私の小さな一日

気が付けば60代です。 人から見てどう映っているのかは分かりません。 でも私は幸せな時間を積み重ねて来ました。 自分なりの幸せな時間です。

2019年02月

x


今日は曇り空

朝の散歩の時ほんの少し雨を感じた

もっと降り出したら大変だと思って

引き返して傘を持った

結局それは使わずに済んで荷物になったのだけど・・

どなたもそんな時があるのだろうか?

私は日々の生活の中で突然

何かのスイッチが入る事がある

今日は冷蔵庫の掃除スイッチ!

そんなに入れているつもりはなかったが

一旦全部出してみると

この小さな冷蔵庫にこんなにも大量の物が入っていた事に

まず驚いた

期限切れの物もあったし、近い将来に消費しないと思われるものも

あったので思いっきり処分した

一番上の段は死角になりやすいので

一枚棚を減らして手の届く範囲、取り出しやすい範囲に

置く事にした

たぶんそれでも夫婦二人の冷蔵庫にしては

物が入っているのだと思う

一時間半掃除に専念して終わってみると

まぁさっぱりとした美しい冷蔵庫の出来上がり!

いつも気付いた時にササっと掃除をしていれば

こんな苦労はないのだ

気持ちの良い庫内に

先日漬けたお野菜の容器も収まった









r


可愛い新じゃがを見つけた

孫達と一緒のお夕飯が多いので

この小さなじゃがいもは孫達に受けるだろうと思った

昨夜はこれを綺麗に洗って皮ごとレンジで柔らかくした

そして皆が食卓についた所で

グリルに乗せる

なながそれぞれのじゃがいもにマーガリンをトッピングして

5分焼いた

出来上がったまあるい小さなじゃがいもに

やはり皆が歓声を上げた

昨夜はハンバーグの付け合わせのブロッコリー、

マカロニのケチャップ和え、海藻サラダと供に

これも添えた

皮ごとなのでとても美味しいし、栄養もある

さて今日はこのじゃがいもを丸いまま

厚揚げやさつま揚げと煮るつもりだ









k


今朝愛犬と娘の家に歩いて行った

彼女にとっての初体験、エレベーターに乗る

鳴くのではと予想していたが

鳴く事もなく大人しく3階へ

ピンポンを鳴らした

誰もチェーンを外しに来ない

朝だからバタバタしてるのだろう

しばらく待ったが何も反応がない

ひょっとしたら・・・

ピンポンを鳴らしたり、娘の携帯に電話したり

ななの携帯にも・・

やっと娘が出て来た

寝坊したらしい

連日の睡眠不足と疲れからだ

ここから娘と私は

ものすごいスピードで朝の支度をこなした

皆を起こして着替えさせ、髪を結い

朝食を食べさせた

そして

どうにかギリギリの時間に間に合った

そんな中、ななが言った

「息が合ってるね!」

「誰の事?」

「ママとおばあちゃん」

そうそう!

人はこういう状況下では

お互い言葉を使わなくてもやるべき事をやれる

物凄いスピードで色んな事をやってのけるのだ

とにかく無事に送り出せて良かった








DSC_0409[1]


昨日の引っ越しはハードだった

夜遅くまで荷ほどきが続き

夫も息子も嫁も

そして小さな孫達が疲れた

娘たちの新生活第一日目

孫達を送り出すのも一苦労だろうと

早朝にサポートに出向いた

ドアが開いた瞬間

暖かいなと感じた

エアコンはクリーニングに出す必要があり

現在暖を取る手段はホットカーペットだけのはずだ

角部屋で明るいのは確かだけどこんなに暖かいとは・・・

皆が「朝からおばあちゃんが来た!」と喜んでくれた

お着替えや朝食の手助けをして娘がみんなをそれぞれの場所に送って行った

私は洗濯物を干し、部屋を整えて娘の家を出ようとした

他の部屋を覗くと

段ボールはまだまだ山積みだ

今朝娘が言った

「この家狭いけどとても暖かいって感じるんよ」

ホントそうだなぁ








DSC_0400 (2)



朝から孫達の賑やかな声がしている

庭で自転車に乗ったり

砂遊びしたり

出入口を塞いだ

と言うのもななが「自分たちだけで遊びたい」と言ったからだ

こうやって段々と大人の手を借りずに

きょうだい三人の時間を持つようになるのだろう

キャッキャと笑い声がしている

楽しいんだろうなぁ

その間

私はビーズの時間を持った

2月に入って結構ハードなスケジュールだったから

体も疲れた

それでもビーズをしていると楽しい

昨日はブレスレットを作った

DSC_0380[1]


出来上がったら少し私の思い描いたイメージとは違ったが

孫達は「おばあちゃんスゴイ」と褒めてくれた

今日はお天気も良くて置き型の畳も

庭で日光浴をしている

そんな中、花粉症の夫は

「洗濯物は家の中に干してほしい」と言っている








このページのトップヘ