2014年03月

2014年03月30日

住民参加で別所沼のかいぼりが行われました

あいにくの雨模様でしたが

別所沼のかいぼりが取り組まれました。

別所沼かいぼり当日 (47)


事前に申し込んだボランティアの市民の皆さんの中には

子どもさんの姿も見えました。


別所沼かいぼり当日 (13)

市職員からの説明を受けた後

いよいよ作業のスタートです。

1か月ほどかけて水抜きが行われた沼に

漁友会の皆さんが船を出し投網で魚を引き上げます。

別所沼かいぼり当日 (33)

レンギョなど外来種の魚もたくさん捕獲されました。

別所沼かいぼり当日 (41)


市民ボランティアの皆さんも次々とゴミを拾い

リアカーで運び出します。

別所沼かいぼり当日 (50)

自転車やタイヤ、木片、金属片等々・・・

次々と運び出されます。

別所沼かいぼり当日51

開始後1時間半ほどで、予定されていた作業は

ほぼ終了。


今後は3か月間ほど天日干しして

リンなど水質悪化のもととなる物質を取り除きます。


今回の別所沼のかいぼりは

別所沼有史以来初めて取り組まれた事業ですが

実施にこぎつけるまでには容易なことではありませんでした。

そして、引き続き今後の経過をみていかなくてはなりません。


このかいぼり作業は当初

市職員と業者だけで行われようとしていました。

けれども

「市民参加の取組に」という住民要望に沿った取組になったことは

大きな前進と考えます。


「別所沼を守る会」など市民の皆さんの

献身的な運動で今回のかいぼりも実現しましたが

議会での活動も連携して頑張ってきました。


この先も住民運動と議会の連携は

住民要望実現に欠かせない大テーマです。


私も一緒に頑張ります。

別所沼かいぼり当日 (30)


momosukisuki0321 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月29日

通学路は安全ですか?

先日 この春から中学校にお子さんが通うことになった

お母さんたちから

「通学路が暗かったり、色々安全面で心配」と

相談が寄せられました。


昼間のチェックではわからないので

クラブ活動が終わって、下校する時間帯に合わせて

ウォッチングすることにしました。

お母さんたちは下のお子さんも連れての参加です。

午後6時スタート。


区画整理地内ということもあり

交差点には信号機もカーブミラーさえもありません。

通学路ヲッチング (1)

急坂を降りると

用水路が続いていますがフタかけがしてありません。

お母さんたちの話では

「やんちゃな子が落ちたことがあってフェンスだけでは心配」。

考えるとゾッとします。

通学路1

ほとんど陽は落ちて辺りには灯がありませんが

2人の生徒が下校途中です。

通学路ヲッチング (13)

ここからさらに15分ほど歩いてやっと中学校へ。

通学路ヲッチング (15)

