もむーびー2号館

ドラマや映画を中心としたレビューブログ。

Jカッコ良かった!『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#11 感想

キャッスル2

『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き シーズン2』基本データ

原題:『Castle Season2』
別題:『キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~ シーズン2』
放送日程:2009年9月~2010年5月
放送局:アメリカ・ABC


 
第11話「5つ目の銃弾」あらすじ


画廊のオーナーであるフィンクが銃殺体で発見された。店内を囲む白い壁には、彼の血が方々に飛び散り、真紅のまだら模様を描いていた。
 


感想
  
評価:★★★★☆

画廊のオーナーが殺された事件。目撃者が記憶喪失の男だった!!


記憶喪失の男・Jかっこよかったなあ。

イケメンというわけでもないんだけど、人の良さが顔ににじみ出ているというか。

素敵だった!犯人じゃなくてよかったな。


Jの正体がわかるまでの過程も面白かった。精神疾患の女が妻のふりして来たのは恐怖だったなw

あんな熱いキスまで!涙が出てたのは、アレルギー反応だったんだねw

結局画廊のオーナーは無実なの?

海外にニセの絵を売っていたのは新人アシスタントの仕業ってことは、オーナーはやってなかったってことだよね。

絵がニセかどうかはアシスタントが証言していたことだし。


キャッスルとベケットが、Jが犯人と決めつけずにしっかり調べてくれてよかったな。

あのままだと何の真実もわからず、Jが罪を償うことになっていた。冤罪をうむところだった。

やっぱり物的証拠だけじゃなくて、何故そんなことになったのか?動機も大事だね。


最後Jの記憶が戻らないのは意外だった。アメドラらしいかもしれない。

日本のドラマだったら戻ってるだろうなあ。でも、妻と復縁できてよかったね!
 
評価:★★★★☆

 
 
CAST&STAFF
 
キャスト
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
モネ・メイザー
ケン・バウマン
ジュリアナ・ディーヴァー
アリー・グロス
マイケル・トルッコ


スタッフ
企画:アンドリュー・W・マーロウ
脚本:ロバート・ダンカン
制作局:ABCスタジオ
    アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー
    ビーコン・コミュニケーションズ
    エクスペリメンタル・ピクチャーズ



アレクシスは仕事もできる!『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#10 感想

キャッスル2

『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き シーズン2』基本データ

原題:『Castle Season2』
別題:『キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~ シーズン2』
放送日程:2009年9月~2010年5月
放送局:アメリカ・ABC


 
第10話「二重生活の末に」あらすじ


アパートのダストシュートで、血まみれの男性の遺体が、ゴミの中に埋もれていた。身分証明書によれば、コネチカット州在住のサム・パーカーだった…はずだが…。
 


感想
  
評価:★★★★☆

やっぱりアレクシスがいい子すぎるー!!!

この話、キャッスルとベケットよりも事件よりも何よりも、アレクシスがいい子だから見てるようなもん。

毎回アレクシスのエピソード入れているのもわかってるわ。

それにしても、この子真っ白だなあ…髪の毛も根元から綺麗だから地毛なんだろう。


アレクシスがいい子なだけじゃなくて、仕事もできるんだね。

これからどんな仕事についてもうまくやっていけそうだ。

お掃除もパソコンのウイルス退治も捜査もできるなんてね!将来有望だわ。


事件は、CEOが企業スパイを殺した事件。

リサイクル会社って言っておきながら不法投棄していたなんて最悪すぎ。

しかもそれを突き止めた男をCEO自ら殺すなんてすごい会社だ。


真面目そうな男は、ちゃんと信念をもった人だったんだね。

奥さんは自分のほかに女がいるなんて思ったりしたくなかっただろうけど、最後は誤解がとけてよかった。


企業スパイを誘惑した女のドヤ顔がよかったw

ドヤ顔すごいなーwと思ったらそれをキャッスルが突っ込んでたからスッキリした。
 
評価:★★★★☆

 
 
CAST&STAFF
 
キャスト
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
モネ・メイザー
ケン・バウマン
ジュリアナ・ディーヴァー
アリー・グロス
マイケル・トルッコ


スタッフ
企画:アンドリュー・W・マーロウ
脚本:ロバート・ダンカン
制作局:ABCスタジオ
    アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー
    ビーコン・コミュニケーションズ
    エクスペリメンタル・ピクチャーズ



美しいコールガール『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#9 感想

キャッスル2

『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き シーズン2』基本データ

原題:『Castle Season2』
別題:『キャッスル~ミステリー作家のNY事件簿~ シーズン2』
放送日程:2009年9月~2010年5月
放送局:アメリカ・ABC


 
第9話「ダントンは誰だ?」あらすじ


運転中の車のボンネットに突然、男性の死体が落ちてきたと通報があった。目の前のビルの屋上から、被害者の所持品とみられる鞄と片方の靴が見つかり、身元は地方検事補ジャック・バックリーと判明。
 


感想
  
評価:★★★★☆

キャッスルをバーで殴った人かわいかったなwキャッスルが助けたくなる気持ちもわかる。

手錠をとったのすごかったわ!ぜひ鍵屋として頑張って欲しい。彼のおかげで事件が解決したようなものだし!


検事補のところで働いている女性やたらカワイイと思ったらコールガールだったのか。

そして、コールガールというだけじゃなくて、元締めにまでなっていた。

美人っていうだけじゃなくて、頭もよかったんだな。その美貌と頭脳を他のことに使えばよかったのに。

キャッスルとチューなんてするから怪しいと思ったけどやっぱりハニートラップだったか。
可愛かったなあ。。


検事補も、真面目が服を着たような人なんて言われていたのに、売春斡旋なんていうものに手をだすとは。

しかも自分の権力を利用して犯罪を犯していたんだね。


自分が車を運転していて、突然ボンネットに人が落ちてきたらトラウマでもう運転なんてできなくなるな。あの2人面白かったw


キャッスルはアレクシスの秘密が真面目な話でよかったね!どんだけいい子なんだアレクシス!

キャッスルの言うとおり、完璧な娘だ。キャッスルのだめなところを何も引き継いでいないじゃないか。w
 
評価:★★★★☆

 
 
CAST&STAFF
 
キャスト
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン
モネ・メイザー
ケン・バウマン
ジュリアナ・ディーヴァー
アリー・グロス
マイケル・トルッコ


スタッフ
企画:アンドリュー・W・マーロウ
脚本:ロバート・ダンカン
制作局:ABCスタジオ
    アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー
    ビーコン・コミュニケーションズ
    エクスペリメンタル・ピクチャーズ



記事検索
ギャラリー
  • Jカッコ良かった!『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#11 感想
  • アレクシスは仕事もできる!『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#10 感想
  • 美しいコールガール『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#9 感想
  • 華麗なる一族の事件『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#8 感想
  • 歌詞に込めた意味『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#7 感想
  • 本気のヴァンパイア仮装『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#6 感想
  • ひどい医者!!『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#5 感想
  • 本気になったせいで…『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#4 感想
  • 哀しい事件。。『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~ シーズン2』#3 感想
タグクラウド
  • ライブドアブログ