私の小さな一日

気が付けば60代です。 人から見てどう映っているのかは分かりません。 でも私は幸せな時間を積み重ねて来ました。 自分なりの幸せな時間です。

20190524_153327



初めて作った

ハンバーグのたねを先ずはまあるく丸めた

さてこれを揚げようか茹でようか

大きな雪平鍋にたっぷりのお水を沸騰させて

ぽかぽか浮いて来たものから順に

引きあげる

次にフライパンに少量の油を引いて

これらに焼き目を付けた

仕上げはケチャップとソースで

ころころ転がして絡めて行く

一つ味見したらとっても美味しい

こんなに簡単に美味しいミートボールが出来るとは思ってなかった

孫達が喜ぶだろう



今朝散歩の時愛犬の足取りが良くない

元気だけど15歳だからなぁ

私も同じだけど今まで当然の様に出来ていたことが

難しく感じる

そんな感じかなぁ

寂しいし、心配だったが

コースを変えた途端

どんどん歩き出した

私を引っ張るように進んでいる

あ~良かった

毎日同じコースで飽きたのか

お互い毎日のマンネリの生活に少しでも

刺激を与えて楽しく過ごしたい

一緒にね









20190523_162104


つわをもらった

スーパーで陳列されていても

自分で買う事は先ず無いから

扱い方を忘れていた

ネットで調べて油揚げと一緒に炊いた

味見したが

やはり今でもそんなに好きな味ではない

独特の匂いがちょっと苦手だ

昔母はこれを大鍋一杯炊いていた

晩ごはんにドーンと盛られたつわを

ちょっと残念な気持ちで眺めていた

母はそれを知らなかっただろう

今となっては

懐かしい母の味だけど・・

やはり母の様に上手に炊けなかった

多分孫達も箸を伸ばさないだろうなぁ


保育園では運動会の練習が行われている

今日は園外から日傘をさして

二人の様子を見た

さきは恥ずかしがり屋で個人の演技は全くしないらしい

昨日ママに少しでもやってみてと

はっぱをかけられた

運動会まで三週間ある

頑張ってくれるのではないだろうか?








DSC_0295



5月8日で15歳になった

あの日あの時間にスーパーに行ってなかったら

この子と家族となる事はなかったのだ

4匹が居た段ボールの中

最後に残った一匹がこの子だった

あれから15年だ

我が家に来た時は正に

白いぬいぐるみの様な子犬だった

それがこんなにも素敵な大人の女性となった

人間で言ったら彼女はお人よしだと思う

人懐っこいので近所の方にも可愛がられている

いつも家族の中心に居て皆の関心を集めて育った

皆がこの子に癒されているのだ

20190521_204632


ボランティアの方におそらく8月1日生まれだと知らされた

だからもうすぐ12歳になる

愛犬と違ってこちらはただひたすらに

私にだけ愛情を向ける

どんな時も私の姿を探す寂しがり屋さんだ

愛犬と愛猫と私

みんな仲良く年を取った

どうにか元気に過ごせている事に

毎日感謝している











このページのトップヘ