんでもない所で追い越しをかけられるわでエライ目に遭いました。

 

DSCN3943
早川渓谷も秋の紅葉真っ盛りで綺麗です。

 

 思わずバイクを停めて写真を・・ってのが何ヶ所かありました。

 

 気温も低いのですが、晴れているしサッと温まって帰ろうか・・・と、いつも行く「奈良田温泉 女帝の湯」の手前の源泉かけ流しの露天風呂に入ろうと思いまして

 

DSCN3955
「西山温泉 湯島の湯」です。左に見えるのはバンバロー。

 

 「営業中」と看板があったので、当然「営業中」だと思ったら、何か工事の方が「今日はお休みですよ~。昨日営業したから」と。せめて「営業中」の看板外して、駐車場入り口辺りに「お休み」の看板出してもらいたいですね~。やはり何台か入って来る車が居ましたし。

 

 仕方ないので、そこから数キロの「いつもの日帰り温泉」へ行って見ますが

 

DSCN3947
手前のトンネル前で、あれっ?

 

 拡大してもらえれば分かると思いますが「雪」が降って来ました。

 DSCN3951

DSCN3949
温泉の駐車場に行きましたらカワサキのバイクが1台・・・。

 たぶん、良い気持ちでヌルヌル湯に浸かっている頃でしょう。まぁ、積もることは無いでしょうけど、このまま降ると二輪じゃスリップが怖いし、湯冷め確実だと思われたので入浴は諦めて下ることにします。腹も減ったし(つづく)。

断捨離中ですが・・・

 一雨ごとに寒さが増して来ていますね。近隣の「紅葉」もそろそろ最盛期になるのでバイクでお出掛けしたいのはヤマヤマなのですが、天気がイマイチで今日もお利巧に家で燻っていました。

 閑話休題。

 退職した職場の仲間(と言ってもワタシよりも先輩ですが)が是非「お遍路」の話しを聞きたいからと、12月に忘年会を兼ねた「報告会」を開くことになりました。報告会をするほどのことでもないのですけどね~。「歩いていたら、いつの間にか終わってしまった。」というのが正直な感想で、今でも「ホントに行って来たのだろうか?」と思うことがあります。何だか「行って来た実感」が無いのですよ。数年後(3年後)、65歳にもう一度通しで歩いてみたいと思っていますけどね。すでに「四国病」、しかも重症になっている可能性が高いですね~。

 転倒による痛みを言い訳に、相変わらず怠惰な生活を送っています。「終活」に向けて、身の回りの「モノ」を整理している毎日ですが、なかなか進みません。

 特に「本」「マンガ単行本」「衣類」。とりあえず本は段ボール箱に5箱ほどブックオフに出しまして、多少(じゃなくて少額)の換金。

 衣類は、無職になるとホントに不要になりますね。スーツやワイシャツ、ネクタイ、スラックス。古いモノやシミ・汚れがあるものはもちろん廃棄したのですが、きれいでましてやブランド品なんかは流石に捨てられません。まぁ、今後事務屋に復職することは考えられないので、何着か残して一気に処分したほうが良いのでしょうけどね。あと、山屋さんの時の衣類。けっこう高かったし丈夫なので捨てられずに取ってあるのですが、今はもっと良い衣類が出ているし、山登りを再開するにしても買い替えなくちゃならないでしょうから、これらも思い切って。バイク用の衣類もこれまた取ってありまして・・・。流石に革ジャンとか革パンは人にあげましたけどね。今思うと、よくもあんなに重い革ジャン着て乗っていたな~と。

 お遍路から帰って来てすぐなら「断捨離」出来たと思いますが、1ヶ月もすると世俗に戻ってしまい、「断捨離」が中途半端になってしまいます。思えばお遍路の最後の方では、下着1回分・タオル1本・手拭い1本・ポンチョ・スマホ・デジカメ・充電機器に財布、あとは参拝用品しか持っていませんでしたから。重さにして5キロくらいかな。遍路を始めた頃に比べるとたぶん半分以下だったでしょうね。歩き遍路って、お金とスマホさえあれば何とかなるんですよ(笑)。

