私の小さな一日

気が付けば60代です。 人から見てどう映っているのかは分かりません。 でも私は幸せな時間を積み重ねて来ました。 自分なりの幸せな時間です。

2018年02月

夫が同僚からのドイツ土産だと言って

チョコレートを持って帰った

ラムレーズンが効いている

私には忘れられないチョコレートの思い出がある

小学生だった私の遠足の日

前の日に父が私を連れて近くのお店に行き

1枚のチョコレートを買ってくれた

たぶん私が選んだのだろうそのチョコレートは

大切にリュックのポケットに仕舞われた

当日はよく晴れてぽかぽかの遠足日和だった

お昼になってご飯を食べておやつを食べ始めた

私は父からもらったそのチョコレートを食べるのがもったいなくて

それだけを残した

家に帰って一番にリュクのポケットから

チョコレートを取り出した

柔らかくなっている

銀紙の中で溶けて形もなくなった

決して豊かではなかった我が家だった

チョコレートがどれほど貴重だったか

子供の私も分かっていた

父に申し訳ないと思った

涙が溢れた

その後気付いた父がもう一度

同じチョコレートを買ってくれた気もするが

定かではない

大好きだった父と共に思い出すチョコレートの切ない思い出だ











カーリング女子の笑顔も話題になったが

笑顔には何かしらの力があって

それは自分にはもちろん

それに触れた人にまで作用するのだと思う

昨日私は買い物をして

今 私の中でブームになっているセルフレジで支払いを済ませた

かごの中の商品を袋に詰め

嬉々として駐車場に向かった

運転席のドアを開けたところで

店員さんが駆け寄って来られた

これお客様のではないですか

先程買った食パンとキャットフードだ

かごの中の物はマイバッグに詰めたが

台の上に置いていた物を忘れて置きっぱなしにしていたらしい

うっかりしててすみません

お忙しいのにここまで持って来て頂いて

すると笑顔の店員さんがおっしゃった

間に合って良かったです

笑顔をありがとう

一日が良い日になる気がした







IMG_9722


今日は朝もやの中愛犬と散歩した

愛犬と出会ってもうすぐ14年

ありがたい事に外飼いなのに大きな病気もせず

元気に過ごしている

孫達の手荒い愛情表現にも耐える心優しい子だ

今朝あんなにもやが深かったので

きっと晴れるなぁと思ってた通りだ

どんどん晴れて来た

スッキリした青い空

今日は孫たちも来ないので家事に専念しよう

取り敢えず掃除機かけて

あらゆる所をピカピカにしよう

お昼は高菜雑炊の予定

午後から編みかけのショールに取り掛かる

お夕飯は焼き肉風野菜炒め

ご飯がいけるおかずだ

お味噌汁は大根と油揚げ

そして夕方いつもの様に

息子の所のマコを保育園に迎えに行く

さぁ頑張ろう








IMG_9702


殆ど毎日のように孫たちに接していても

同じ毎日ではなく

驚かされる事が多い

ななやさきは亡くなった曾祖母は自分たちには見えないけれど

いつも傍に居て見守ってくれていると信じている

ある日どうしてそういう話になったかは忘れたが

おばあちゃんが死んだらどうする?と聞いた事がある

ななは即座に嫌だと言った

妹のさきは死んでもいつも傍に居るから良いと言った

そしたらななが少し怒ってさきに言う

簡単に良いとか言わんで

ななは会えなくなる事を分かっているからこその言葉だし

さきは いつも傍に居るという事を信じているから出た言葉だ

幼い無邪気な姉妹の会話に

私はちょっと笑った

今朝はこの姉妹の弟、2歳の孫からの

おばあちゃん大好きという電話で起きた

身に余る光栄だ







皆が集まる金曜日の夜

大抵 娘婿は仕事で来られない

3人の子供を一人で育てている感のある娘は

こんな時ついつい愚痴が出る

平日は子供たちが寝てからの帰宅なので

娘の気持ちも分かる

同情しながらも義姉はなだめ役だ

誰もがこの夫婦大丈夫なのかと内心心配している

昨夜食事が終わりお茶をしていた時に

娘婿からの電話

電話を置いた後 娘が言った

会社で何かあったらしく珍しく落ち込んでいる様子だと

娘婿ももう帰路についているらしい

いつもの金曜日は遅くまで我が家で過ごす娘が

3人の孫を集合させ、バタバタ身支度を整えて帰って行った

やっぱり夫婦だ

何でも話せる関係だし

力になりたいと思っている娘だから

この夫婦は心配ない










このページのトップヘ