アメコカもんじろう日和

アメコカもんじろうとmix大福との幸せな日々

もんオゾンと福ワクチン

4FF67104-1B78-4EAF-8D95-7467A92D50EC

0E7F7DCD-DC50-4A7F-A11C-B76DB94EC77B


もんじろうオゾン療法5回目〜
今のところ効果は際立っては感じないけど、
あえて言うとすると、
家の中でいつもならほぼほぼ寝てるのが
もん福のごはんの用意をしているとキッチンのところにきて立っていたりする。
そのくらいかなぁ。
もう少し良くなってくれるといいな。

大福はワクチン接種
過去にアレルギー反応出て顔がパンパンに腫れ上がり夜間救急に走る騒ぎになった事があるので、ワクチンの度に恐怖
何かあったら怖いので、ずっと一緒についていたいという事で、姉がお仕事休みな事もありお母さんの面会には行かなかった。

お母さん元気かなぁ

柿を頂いた〜

8A2DB913-E4F9-4D17-AF78-8A4B268187DD


ピンポーン♪
宅配便が来た

開けてビックリ!!
柿がいっぱーい (o^^o)
しかも高級な柿だー!!

柿の葉が入ってて真心が嬉しい

こんなにたくさんありがとうございます〜
感謝感謝です
(*^_^*)

もん右後ろ足

2A1F4389-1437-4932-928B-09865501D674


もんじろうの右後ろ足の肉球
相変わらず赤く腫れている。
日常はというと、家の中では裸足でお外に行く時は、様子を見て
この写真位なら裸足で出ています。
腫れが酷く悪化し過ぎて痛そうな時は靴下履かせてるけど、この先このまま内側の肉部分が力なく拡がった状態のままなら、内側の柔らかい部分も硬くしたいので、あまり靴下に頼りたくないと思っている。

同時に、肉球と同じ側の右後ろ足、歩くと問題無いけど、止まって立つとその足だけプルプル震える。

もんじろうに現在やっているオゾン療法は、アンチエイジング的な要素があるので、なんとか効いてくれるとうれしいなぁと思いやっている。
まだ始めて間もないからわからないけど効果を期待したいなぁ




もん福チョキチョキday

今日はもん福チョキチョキday
またもや可愛くなる魔法をかけてもらったよ〜



大福ドライに協力的U^ェ^U

67528DC4-60D3-453D-B0F0-3376B11BF236

1154ED99-52D4-468A-A862-C89E7ED9221B



Wくんお空へ

EFA7D18C-D809-4611-BCF0-40814B51F75D

Wくんがお星様になった
うんと病気と闘って治療も頑張って…。
ママといっぱいお散歩したりランしたり…。

もんじろうとは同級生でお誕生日も近くて…。
小さい頃からランで遊んでた。
大福が家族になってからは大福の事好きになってくれて一緒に遊んでいた。

ママの事見守っていて
またね


ハロウィンが終わったら・・・U^ェ^U

IMG_4231

Happy Halloween

ba339496.jpg

a60a283d.jpg

ハッピーハロウィン
おやついっぱい食べたよ〜
U^ェ^U U^ェ^U

47505167.jpg

お母さんもハッピーハロウィン
(o^^o)


お母さんその後


姉とお母さんの手
手を握るとお母さん安心する


2017/10/25(水)

記録として(長文です)

母の入院も4ヶ月が過ぎた。

通常長期入院は3ヶ月までみたいで、転院先を決めていたものの、容態悪化により延期、転院予定だった病院には長く待って頂いたが後に断りの連絡が入った。

あちこち走り回って見学させてもらって、こちらの希望もだけれど、お母さんの容態が悪いためにそもそも受け入れしてくれない病院も多く、ようやく決まった病院だった。

お母さんの容態はその後頻繁に変わり、数日人工呼吸器をつけっぱで声かけにも反応が無く、その度に、覚悟をして…でも突然意識戻って鼻からの酸素のみで声かけにも反応する。