 最も「断捨離」が進まないのが「マンガ単行本」。十代の後半に、白土三平の「カムイ伝」21巻を購入したのを皮切りに、いつの間にか数千冊。「ゴルゴ13」だけでも186巻ありますからね~。で、片付けるつもりで手を付けると読みだしてしまって、全く進まないのは当然で。このままだと床が抜ける可能性もあるので、片っ端から一度読んで処分しようかなと。

DSCN3927
初公開・自宅のウォークインクローゼットですが・・・。

 手前大型スライド本棚2つも含め、奥のプラ衣装ケースの中がほとんど「マンガ本」これでも全部じゃないんですね。数えるのが怖いのですが、5千冊くらいはあるかと。けっこうレアな本もあるので、ヤフオクへ出した方が良いかも知れません。

 この他に手付かずのプラモデルが100箱ほどありますし、こちらもどうにかしないとね~。

 明日は天気も良さそうなので、紅葉を探しに北上しようかと思います。起きれたらですが(笑)。

お遍路に行って来た №6(3日目その①)

 水曜日です。今日も温泉へ行こうかと思いましたが、痛みがかなり軽くなったので、買い物や家の片付けして一日が終わってしまいました。まぁ、少し雨もパラついたこともあって、お昼寝もしっかりして(笑)。ホント、そろそろ身体を動かし始めないと際限なくメタボへの道を邁進してしまいそうで(笑)。

 

 ブログに書けるようなことを何もしていないので、今日も「お遍路」の続きで。このシリーズ?は不人気らしくて、アクセスが2割減!(笑)。たぶん、この2割減した数が毎日来てくれる方なんでしょうね。まぁ、人気があるなしはあまり関係ないので、気にしないでブログを続けます。

 

 遍路旅の3日目その①となります。前日に十番まで打って、ビジネスホテル(と言ってもお遍路さん用?のビジネス?)に宿泊し、十一番「焼山寺」を目指します。

 

DSCN1163
前夜に購入したサンドイッチとドリンクの朝食。

 

 実はこの朝3:30に起床しまして、朝食後に入浴し4:30には暗い中をスタートしています。途中まではハッキリお遍路シールが確認できたのですが、暗いこともあって、気が付くとロストしていまして、南下しなきゃならないのを東に向かっていたらしく、阿波市内で見事に迷いました。その後も自分の地理感を信じて進みましたが、これが大間違い(笑)。十一番(藤井寺)までは8キロ弱なのですが、たぶん5キロほどは余分に歩いたかと。早朝スタートで良かったと言うか、意味が無かったと言うか。

 

仕方なく、スマホの「お遍路ナビ」を始めて使って進路を確認。この「お遍路ナビ(無料アプリ)」はスマホに3種!も入れて来ましたが、結局1つしか使いませんでした。みんなGPSを使った同じような機能だし。それでも迷った時は実に助かりましたね。

 

DSCN1164
DSCN1165
夜が明けてきて明るくなって吉野川を越します。

 

本来はもっと上流の「川島橋(沈下橋?)」を渡るつもりが、かなり下流の阿波中央橋を渡ることに。こっちはおもに自動車用ルートみたいです。

 

DSCN1167
何となく川の様子が静岡と異なりますね。

 

静岡県の大河って、上流にいくつもダムがあって、石ころの河原の中を幾筋か流れがあるって感じなんで。

 

DSCN1168
川を渡ったところでコンビニに寄ってコーヒーとドーピング。

 

DSCN1169
市街地を抜けて、藤井寺目指して田園風景の中を一人行きます。

 

DSCN1170
途中の農家の作業所?にもお接待所があります。

 

DSCN1171
遍路道の向こうにようやく十一番「藤井寺」が見えて来ました。

 

DSCN1172
DSCN1173
本堂と大師堂へ参拝を済ませます。

 

DSCN1174
こじんまりした八角堂が良い感じでした。

 

 参拝を済ませ、納経所で7:30に朱印をいただきました。この時間、ワタシ一人。こんなにお遍路さんて少ないのかな~?とちょっと不安にもなります。

 

DSCN1175
この藤井寺の境内から「焼山みち」が始まります。

 

 四国遍路道の中でも最難関と言われる、十二番「焼山寺」への通称「地獄の遍路転がし」へいよいよ足を踏み入れます。この時点でもまだナメていましたけどね(つづく)。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