私の小さな一日

気が付けば60代です。 人から見てどう映っているのかは分かりません。 でも私は幸せな時間を積み重ねて来ました。 自分なりの幸せな時間です。

2018年06月

IMG_0792 - コピー



ゴロゴロ、ザーザー

雷と激しい雨音の共演だ

少し早いけれど

今日は7月生まれの嫁と私の誕生祝いを家族がしてくれる

料理の方は早々と下準備が完了し

皆が来てから仕上げに入る

それにしても大雨だ

少し止んだかなと思ったらすぐにまたザーザーと降り出す

雷もなかなか止まない

夫は珍しく土曜出勤で居ない

誕生祝の日にこんなにのんびり過ごすのも珍しい

朝は嫁に贈る誕生日カードを作っていた

モチーフは紫陽花と決めていたので

不器用な手で色画用紙を切って花びらを作っていく

葉っぱのギザギザも必死だ

バランスが今一つだけれど紫陽花だと分かってくれればいい



今夜は生協で揃えた材料でパエリアにも挑戦する

皆が持ち寄ったお料理でいつも食卓が賑やかになる

どんなご馳走が並ぶかな?

実は嫁と私の誕生日は同じ日だ

私達は同じ日に一つ歳を取る







雨が降る

土砂降りだ

傘を差しても何の役にも立たない程の雨

それでも愛犬は喜んで歩く

高齢とは思えない足取り

14歳の愛犬が64歳の私をリードして歩く

なんと幸せな事か

雨に濡れたっていい

ずっとこうして二人で足並み揃えて歩けたら

と願う



昨日はそう君に泣かれた

別れ際に泣かれた

端正な顔の持ち主のそう君の泣き顔は

それでも美しい

くしゃくしゃの泣き顔だって美しい

ただ私の心が痛い

今日も会えるのに慕ってくれるそう君の心に触れて

私の心が痛くなる

今夜は皆の好きな物をいっぱい準備した

もうすぐ孫たちがやって来る時間だ







IMG_0784



今日も蒸し暑い

さすがの私も食欲が落ちている

人の体ってこういう時には酢の物を欲するのだなと実感する

朝はトコロテンを食べた

夜はクラゲとキュウリの酢の物を作ってみた

酢の物と言っても私のは簡単な作り方だ

酢や砂糖などをちゃんと計った事はない

千切りにしたきゅうりとクラゲに少し砂糖をまぶし

ポン酢を加えるだけだ

ポン酢自体が美味しいので他に調味料を混ぜる必要はない

そうやって出来た一品!

とっても美味しいし、食欲をそそる



今日でそう君のお迎えは終了した

明日からはちゃんとママが仕事帰りに迎えに行く事になった

そう君は幸いにも幼稚園生活に慣れるのが早かった

普段からあまり物おじしない性格なので

大変助かっていると娘が言う

なにせ上二人は結構な人見知りだし

二番目のさきに関しては

年少の一年間ほぼ声を出さなかった

それでも年中になった今は下のそう君の教室に

心配して覗きに行くと言うから成長がめざましい

このまま元気に楽しく過ごしてくれると嬉しい






IMG_0759


先日娘の所で水出しの緑茶を飲ませてもらったら

とってもまろやかで美味しかった

丁度水出し用のガラス容器を見つけたので

早速作ってみた

今日は玄米茶だ

ウーロン茶、麦茶、もちろん緑茶、紅茶など

何でもいいと説明書きに書いてある

お湯を注いで飲むよりも甘い感じがする


今日はとっても蒸し暑い

朝はどうにか降らなかったがドンヨリした曇り空で

午後からは雨

やっぱりね

湿度が高い



それでも運動をしたら体がスッキリする

教室でもないとこんなお天気の時は

だらだらするに違いない



今週から幼稚園に入ったそう君は

保育園の続きと思っているのか

全く問題なく過ごしているらしい

担任の先生に笑顔が多いお子さんですねと褒められたと

娘が喜んでいる

三人きょうだいの末っ子で

何時でも上の二人が道を切り開いてくれてるからだ

ありがたきかな姉上達・・・

と将来そう君は感謝するだろう







IMG_0742



ある時愛猫の秘密を知った

この猫さん日本茶やコーヒーが好きだった

飲みかけのお茶やコーヒーをテーブルに置いて

別の部屋に行き戻って来たら

美味しそうにマグカップの飲み物をペロペロ飲んでいる

あれれ 猫ってお茶とか飲めるのか?

愛猫用にちゃんとお水を器に入れていてもお茶を飲む

コーヒーのマグカップにだって顔を突っ込んで飲んでいた

慌ててカップの蓋を買いに行った

100円ショップに可愛い蓋があった

シリコンで出来ているので収まりも良い

そう言えば前の猫ちゃんは

わざわざ花瓶を倒してこぼれた水を飲んでいた

そんな可愛いが思い出が頭を過った

今日は娘の家でそう君とお留守番をしていたが

二匹の姉妹猫たちも少しずつ私に慣れて来て

可愛い仕草を見せてくれた

猫って本当に可愛い







このページのトップヘ