あー元気そう良かったと思った次の日には高熱とか。といった感じで1日1日まるで様子が違う。

そんなこんなで精神的にも一喜一憂にしんどくなる毎日

そして

母の担当医との面談があり、院内で話し合いをしてくれたらしく、お母さんを最後まで診ましょうと言って頂いた。

本当に有難い…。

でも同時にそれは、もう長くないよという事でもあるのだろうな…。

お母さんは3日前と2日前にも下血をし貧血が酷く輸血をしてくれた。

前の面談では前の輸血後、今後の話で、輸血も、助からない人に輸血は出来ないと言われていた。

輸血する血も世の中足りないためだ。

でも今回も輸血してくれた。

顔色も戻った。良かった。

でも貧血が進むかどうか…。

今回の輸血では姉に電話が来たらしい。

輸血しても貧血が止まらない場合には諦めますと姉は言ってあったらしい。

その話を私は聞いていなかった。

姉は妹とも充分話し合っているので同じ意見ですと言ったらしい。

なんでその時言ってくれないんだろう。

姉の意見でいいし、しょうがないと思うけど、大事な事なんだから言ってよって思った。

そういう事が多々ある。
姉は何か言うとたいてい言い返してくる人。 

精神的にいっぱいいっぱいなので姉とも言い争う気力もないので、ああそうなんだ…。そうだよね、それでいい。と私は言った。
本当にそう思ったし。
ただ言うのが遅いよって。 

もしお母さんがもってくれて時間が又あまりにも経過すれば再び転院の話も無きにしもあらずなのかもしれない。

でも、一応は先生は最後まで診ると言ってくれて、少し安心した。

この病院に入院してる事は、姉も定時に終われば仕事帰りに寄れるのでお母さんもいっぱい会えるけど、違う病院に行けば姉は休みの日だけしか母に会えなくなるので、お母さんの為には転院しないのが一番望ましい。

あえて言えば私の家から遠いのが難点で雪が降ったらもっと大変になるので、私の体力がいつまでもつのかな?といった感じ。

せっかくCVポート入れたのにね…。

お母さんの身体はきっともうボロボロなんだよね…。

下血も検査も出来ないから胃と仮定して胃薬と止血剤点滴したりしている。

お母さんしんどいね

お母さんごめんね


お母さん

928c3871.jpg



お母さん、調子が回復し、ここ数日安定している。

人工呼吸器バイパップも、一応外し、前見たく就寝時間のみとはいかず昼間もつけている時もあるけれど、それでも鼻からの酸素でいる時間も増えた。

そんなこんなで長期入院により早く安定して早急に転院せねば
と言っていた矢先、転院予定だった病院より、受け入れお断りの連絡が入った。

それでも、母転院予定日前日に熱を出して延期してもらってから、随分長い期間ベッドを開けて待っていてくれた事に、本当に感謝しかない。

お母さんの容態も今は1日で急変する状態。

毎日、いつ鳴るかわからない電話を握りしめ、今日はどうかなとドキドキしながら病院に向かう。

写真は今日の一枚
とても調子よく元気だった
笑顔満点(^_^)

そしてお母さん、ベッド横に座る私を手招きするので、顔を近くに寄せたら、私の頭をナデナデした。
「何?お母さん撫でてくれたの?」
お母さん頷く
「ありがとう」
お母さん頷く
「嬉しいよ」
お母さんニコーッと笑顔
小さな頃から撫でられた事などない。
なんか涙出た。

紅葉〜真駒内公園お散歩

de737d5d.jpg


087b564c.jpg


0579f1fb.jpg


明日は雨〜紅葉も終わっちゃう
って事で真駒内公園へ

綺麗過ぎる落ち葉の絨毯に感動〜
毎年紅葉めがけて行ってるけど、もうちょっとだったり、既に過ぎていたり、いいタイミングでも風が強くて吹き飛んでいたり、今年はベストタイミングで今までで一番綺麗だった〜
嬉しい〜

もんじろうも大福も楽しそうにカサカサフミフミしてました
U^ェ^U U^ェ^U

行って良かったね〜
livedoor 天気
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