January 20, 2013

記事タイトル【モントリオールモーターショー13】ホンダの小型車コンセプト、GEAR

a

ホンダのカナダ法人、ホンダカナダが1月17日、カナダで開幕したモントリオールモーターショー13でワールドプレミアしたコンセプトカー、『GEAR』(ギア)。同車の詳細画像が公開された。

これは、ホンダカナダが配信したもの。新たに、GEARのリアスタイルやサイドビューのオフィシャル画像が公表されている。

GEARは、1975年から1989年までに生まれた、いわゆる「ジェネレーションY」をターゲットにした都市型サブコンパクトカー。固定ギアタイプの自転車をモチーフにしたデザインは、シンプルで使いやすく、カスタマイズの素材としても最適。コネクティビリティやパーソナリティも追求された。

今回、ホンダカナダが公開したオフィシャル画像からは、ボンネットからフロントウィンドウへと続く一直線のラインや、斬新なリアデザインなど、GEARのディティールが見て取れる。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
December 08, 2012

ポルシェ ケイマン 新型、進化したパフォーマンス[動画]

a

ポルシェが11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12でワールドプレミアした新型『ケイマン』。同車の公式映像がネット上で公開中だ。

新型ケイマンは従来通り、2グレードで構成。標準の「ケイマン」グレードは、2.7リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は275ps/7400rpm、最大トルクは29.6kgm/4500-6500rpmと、新型『ボクスター』よりも10psパワフル。

車両重量は現行よりも70kg軽い1310kgに抑えたこともあり、「スポーツクロノパッケージ」は、0-100km/h加速を5.4秒で駆け抜ける。最高速は266km/h。欧州複合モード燃費は、PDK仕様が13km/リットルだ。日本でのベース価格は6速MTが612万円、7速PDKが659万円となる。

高性能グレードの「ケイマンS」は、3.4リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は325ps/7400rpm、最大トルクは37.7kgm/4500-5800rpmと、新型ボクスターに対して10ps強化。現行型との比較でも5psパワフルとなり、歴代最強のスペックを手に入れた。

スポーツクロノパッケージは、0-100km/h加速4.7秒の実力。最高速は283km/hに到達する。欧州複合モード燃費はPDKが12.5km/リットル。日本でのベース価格は6速MTが773万円、7速PDKが820万円となる。

スポーツカーとしての基本性能に磨きをかけた新型ケイマン。同車の進化したパフォーマンスは、動画共有サイト経由で見ることができる。

 
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
November 17, 2012

【ロサンゼルスモーターショー12】トヨタ RAV4 新型を予告[動画]

a

トヨタ自動車が11月28日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー12でワールドプレミアする新型『RAV4』。同車の予告映像が、ネット上で公開されている。

この映像は11月15日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が、公式サイトで公開したもの。米国では、2013年モデルとして発売される新型RAV4が、そのスタイリングの一部を披露したのだ。

映像では、新型のフロントマスクをはじめ、テールランプやボディライン、メーターなどのインテリアが、チラ見せされている。

ところでトヨタは、2012月8月に発表した新型『オーリス』から、新しいフロントマスクを採用。同社のデザイナーは、「今後のグローバルモデルは、この顔で」と明言している。今回公開された新型RAV4の予告映像からは、新型オーリス風のフロントマスクが確認できる。

 
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
September 22, 2012

フェラーリ964台のパレード、ギネス世界新記録に公式認定

a

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが9月15日、英国シルバーストンサーキットで行ったフェラーリ車だけによるパレードラン。964台ものフェラーリが参加したこのパレードが、ギネス世界新記録と公式認定された。

これは9月20日、フェラーリノースヨーロッパが発表したもの。ギネスブックの「世界最長のフェラーリパレード」部門において、今回の964台のパレードが、新たな世界記録に認定されたとアナウンスされたのだ。

この新記録は2008年、日本の富士スピードウェイで実施されたフェラーリ490台によるパレードを大幅に更新するもの。フェラーリノースヨーロッパは2007年、同じく英国シルバーストンサーキットでフェラーリ385台によるパレードを実施し、当時のギネス記録を打ち立てたが、この記録をも大きく上回った。

フェラーリノースヨーロッパは、「英国中から1000台近いフェラーリが集まったのは、記念すべき出来事」とコメントしている。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
September 18, 2012

唯一の軽スポーツが生産終了…ダイハツ コペン[写真蔵]

a

ダイハツ『コペン』の生産が8月31日をもって終了した。コペンは2002年の発売以来、現行唯一の軽スポーツとして孤軍奮闘してきたが、今回の生産終了により、軽スポーツの時代には一旦終止符が打たれることとなった。

