トレーナーカード

☆結果☆

シーズン12 最高・最終2013(191位)
PT勝率 70%(44勝19敗)
image1


☆構築経緯☆
前期に結果を残し、かつ名の知れている夢咲楓さんのPT(カバマンダガルド)がS12では流行ると予想。
そのカバマンダガルドはオニゴーリ対策が薄いと聞いたため、オニゴーリを軸に組むことに。

その中で、対面構築にでんじはミミッキュ+オニゴーリの並びを組み込むことで広い範囲を見ることができると考え、でんじはミミッキュを採用。

3体目にはでんじはを撒きつつ、オニゴーリをみかづきのまいで2回展開できることに大きな強みを感じ、クレセリアを採用。

ガルクレセの並びが好きなので、4体目にはガルーラ、ゲコミミガルーラの並びが強そうなので5体目にはゲッコウガを採用した。

ここまで鋼先制技持ち(メタグロス、ハッサム、ルカリオ)、カミツルギ、のろいミミッキュが重く、かつ被選出率が非常に高かったため、それらに強く出ることができ、かつ型誤認率の高いHBニトロチャージリザードンYを採用することでPTが完成した。



☆個別紹介☆
2018-11-06 (1)


今回の構築の始点。技構成、持ち物はテンプレ。努力値はどこかからか拾ってきたやつ、少なくとも最速は取るべきだと思っている。


後述のミミッキュ、クレセリアの電磁波と合わせて非常に広い範囲を起点にする事ができた。自身の運が足りない事が多く、辛い思いをする事も沢山あったが、それでも積極的に選出していった。

裏のクレセリアの三日月の舞と合わせるとPP勝負にも勝つ事ができる。





2018-11-06 (3)


今回の構築の始点その2。

技構成はコンセプトのでんじはは確定。残りはオニゴーリのまもみがと相性の良いのろい対面性能を上げるためのかげうち、範囲・火力を高めるためのじゃれつくとし、持ち物をミミッキュZとした

努力値は絶対に麻痺を撒きたいためようきAS。100族付近がSを落としていることが多く、先制できる点も良かった。


基本的には初手に出し、電磁波を撒きつつ削りを入れる役割を担った。正直強すぎた。





2018-11-06 (4)


今回のMVP。クレセリアの時代は終わったのだと勝手に思っていたが、そんなことはなかった。

技構成はPTと相性の良いでんじはクレセリアの採用理由に直結するみかづきのまい物理受けの役割を遂行する為のつきのひかり最大打点のサイコキネシスとした。

努力値はこれもまたどこかから拾ってきたものだが、Sに振るのはカグヤにでんじはを入れられるなど、中々使い勝手が良かった。


選出率は9割に上る。オニゴーリ、リザy、ガルーラのどのエースポケとも相性が良く、またみかづきのまいにより他の受けポケとは違い起点になったり腐る事が無かった。






2018-11-06 (5)

対面性能抜群のメガ枠。
技構成は最大火力のすてみタックル、被選出率の高い鋼枠に刺すほのおのパンチ、対面性能を上げるためのふいうち、崩し性能を上げるためのグロウパンチ
努力値はこれまたどこかからのテンプレ、性格は意地個体しか持っていなかったためいじっぱりにしたが、ミミッキュを抜くために最速にするのも有りだと思う。

ぶっちゃけあまり選出しなかったため、改良の余地があるとすればここだと感じている。





2018-11-06 (6)

至って普通のゲッコウガ。
げきりゅうひかえめなのはパーティ全体がコケコ、ボルトロスに非常に弱いため。
技構成はでんじは展開を阻害しないためにねっとうではなくなみのり、先制技のみずしゅりけん、タイプ一致技のあくのはどう、マンダ・ギャラ等の起点になるのを防ぐためのちょうはつとした。

相手のPTにコケコ、ボルトロスが見えたら積極的に選出していたが、レヒレで止まる事に注意が必要だった。





2018-11-06 (7)

最後に入ってきたメガリザードンY。
オニゴーリがきついミミッキュに対面から確実に勝つためにHB振り(A特化ミミッキュの霊Z+かげうち耐え)のひかえめニトロチャージ型とした。
ニトチャ以外には、命中安定のかえんほうしゃ、リザ対面で打点を取れ、麻痺とのシナジーもあるエアスラッシュボーマンダをぶちのめすためのめざめるパワー氷とした。

今期は非常にリザXが流行っていたこともあり、X前提の動きをされることが多く、それだけでアドバンテージを得ることが多かった。また、3竦みと呼ばれるメタグロス、ボーマンダ、リザードンに強く出ることができ頼もしかった。
そして、オニゴーリが呼ぶポケモンに非常に強い点もgood。オニゴーリ軸には必須のポケモンであると自分は考えている。


☆きついポケモン☆
・カプ・コケコ
めちゃくちゃきつい。こちらの全てのポケモンより早く、しかも電磁波が入らない。更にこちらの全てのポケモンがワンパンされる可能性があるため、ゲッコウガの襷、ミミッキュの化けの皮を最大限活用する他、コケコ以外のポケモンをオニゴーリ、リザYで起点にする動きを取っていた。

・カプ・レヒレ
ミストフィールドにより電磁波展開を無効にされる上、挑発によりクレセリアを起点にされる。幸い向こうからワンパンされることはないので、上手くサイクルを回しながら削りを入れていた。
しかし、きつい割に被選出率は低かった。



☆選出率☆
       選出 試合数
オニゴーリ  38/63(うち先発14、28勝10敗)
ミミッキュ  54/63(うち先発33、37勝17敗)
クレセリア  57/63(うち先発 0、42勝15敗)

ガルーラ    5/63(うち先発 2、 4勝 1敗)
ゲッコウガ  13/63(うち先発12、 9勝 4敗)
リザードンY 23/63(うち先発 3、13勝10敗)

ありがとうクレセリア。



☆基本選出☆
・ミミクレセ@1(優先度:ゴーリ>リザY>ガルーラ)
選出画面でどのポケモンを軸にするかを決め、ミミッキュとクレセリアで徹底サポート。
ゴーリ展開を阻害してきそうなポケモンが1体以下であれば積極的にゴーリを投げた。
また、オニゴーリをワンパンできるポケモンが少ない場合には初手からゴーリを投げていた。

・ゲコ@2
相手のPTにコケコ、霊獣ボルトロスがいた場合この選出をする可能性があった。


☆まとめ☆
上位のレート帯でもオニゴーリの対策不足のPTがよく見られ、多くのイージーウィンを拾うことができたのが結果を残せた原因だと考える。
また、リザードンYの存在も大きく、このポケモンの加入後レートを300も上げることができた。クレセゴーリにリザードンYを加えたPTはこれまで存在していなかったが(ぽけっとふぁんくしょん調べ)これからは流行るに違いない組み合わせだと思っている。


☆切実なお願い☆
Twitterをやっているのですが、ポケ勢のフォロワーがいません;;
是非友達になってくださいよろしくお願いします;;
いも(@imoiroha)


☆QRレンタルチーム登録しました☆
QRレンタルチーム


image1