IBMノートブックといえばその良質なキーボードが特徴。そのIBM PCを受け継いだレノボが従来型キーボードを廃止し、AppleのMacbookタイプのキーボードへ完全に移行することを決断した模様です。

すでにノートブックの一部はアイランドタイプのキーボードを取り入れていましたが、モデルチェンジに伴い、伝統のキーボードを全廃することになり海外では嘆きの声が上がっています。

http://news.cnet.com/8301-1023_3-57435504-93/lenovo-dumps-classic-keyboard-on-new-thinkpad-laptops/

---------------

thinkpad
 これが来月から発売になるというキイボードのタイプが変った新型ThinkPad。

 なんでこんなことをするのかなあ。
 たぶん「薄型にするため」だろう。そのことではMacのキイボードはすぐれているけど、それ以前にThinkPadは、日本IBMが開発したあのキイボードの使い易さこそが美点だったのに……。
 まあそれがChinaの企業には通じなかったってことか……。

 このことで、「おお、Macみたいだ、かっこいいな」と売れるようになるのか。私にはむしろ「むかしからの固定ファンを逃がしてしまう」ように感ずるが。



 私がいま使っているThinkPadは、右下のThinkPadの貼りつけ文字の上に「IBM」とあるもの。これが入っている最終世代。でもすでにLenovoに売却されていて、生産もLenovoだから意味のないこだわりだけど、世界中を一緒に回った「IBM ThinkPad」への愛着を断ちがたく、未練たらしくその機種を買った。

thinkpadold
                     ↑ このIBMマークが誇り

 これはWikipediaからもらってきた映像。さすがにいま私が使っているのはここまでは古くない(笑)。しかしこのむかしのゴツい武骨なデザインがいいな。スタイリッシュなMacとは対極だ。

 Macbookを今風の小顔の美男とするなら、ThinkPadはエラの張ったデカ顔の汗臭い男。丈夫で長持ち。おしゃれじゃないけど、いざというとき、いちばん頼りになる。それがよかったのに……。

 今回のこの事件、IBM ThinkPadを愛用してきたものには痛哭の変更となった。



 2ちゃんねるのPCニュースでは、私と同じくこの変更を嘆くひとが集っていた。いくつかを引用させていただく。

4 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 08:45:39.78 ID:???
3Dゲーに走った国内ゲームメーカーと同様に、自分たちの強みを「捨てて」流行(?)に便乗しようとするから、確保していた客まで逃してしまう愚策。

 「確保していた客」を確保し続けるより、それらに逃げられても、これからゲットする新規客のほうが多いと読んだのでしょうね。 

8 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/05/18(金) 09:58:00.58 ID:3Fc61tQN [1/2]
もうこれでレノボを選ぶ理由が完全になくなった

※ 

9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 12:20:47.58 ID:???
まぁ俺はIBMで無くなった時、すでに見捨ててるんだがなw
レノボになって肝心のKBも質が落ちたし。

それでも他よりはマシと居残ってたユーザーまで切り捨てたかw
本当、馬鹿だなぁw

 私もLenovoへの身売りに愕然としながらも、その後も「それでも他よりはマシと居残っていたユーザー」だった。ほんとにこれでレノボにする理由がなくなった。



 PCに関する自分の文章を読み返すと、やたら「ThinkPadのキイボードはいいなあ」と出て来る。私がPCをいじる割合は90%以上自作のデスクトップ機だ。デスクトップ機でのキイボードは6台ほどを気分によって使い分けている。今は黒のロジクールワイヤレスに厭きたのでバッファローの白の有線にした。これはつい先日思いつきで買った安物なのにとてもよい。「安物でもいいのがあるんだ」と感心している。

 そういう合間にThinkPadに触ったりすると、必ず「ThinkPadのキイボードはいいなあ」と書いてしまう。さすがにThinkPadだけの環境だったら毎回そこまで誉めることもないと思うのだが、たまに触るものだから、触るたびに誉めている。週に一度しか会えない妻に遭うたびにほれ直すようなものか。

