撤収の準備

ちょうど一年前から始めたこのブログだが、存在価値がなくなったので閉めようと思い、準備を始めている。どうにも長年ホームページ作成ソフトを使ってのホームページ作りになれているので、ブログというものになじめなかった。

便利さはわかっている。日記として文章を書くだけならこれほど便利なものはない。画像を入れるのも慣れれば楽なのだろう。コメントを介しての交流は楽しいものであろう。
自分のサイトというものをブログでしか知らない人には、なにを言っているのだろうと思われるかもしれない。しかしとにかく『ホームページビルダー』で五年も作っていればそっちのやりかたが身にしみこんでいる。それと比すとブログには不便な部分もあるのだ。

なによりブログとは他者との交流が目的なのだろう。それをしない設定をして、今まで通りメイルだけの交流に限っているのだから、まして文章がホームページからの写しであるなら、いったい私にとってのブログとはなんなのだ、となってしまう。
本人的には「一度やってみたかった」と立派な理由があるのだが。それはそれでもうかなえたように思う。

---------------

いま友人の紹介であるかたのブログを見てきた。異国に住んでいる人が発信している。読者との応答を見ていたらブログの価値がわかったような気がした。
もしも私が雲南の田舎に住んでブログをやっていたなら、賛意の人はもちろん、冷やかしや嫌味の人までいとしいと思うかもしれない。そんなことを感じた。

しかし現実の私は日本に住み、これ以上ともだちはいらないというような気分なのだから、やはりブログを介した交流は必要ではない。
(といいつつ、見知らぬかたからメイルをもらい、親しくなると、ネット世界はすばらしいなと感嘆しているのだから、単にブログのおもしろさを知らないだけとも言える。)

撤収の準備とは、ここの文章はホームページからの移項だったのだが、いくつかはここだけに書き下ろしたオリジナルがあった。それの保存である。
といいつつこんな駄文もオリジナルだから、やればやるほどきりがなくなる。さてどうなるか。