連休後半中日の4日、お世話になっている浅草のカフェ、Gallery efの「チーム銀次 赤銀デビュー号」として飯舘村へ。

※チーム銀次の活動にご支援いただいている多くの方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。今回、飯舘村へお届けしたフード類の多くは5月26日までエフで行われている上村雄高さんの写真展にお持ち寄りいただいたものです。たくさんのご支援、ありがとうございます。
http://ginji1124.exblog.jp

ワンニャンの給餌とお散歩が目的です。

これまで家庭の事情(もも)により行けずにいましたが、うちの大家さんのサポート(朝晩のもものお世話を引き受けてくださいました)により念願叶って初参加。

今回のメンバーは4人。うちお二人は何度も飯舘村へ通っている方。心強い!

さて、深夜都内を出発した赤銀デビュー号は常磐道を経て飯舘村へ。

山桜?がきれいに咲いていました。
image


1軒目でニャンコに給餌し、2軒目のゴン太お宅に着いたのが(途中寄り道しつつも)午前7時。
絶賛大歓迎のゴン太でしたが、車があり飼い主さんが帰宅されているご様子。あまりに早い時間でしたので寄らずに次へ。

と、このあとワンニャンと戯れるのに夢中になってしまったワタクシ。
気がつけばロクに写真も記録もとらずT_T
故に以下も記録ではなく、ワンニャン(というかワンコ)戯れ記であることをお許しくださいm(_ _)m

小宮ではウワサのwワンコ4頭のお散歩。
引きが強いとのことでしたが、楽しくお散歩してきました。

紅一点のナナちゃん。
image


うたちゃんちもお父さんとお母さんが帰宅されていました。
image


ボランティアさんがご飯のストックにと置いてくださっているケースを開けてしまう食べてしまう野生動物が出ているとか…
コレを開けてしまうのです
image


フレンドリーなコチラのワンコ宅には飼い主さんおらず。お散歩不要ということでその場で思いっきり遊ぶ。ウエットのフードよりも人!私たちの姿を見送り食べ始めました。寂しいんだね。ご飯より遊びたいんだね。
image


先輩方に教えていただきながらワンニャンのお相手。ワンコはまあ何とかわかりますがニャンコとなるとどんだけご飯をあげていいのかもわからず右往左往のワタクシT_T

「サロン」でニャンコにご飯をあげてニンゲンも給餌タイム。
帰宅されている方もいらっしゃるのにあまりに静かな街。
image


ゴールデンウイークということで多くの方が帰宅されていました。同行の先輩方もこんなに飼い主さんたちに会ったのは初めてとのこと。
ある飼い主さんが「大雪の後、避難先から半ば諦めかけて家に戻ると犬の声がした。ふと見るとかんじきの跡があって。みなさんには感謝してもしたりない。本当にありがとう」と涙を流しながら頭を下げられていました。もちろん私たち4人が当のかんじきの方々ではないことはわかっていらっしゃるのですが、それでも。

伊丹沢では、震災後、神戸から福島に移住し、ワンニャンの給餌やボランティアの調整をされている日比さんと合流。静岡からいらしているしんちゃん・愛ちゃんにも偶然お会いできました。
「昨日行ったところでも行って欲しい。時間差であれば同じ日に行ってもかまわない」と日比さん。
ニンゲンと一緒に暮らしている時はそれが当たり前だったこと。ご飯さえあればそれでいいってことでは決してないのですよね。
http://s.ameblo.jp/t-hibidas/entry-11841312075.html

臼石のクーちゃん。お散歩不要のワンコですが、人懐こくてかわいくて。お散歩に行かないならせめてスペシャルマッサージでも。メロメロになり腹見せ大サービスまでしてくれました。
しかし人懐こい子ほど見送る視線は寂しい。バックミラー越しに見えたクーちゃんの表情が心に刺さりました。
image


村内の至るところで除染が行われていました。ここでこの子たちは暮らしている。美しい景色の中に不釣り合いの黒い汚染土の袋が現実の厳しさを物語っていました。
image


ひたすらワンニャンと戯れ、気がつけば日暮れ。

帰りも大した渋滞に巻き込まれることもなく無事に帰京。
阿武隈SAで食べたもずくラーメンが美味しかった…
image