2011年11月

2011年11月25日

paniponi111125
本日2011年11月25日。
「ぱにぽに」という作品の単行本最終巻が発売になりました。
店舗購入特典は以下のとおりです。
□ぱにぽに17巻 ゲーマーズ「姫子&ベッキーブロマイド」
           とらのあな「ベッキードレス姿ポストカード」
□月刊BIGガンガン ゲーマーズ 氷川先生新連載の「CANDY POP NIGHTMARE」ブロマイド
□迷い猫オーバーラン!11巻 イラスト担当した氷川先生「ちせ ブロマイド」
でした。自分が捕捉している限りはこれだけのはず…です!
久々のぱにぽに祭りだったので、本当に嬉しかったです。

さて本題です。ありがとうの気持ち。

僕とぱにぽにという作品との出会いのきっかけは自分が高校時代でした。
とある漫画に詳しい友人に「たぶん君(管理人)には、これが面白いと思うよ」と勧められたのがきっかけでした。
お恥ずかしながら、ぱにぽにはもちろんのころGファンタジーや氷川先生も存じあげない高校生だったもんで
1巻を買ったらこれにドハマリし、すっかりファンになり、なけなしのバイト代で全巻購入しました。
その後このブログを始めて「アニメ化するまで応援するブログ」になったり
そしたらほんとにアニメ化したり、アニメ本編のセリフをtxtでブログにupしたり
シャフトさんには自分のハガキを何度も採用していただいたりました。
ほんとですよほんとに。ぱにぽにがなかったら僕はというかこんなブログなんかやってなかったと思います。
僕の青春に活力を与えて頂きましたよ。「ぱにぽに」は!

そんなぱにぽにが最終巻…。
GFでの連載終了時のブログにも書いたかもしれませんが
本当に僕の青春の1ページでした。
ことブログに関してはぱにぽにのためにやっているのようなブログでした。
それと、
「ぱにぽに」がかけがえのない出会いをくれました。
この「桃月学園Blog」はみなさんのコメントやらメールやらで励みになりました。
中には交流もあり、ここから何人もリアルに友達もできました。
この友達との出会いは、「ぱにぽに」が僕とその友達たちとを引きあわせてくれました。
ぱにぽにがきっかけの友達ができたなんて、僕らだけなんじゃないかとも思います。

月日は流れて今や自分も社会人。
学生時代のノリから、青春を彩ってくれた「ぱにぽに」からいよいよお別れする時が来てしまいました。
あいや!でも!
僕の心のなかにはずっとぱにぽにはあります。
そこには桃月学園があって、1年C組があって、ベッキーたちがいて・・・。

言葉に表せないほどの気持ちがいっぱいなのですが、素直に書くなら
「本当にありがとう。そしてこれからもずっと忘れないよ」でしょうか。
感謝してもしきれないですが・・・。
作品を生み出してくれたありがとう氷川へきる先生ありがとうざいました。お疲れ様でした!
スクウェア・エニックスさん、Gファンタジー編集部のみなさまありがとうございました!
アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」を制作してくれた新房監督をはじめ、アニメスタッフ、シャフトのみなさま、声優のみなさまありがとうございました!


最後に
最終巻17巻の帯にも書かれていますが
この言葉で!

「『ぱにぽに』よ、永遠なれ。」

サンキュー!ぱにぽに!

ありがとう!またね!



追伸:シャフトさん、スタチャさん。お忙しいかとは思いますが
ぱにぽにだっしゅのBlu-rayBOXなんてのはいかがでしょうか?
あわよくば、また新作OVAなんてのもいかがでしょうか?
その日を心待ちにしております。

(23:20)