ウォッチングしてみてわかった通学路の問題点です。


街灯を整備すること、

あちこちにある死角をなくすこと

用水路や側溝のふたかけを徹底すること 等々

教育委員会や道路管理などの担当課とこれから

交渉を始めます。


子どもたちの安全は

すべての大人たちの責任であり願いです。



momosukisuki0321 at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月28日

この国の主人公は誰?自民党憲法草案

今日の東京新聞1面には感心しました。

東京新聞


自民党が2012年に発表した

現憲法を改定して新たに作り替えたいとする

憲法草案についての記事です。


現憲法は国家権力が勝手に戦争などしないよう

権力の手足を縛って,

そして権力に様々な義務を負わせる。


そして 国民には幸福権を始めとして

たくさんの権利を保障している。

つまり、現憲法では主人公は国民で

一番大事にされているのも国民です。

雑駁(ざっぱく)ですが、それが立憲主義です。


ところが 自民党の改憲草案では

国民の義務規定を10以上も増やしています。

例えば、国旗・国家を尊重し、他国の攻撃や地震など

緊急事態時には国の指示に従う、等々・・


もし自民党の改憲草案が新しい憲法となればどうなるか、

一ツ橋大学の阪口正二郎教授は

「権力がどんどん好きなことをして、

国民の自由はどんどんなくなっていく。

社会は重苦しくなる。」と言っています。


祖父や祖母、父母から聞き伝えられてきた

戦前、戦中のあの暗い時代と重なります。

「お国のため」というあの言葉が

再び繰り返されないよう力を合わせましょう。





momosukisuki0321 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月24日

武蔵浦和駅、船橋方面ホームにエレベーター設置

このブログでは

南浦和駅エレベーター問題は度々アップしてきましたが

武蔵浦和駅については

ほとんど取り上げてきませんでした。


「もりや千津子のロハス日記」を読んでくださった方が

武蔵浦和駅のバリアフリー化問題は

一体どうなっているの?というコメントを寄せてくださいました。


そうでした、うっかりでした。


武蔵浦和駅も前進がありました。

武蔵野線、西船橋方面行きに乗るためには

今まで、エレベーターがありませんでした。

これではバリアフリーの駅とは言えません。


「南区西・住みよい町をつくろう会」という住民団体が

JRとさいたま市に度々要望をあげていました。

私も「まちづくり委員会」で取り上げてきましたが

先日3月17日にかねてから行われていた設置工事が

完成してご覧のようにエレベーターができ上がりました。

武蔵浦和2

私は先日20日に乗ってみましたが

真新しい塗料の匂いもしています。


エレベーターから埼京線に向かう通路は

細くてあまり通行人が多くないので

少し淋しい通路であることが気にはなりますが。

武蔵浦和1

いちにち約10万人近くの利用者がありながら

今までバリアフリー化が完成していなかったために

とても使いにくい駅でした。


武蔵浦和駅については

改札口付近の混雑緩和をはかり

安心して使える駅にするために

武蔵野線側に新改札口を設置してほしい、と

前述の住民団体の皆さんが頑張って

署名運動にも取り組んでいます。


私も行き続き、議会のなかでも頑張ります。


momosukisuki0321 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月22日

南浦和駅エレベーター、大宮行ホームはついに完成


待ちに待った南浦和駅エレベーター 京浜東北線、

大宮方向ホームに ついに完成しました。
 

駅エレベーター2

子どもさんを連れてバギーを引いた親子連れが

 「本当に良かったです」とにっこりして

写真撮りに協力してくれました。

駅エレベーター完成1


私も早速乗ってみましたが

まだ塗料の臭いがして「できたて」を実感しました。 


駅エレベーター3
 
次の設置工事は東京方向のホームです。

もう工事は始まっていますから

 順調に進めば秋ごろには完成でしょうか。

下の写真は、通路上の東京方向エレベーターが

工事されているところです。


 
駅エレベーター5

 いよいよ改札外側の工事が具体化されるのを 今か、今かと

私を始めとして 皆が待っています。

 さいたま市の2014年度予算には

 先ず西口への設置工事に1億7千万円が 計上されています。

 西口の設置場所はこのあたりでしょうか?

 
駅改札内エレベーター (1)


 長く長くかかっている南浦和駅エレベーターです。

南浦和駅バリアフリー化に向けては

たくさんの住民や利用者の皆さんの

切実でごく当たり前の要望にもかかわrず

固い固い扉がなかなかこじあけられませんでした。

寄せられた署名は1万筆を越えています。

まだまだ予断を許さず、途上にありますが

 すこしずつ現実の形となりつつある姿を見て

 ホッと胸をなでおろしています。


 後は残る3つの課題

 ・東西口を24時間結ぶ自由通路の確保

 ・東西口にバリアフリートイレ(みんなのトイレ)の設置

 ・混雑緩和のために北口改札の設置

 これもまた 頑張って皆の力で実現させましょう!


momosukisuki0321 at 22:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加