コペン最大の特徴は、軽自動車としては初の電動開閉式ルーフを持つことにある。これはVW『イオス』やミニ『ミニ コンバーチブル』などのルーフシステムを手がける独OASys社の手によるもので、約20秒で開閉を行う。

また、エンジンには、現在ではコペン専用となっている直列4気筒DOHCツインスクロールエンジンを搭載。高回転まで吹け上がるこのエンジンによって、コペンはスポーツカーとしての地位を得たと言える。さらに、ボディ塗装には、クリア塗装を2度行うダブルクリアー塗装を採用しており、より深みのある光沢をもったボディカラーを実現している。

このように、実用車が全盛の軽自動車において独自の路線を歩んでいたコペンであるが、販売台数の減少などを理由に生産を終了することとなった。圧倒的な低燃費や軽自動車の常識を超えた室内空間などがアピールされる現在の軽自動車界において、15.2/km(4AT:JC08モード)というカタログ燃費や、2人乗りである上に収納も皆無なコペンは、時代の流れにそぐわなかったのかもしれない。

しかし、軽スポーツの根が完全に絶やされたわけではない。ダイハツが東京モーターショー11でコペンの後継車とも噂される『D-X』を出展しただけでなく、かつて同じく軽スポーツである『ビート』を生産していたホンダが軽スポーツの開発に着手したとの報道がなされるなど、将来的に軽スポーツが復活する可能性は十分あると言えそうだ。
    • 1 Comment |
    • 0 Trackback |
August 10, 2012

スズキ本田副社長、ワゴンRとN BOX「商品の位置づけが、ちょっと違う」

a

スズキの本田治副社長は、軽自動車市場で快走するホンダ『N BOX』について、「『ワゴンR』とは商品の位置づけが、ちょっと違う」との考えを示した。

スズキは8月9日、独自の低燃費技術の搭載と、エンジンの改良や車体軽量化で既存モデルより22%燃費を改善した新型『ワゴンR』を9月に発売することを明らかにした。

軽市場ではN BOXが7月まで4か月連続して販売台数トップの人気となっている。本田副社長は同日都内で開いた会見後、一部報道陣に「商品も技術も大変頑張られているということで、尊敬もし、尊重している」と素直にエールを送った。

しかし、スズキの主力商品であるワゴンRとの競合に関しては「技術的な面だけじゃなくて、車としても少しワゴンRとは違う、さらにスペースのある車のジャンルに属する」と指摘。その上で「我々は我々の製品を、ワゴンRの位置づけで一所懸命やってきたし、商品ラインアップの中で置かれたそれぞれの商品の位置づけを最大限発揮できるように頑張っていく」と述べ、他社モデルの動向に関わらず、自社製品を磨き上げていく考えを強調した。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
June 27, 2012

スバル XV 先行受注開始…都会派SUV

a

富士重工が、6月18日からティザーサイトをオープンし、今秋発売を予定しているスバル『XV』。同社はXVについて、Urban Adventureというコンセプトのもと、スバルブランド内の他車種との棲み分けを明確にしていることを強調した。

商品企画本部の阿部一博氏は「XVは、スマートで力強いデザイン、運動性能と環境性能の両立、都会生活に適したスペックといった特長を具現化しています」と話した。

「スバルブランドでラインアップしている既存SUVとの棲み分けを明確にし、XVは都会的で新しいSUVとしての位置づけとなります。すでに販売されている欧州、中国、豪州でも好調ですので、今秋の国内販売開始に向けて、随時情報提供を行ないます」とした。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
June 14, 2012

MINI、映画『ミニミニ大作戦』復刻…ロンドン市内でカーチェイス[動画]


 a

BMWとともに、7月27日に開幕するロンドンオリンピックに協賛しているMINI。英国選手団とパートナーシップ契約を結んだMINIがこれを記念して、ユニークな短編映画をネット上で公開した。

これは11日、MINIが公式サイトで公開したもの。この短編映画のタイトルは、『The Britalian Job』。1969年に制作され、大ヒットした映画、『The Italian Job』)(邦題:『ミニミニ大作戦』)のオマージュ作品である。

『The Italian Job』では、3台のMiniがミラノに送り込まれ、イタリア警察のアルファロメオとカーチェイスを繰り広げた。今回の『The Britalian Job』では、最新のMINI3台が、1台のバイクを追跡し、ロンドン市内で派手なカーアクションを展開している。



 
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |