昨日のことです。夕食後こたつでちょっと横になっていたら、ついウトウトとしていたようで、気がつくと早10時前でした。いつものことで (^^ゞ つけっぱなしのTVでは現在の学校事情について番組が始まるところでした。TV東京の「ガイアの夜明け」という番組。時々興味深い内容があり私的には好きな番組です。昨夜の内容は東京の例ですが公立中学の現状と色々なことへの取り組みについてでした。安部政権になってから最近の教育改革は「ゆとり教育」から「学力向上」へという路線を進んでいます。東京では「ゆとり教育」が始まって以来私立中学への受験熱が右肩上がりで公立中学は大変なことになっているそうです。会社でいうと完全に経営難の状態です。そんな状況の中で公立中学を立て直すためにどんなことをやっていけば良いのか。学校の運営を某有名会社の経営陣に任せる。先生たちには指導のみならず、運営にも携わってもらう。土曜日の補習の指導を学習塾or予備校にお願いするetc。諸々の試みがすでに始まっています。現場の先生は「今の生徒は淡白、ちょっと難しいと考えたくない、授業中に寝ている」と言っていました。こんな子どもたちの学力を向上させるためには方法、手段を選ばない。子どもたちの学力が向上するのなら何でもやる。と言っている校長先生もいました。ちょっとだけ軽い気持ちで何気なく見たTV番組でしたが・・・ついつい最後まで見てしまいました。すっかり頭が目覚めてしまい・・・その後お風呂に入りながら、自分の教室の生徒たちの顔が思い浮かびます。あの子の学力を伸ばすにはどんな方法があるのかしら?この子のやる気を出させるには?私も手段を選ばないんですが・・・まだまだ意外な方法があるはずなんですが