辛いことや悲しいこと、上手くいかないことがあると、「自分なんか」と思ってしまいます







そのような時は





出来事や人のいいところを見つけて感謝すること

あるいは

心が自然と落ち着くまでじっと動かずにいること




そのように言われることがあると思います









でもね、感情が抑えられなくて、暴走してしまい、

自暴自棄になってしまう時に本当にそのように振る

舞えますか?








私ね、悲しいことがあればあるほど

辛ければ辛いほど

上手くいかなければ上手くいかないほど

「私なんかどうせダメだから

と、冷静な判断なんてできなくて、悲しみや不安感、
焦りを解消するためにすぐに動きたくなってしまいます









何かが起きても誰にも迷惑をかけたくなくて、自分さえなんとかがんばればとずっと思っていました

だから全てを自分一人で解決しようとしてしまうので、すでに何かが起きた時にはいっぱいいっぱいになってしまっているのです

本当はそうなる前に人の力を借りていればよいのですが、気がついたら容量オーバーになっていたのです

一人で何とかできないからこんな状況になっているのに、さらに一人で自然と心が落ち着くまで「待つ」なんて、できるはずないのです









だからね、そんな時は




人の力を借りましょう







愚痴を聞いてもらう

焦りや不安、悔しい気持ちを話す

悲しい時や苦しい時に傍にいてもらう

相談をする

がんばったことを知ってもらう









これだけで、心が軽くなります










誰かの力を借りて、そして、心が穏やかになったら、また動く

そのような繰り返しでよいのだと思います






周りに聞いてもらえる人がいない場合は神社へ行くのもよいと思います

神聖な力を借りるのです

そこで素直な心を神様に話をそっと聞いてもらいましょう







自暴自棄になる時は、いっぱいいっぱいの時

感情が爆発して、収集がつかなくなっている時です




一人で解決できません

いろんな力を借りましょう

誰かと一緒に生きてください





(本当は感情がここまで暴走する前に、人の力を借りたり、動かずに休んだりしていれば、自然と一人でも心が落ち着くまで待つことができるようになれるのですけれど
そこまで我慢してしまったのであれば仕方ないです






ただ気をつけたいのは、「辛い」「不安」という共通の愚痴や不満からできた仲間は作らないようにすることです

話を聞いてもらうのは同じように不幸な人ではなくて、普段、心から信頼している人や好きな人、一緒にいて心地よい人にしてください

あくまでも、楽しい、心地よい、大好き、そんな仲間と一緒にいてください






いろんな力を借りることは、きっとその人と一緒に生きているということです

私はこうしてお互いに支え合えって、みんなで楽しく生きていきたいです






↓もっと幸せになりたい!もっと旅をしたい!知識を増やしたい!という願いを叶えるリンク集です↓





にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