2011年12月

2011年12月28日

失敗 失敗!

いよいよ今年も残すところあとわずかになりました。

気持ちも何となくせかされます。

私たち日本共産党の地方議員は年末・年始は

とりわけ忙しい時期です。

地域の皆さんに、日頃の活動の報告をしながら

カンパのお願いをしたり、

「しんぶん赤旗」の購読をお願いすることも併せて

挨拶に伺うからです。

そんななか、昨日は大失敗!

朝8時半に家を出るときに布団を干しました。

「今日は良い天気だからお布団フカフカ。途中で2時頃に

帰ってこよう。」と胸算用をして出かけました。

ところが、ところが・・・・。

訪問先での話に花が咲き

様々な相談も寄せられて

そのまま夜の会議までずれこんでしまいました。

すべて終わって一息ついたらもう夜の9時。

ふっ、と気が付いたら

「あっ!大変だあ~!布団・・・・私の布団・・・。」

もう後の祭り。

キンキンによく冷えた(!)布団の中に電気アンカや

湯たんぽなど総動員して「あっため作戦」でした。

あきれ顔の夫。

でも自分の布団ではないのでとても冷静。

「布団の取り込み忘れぐらいで良かったよ。

大きな事故にご用心!」だって。

この程度で今年の「失敗おさめ」にしたいものですが・・・・。



momosukisuki0321 at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月26日

武蔵野線沿線

今日は南区鹿手袋(しかてぶくろ)地域の皆さんと

市の環境対策課に要望を届けました。

武蔵野線

JR武蔵野線は東京都、埼玉県、千葉県という3つの

都県を通っています。

乗客を乗せるだけではなく、貨物列車も走っています。

住宅のギリギリ近くも通るので

騒音や振動に悩まされている皆さんもたくさんいます。

列車が通ると、テレビの音が聞こえないことはしばしば。

親戚の人は、泊らないで帰るそうです。

私も先日

実際に列車が通った時に

この地域のお宅にお邪魔していて

その音量の大きさにビックリしました。

ところが 鹿手袋地域では音量の値を示すデータもありません。

まずは、さいたま市が騒音の程度を測定してほしいと

市に要望を届けました。

また 沿線の他の地域の人たちとも協力し合って

騒音を防止するために

できるだけ車両やレールを改善するよう

JRに対しても働きかけていこうと相談しました。 


momosukisuki0321 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月25日

師走の街で

今日は久しぶりに南浦和の商店街を訪問しました。

師走の商店街は

本来なら人がぶつかり合うほどの賑わいの筈なのですが

随分静かです。

シャッターが閉まったままのお店も何軒かあります。

いつもお邪魔する婦人服の専門店ではご主人が

「景気が悪いままもう何年も来てしまった。自分たちは

もう歳だから何とか年金で生きていけるかと思ってきたけれど

それさえも危ない。年金は減らされる、医療費は増える

そこへもってきて、今度は消費税増税だって?

一体 今まで何のために税金を払ってきたのか?

民主党という政党はどこまで嘘をつくつもりなのか?」と

語気を荒げていました。

行くところ、行くところで「消費税増税はとんでもない!」と

いう話で怒りが大爆発でした。

「でも 財源は大丈夫なの?」と質問も返ってきます。

「儲けている大きな企業には法人税を減税なんかする必要は

ありません。株の取引で大儲けをした金持ちにも

減税する必要なんてありません。

こういう所から、応分に税金を払ってもらえば税収はしっかり

増えます。これ以上庶民に負担を押し付けなくても大丈夫」

という話をすると、皆さん納得!

「ぜひ それをやってください。」と言われました。

来年は 早々にも総選挙の様相です。

99%の私たち庶民が力を合わせて政治を変えましょう。

商店街訪問で、「共産党を大きくしてください!」と

しっかりとお願いをしてきました。

南浦和道路左の写真は

南浦和駅に続く道です。

3.11の震災で道路が酷く傷みました。

商店の皆さんと一緒に

市に要望して、こんなに綺麗になりました。

とても喜ばれたので、パチリと

記念に写しました。


momosukisuki0321 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月22日

市議会最終日、討論に立ちました

さいたま市議会12月議会、いよいよ今日は最終日でした。

私は日本共産党市議団を代表して、様々な議案や請願、意見書などに

ついての「討論」に立ちました。

2011 12月本会議

日本共産党の持ち時間は16分。

文字数にすると4000字を超すものですが

この中身には

●学校給食食材の放射能検査 ●国保税の引き下げ ●30人学級

●岩槻小児医療センター存続 ●公共施設運営の委託問題

●市民税の「証券優遇税制」 等々、

市民のくらしと密接にかかわる問題についての意見が盛り込まれています。

2011 12月本会議4

「討論」は このように議員席に向いて意見を述べます。

最初は緊張していましたが、

市民が福島原発事故で、放射能汚染について

特に 子どもの給食が安全であるかどうか

大きな不安をもっているのに

共産党以外の会派が

「給食食材の検査を求める請願」に反対したことや

2万2千筆を超えて提出された「少人数学級実現」の

請願も 「不採択」にしたことなどについての原稿を読み上げているうち

力が入ってきて、段々怖い顔になっていったようです。

2011 12月本会議3

やっぱり、なかなか「にこやか」にはしていられない様相の

12月議会でした。

議会の中身については、今後 日本共産党市議団は

ニュースや「議会報告会」、街頭宣伝などで

市民の皆さんに広くお伝えしていきます。

私も「もりや千津子ニュース」などの紙ベースでも

街頭や駅頭宣伝などでもしっかりとお伝えしていきます。

それにしても

「市民の願いを真っ直ぐ市政に届ける」のは

日本共産党の市議会議員7人だけ、とまた強く実感しました。





momosukisuki0321 at 22:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月19日

放射能対策で申し入れ⑥

今日は日本共産党市議団として、

市長に放射能汚染に対する第6次申し入れを

行いました。

6申し入れ

とても具体的な8項目です。

1、健康科学研究センターで行われている食品の放射線量
測定について、検体数を抜本的に拡充すること。


2、学校給食の食材や給食そのものの検査を行う体制と
  測定器の配置をすすめること。

3、地下水や井戸水の放射線量測定を行うこと。

4、食品や水など放射線量測定を行う民間団体などに
補助を行うこと。

5、除染基準について、毎時0.19マイクロシーベルトに
厳格化すること。

6、母乳のサンプル検査を実施すること。

7、児童・生徒の尿のサンプル検査を実施すること。


8、各行政区で貸し出している測定機器を増やすこと。


戸島議員が所要で参加できなかったのが残念でしたが

女性議員が3人、特に母乳の検査については

「子どもを産むことも不安な状況。母乳が安心して

飲ませられるかどうか、市がせめてサンプル検査を行うべき」と

強く迫りました。

申し入れ2

そして、「子どもの尿もサンプル検査すること」

これも初めての要請です。

野田首相が”収束宣言”して以降益々、放射能汚染への

不安は広がっています。

私たちの申し入れも回を重ねて中身も変わってきています。

子どもたちの健康を心配する

多くの若いお母さんたちや、女性団体の皆さんたちと

力を合わせて頑張ります。



momosukisuki0321 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加