2014年05月

2014年05月31日

今、精神障害者の家族は

今日は、さいたま市精神障害者家族会連絡会の

総会に参加させて頂きました。

精神障害者家族会


12回目の総会ですが

私にとっては初めての総会の場です。

保健福祉委員会から議員は4名の参加でしたが

一方通行の来賓挨拶ではなく

参加者から行政や議会に対して要望や意見があげられたことは

双方にとって、とても有意義でした。


少なくとも、私にとっては

日頃、生活相談活動などを通じ精神障害をもつ患者の皆さんと

ご家族の苦労を身近に見てはいますが

家族の会連絡会としての活動やご苦労については

ほとんど知る機会がありませんでした。


年々増加傾向にある精神障害者、

けれども国や行政としての施策は本当に遅れています。

他の障害者施策と比べても

置き去りと言っても過言ではない現実です。


長く薬を飲み続けるために内臓疾患を併発したり

ひきこもりなど、長期間にわたって本人と家族がともに苦しんでいます。


医療費補助や居場所の確保など

行政の手立てが急がれます。


総会資料の中の要望書を見ても、その一端が伺えます。

市は「厳しい財政状況のなか・・・」と回答していますが

実現にもっと前向きになるべき、と考えます。


そして、財政的措置が伴わなくても

解決できる問題も今日の総会の場では提起されました。


今、国会では「医療・介護総合法案」が審議されているときです。

この法案が実施されれば

益々 医療も介護も削減です。


今、障害をもたない人も、いつどんなことが起きるかわかりません。

そして障害の違いはあっても

安心してくらせる社会の実現はみんなの願いです。


今日はとても勉強をさせて頂きました。

また、具体的にすぐ私がやらなければならないことも

はっきりしました。


家族会の皆さん、ありがとうございました。



momosukisuki0321 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月25日

画期的判決が!大飯原発再稼働差し止め

先日21日の福井地裁における判決

大飯原発3,4号機の再稼働差し止めは

あの感動から少し時間を経て益々

意義の深さを実感して

どれだけ多くの人たちを励ましたことかと

胸を熱くしています。

原発差し止め

判決では、

人の生命を基礎とする人格権をもっとも尊重、

これを超えるものは他に存在しないと、断定した上で

「国富の喪失」とは経済効率の低下などではなく

「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることで

それを失うこと」と述べています。


本当に格調高い、人間の幸福感の本質に迫っているもの、と

受け止めました。


原発事故の危険性については

自然の前における人間の能力の限界を示すもの、として

様々な想定をしても不十分である、と述べています。


判決は

人格権が侵害される恐れがあるときは

その侵害行為の差し止めを請求できると断定しました。


今 全国で48基ある原発はすべて停止していますが

そのうち18基については、

電力会社などが再稼働を申請し、

原子力規制委員会が審査を進めています。


今回のこの福井地裁の判決は

人間がするべきこと、してはならないことに

鋭く迫っています。


国も電力会社もこの判決を重く受け止め

この国で決して再び原発が稼働することがないよう

強く望みます。



momosukisuki0321 at 07:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月23日

内谷5丁目公園、いよいよ具体化に向けて

内谷5丁目地域はさいたま市内の中でも

公園が特に不足している地域です。


地域住民からは「近くに公園をつくってほしい」と

要望があがり,

私も何度も議会で取り上げました。


皆さんの運動で要望が実現して、今年度予算で

県教職員住宅跡地を買い取り

公園建設が始まることが明らかになりました。


先日、地域の皆さんが

公園建設の具体的な中身について、の要望をもち

担当課と懇談を行いました。

内谷公園


予定地近隣の皆さんからのアンケートを集約

具体化への要望を提出しました。


内谷5丁目公園(名称は未定)は

平成26年(今年度)用地の買収、27年度現建物の解体と設計

平成28年度に工事着手の見通しです。


momosukisuki0321 at 22:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月22日

武蔵浦和駅、武蔵野線側に新改札口を

武蔵浦和駅周辺は年々人口が増加して

駅の利用者も増え続けています。


けれども改札口は1か所だけ。

バリアフリー化も遅れていて

武蔵野線西船橋方向へのエレベーターができたのは

この3月です。


「南区西・住みよい町をつくろう会」という住民団体は

武蔵浦和駅の改善を要望して

1か月に1回、駅前で署名運動に取り組んでいます。


今日は駅の中を皆でウォッチングして歩きました。

駅視察

その後、5時から1時間

定例の署名活動です。

参加者が交互にマイクで訴えるのもこの「会」の強みです。

武蔵浦和駅署名

一日も早く

武蔵野線側に新しい改札口を作らせたいものです。



momosukisuki0321 at 20:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月20日

甲状腺がんが50人にも・・・福島の子どもたちは今

福島県では,

震災当時18歳以下の子どもたちに対して

2度にわたり甲状腺がんの調査を行ってきましたが

先日その結果が公表された。


新聞各紙によると

前回調査(2011年12月)より、その数は17人増えて

合計50人にものぼることがわかりました。


国立がん研究センターによると

10代の甲状腺がんは100万人にひとりということです。


しかし、環境省は

「福島以外の子どもたちの甲状腺がんを調査したところ

約4400人にひとりの割合。福島の場合と変わらない。

このことから、福島の子ども50人の甲状腺がんは

放射線の影響とは関係ない」と言っています。


まるで準備されたかのように

判で押したかのように

「放射能の影響はない」とする政府のコメントです。


子どもの命に関して

あまりにも無責任で冷たいコメントに対して

怒りと失望でいっぱいです。


折りしも、漫画「美味しんぼ」が

事実と異なり「風評被害を招く」として

連載休止となりました。


問題は、本当に「風評被害」なのか?

実際に放射線の被害はないのか?

これこそを、国が正確に調査して

事実を国民に公表する、情報を提供することこそ

大事ではないでしょうか。


「臭いものにフタ」では国民や子供たちの

命を守る責任が果たせません。



momosukisuki0321 at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加