 デスクトップ機用の外附けフルタイプと比しても負けないのだから、まったくもってこのノートブックのキイボードはすぐれものだ。

 ノートのそれが優れていたから、デスクトップ機用の外附けにもThinkPadキイボードを使っていた。このタイプもLenovoになって品質が落ちた。下の写真はIBM時代の良質だったThinkPad型キイボード。12000円ぐらいだったか。

com-sskey

※ 

10 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 12:30:50.76 ID:???
レノボになってからしっとり感は無くなったよな
IMB時代のは使い込むとテカテカになるのが良かった

 ほんとですねえ、使いこむとキイがテカテカになった。古臭くなるんだけど、なんか、一緒に歩んでいる相棒って感じでいとしかった。

 8年前、父が死んで田舎を離れるとき、8台のノートブックを物置に置いてきたが、1台だけ、下のThinkPadはもってきた。すでにその時点で能力的に使い物にならなくなっていたし、後継のDellの新型がもうあったが、一緒に世界を回ったタフガイだけは、その後もそばに置いておきたかった。

com-think2

 これバンコクのホテル。2000年。このときはまだ新品のThinkPad。やがて壊れたけど捨てられず今も持っている。もう1台は田舎の物置に置いてきたSony Vaio C1。旅先に2台もっていった。しかも外附けのDVDプレイヤーを持って行くのでは小型軽量の意味がない。

com-canon2

 Canonのプリンタも携帯していた。まだ完全に電子メール送稿になっていず、週刊誌原稿はプリントアウトしてファクスしていた。ファクス代が高かった。

com-meb2

 これの前は、写真のSharp Mebiusのフルノートをもってパリやロンドンを廻ったりしていた。90年代。このMebiusは当時最大の1.4GBのHDDが搭載されていた。ノートにギガバイトのHDDに感激したものだった。
 その前はDynabook。これのメモリ8MBに8MBを増設して、そのメモリ代金が8万円で1メガ1万円の時代と、何回同じ事を書くんだ(笑)。4GBが1500円だったりすると使い道もないのに買いこんでしまうトラウマ。
 これらはみな田舎に置いてきた。あらためてThinkPadラブな自分を知る。

 画面の縦書き原稿は『QXエディター』だ。長いおつき合いになる。Mebiusがいちばん活躍したのはパリか。

 Mebiusが重かったので、ちいさなこれらを買ったのだが、こうして2台もって行き、その他もろもろではよけいに重くなっている。ただタイは毎回2カ月ぐらいいたから、そのために2台もっていったのだろう。バンコクのパンティッププラザ(パソコンビル)で買い物をしていたころだ。日本よりも発売が早いNorton(もちろん英語版)を買ったり、mp3音楽を詰めこんだ違法CDを買ったりしていた。そういやNortonを導入したのは自慢できるぐらい早いほうだったのに、今ではぜんぜん使わなくなってしまった。


12 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/05/18(金) 12:34:50.68 ID:3Fc61tQN [2/2]
おそらく洋服や下着や眼鏡と同じように毎日使うものだから
気に入っているかどうかというのは重要
変化の激しいPC業界で唯一無二変らない存在だったものがなくなるのは残念

13 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 13:14:53.86 ID:???
Xシリーズの上位機種もフラット&アイソレーション・キーになるのかな。
トラックポイントが消えるのも時間の問題か。
さよならThinkPad...

 2年前にまたThinkPadにもどった。Dellのひどさに接して、あらためてThinkPadの良さを知った。
 トラックポイントが消えたら完全にさよならだけど、「もしかしたらこのキイボード、使いやすいかも」と一縷の望みをもって、発売されたら触ってみたい。 こんなことになっても、それでも多くの機種を使ってきた私の中で、今もいちばんのノートブックだから。