私の買ったWindows8はUpgrade版である。Upgrade版であるからして、正直に7を挿れているSSDにUpgradeした。
その前にそのSSDに入っている7はHDDCloneでコピーしておいた。7と8のSSD2台のデュアルブートとした。 

で、その8をのんびりと磨いていた。スタートメニューを復活させるフリーソフトを挿れたり、リボン形式という使いづらい形式になったエクスプローラを元のようにするフリーソフトを挿れたりした。 やっていることは8から8らしさを取ることばかりである。これじゃ何のために8を挿れたのかわからない。でも8は7よりも軽くて速いのだという。その1点にのみ期待していた。



ところが私の8は重い。遅い。いらつく。いきおい好調の7ばかり使っていた。それでいいのだが、せっかく買ったのにとケチな料簡も顔を出す。 
よってまた8を起動したりする。ベンチマークを取ってみたらとんでもない数字が出た。SSDなのにHDDよりも遅い。
さすがにそれを8のせいにする気はなかった。SSDの問題だろう。Silicon Powerだ。ハズレを引いてしまったらしい。それにしてもひどすぎる。

餘っているHDDに7を挿れ、Upgradeで8を挿れてみた。するとまともに動く。やはりSilicon PowerのSSDが悪いのである。
古いHDDに挿れた「まともに動く8」は、それなりにおもしろく、やっと私の中に「8も捨てたもんじゃない」という感覚が芽ばえてきた。
となると、どうしようもないその「Silicon PowerのSSD」に対する不満がまた生まれる。なんとかならんのか。初期化すれば速くなるだろうが、そのあとの7を挿れて、それから8をUpgradeで挿れるのが面倒だ。



というところに「8のUpgrade版は、そのまますんなりクリーンインストール出来る」という情報を得る。いまやネット上に溢れている常識だが、7はそれができなかったことを覚えているので、私は半信半疑だ。本当だろうか。だとしたらMSの大チョンボ、いやあのセコい会社には珍しい大サービスになる。あの会社、がめついのでこういうことにだけはシビアだ。ちょっと信じがたい。

しかし使い物にならない7に上書きインストールした8のSSDを保っていてもしょうがない。ダメならダメで諦めようと、磨きあげた7の上にUpgradeした8だったが、思いきって消した。初期化して真っさらにする。

Upgrade版8のインストール。すると噂通りすんなりとクリーンインストール出来た。7のときは対象となるOSが見つからないとインストール出来なかったのだが……。

そしてどうしようもなかったSilicon PowerのSSDがごくふつうのSSDの速さで動き始めた。快適である。こうなると8もかわいくなってくる。



もしも同じような悩みをもっているかたがいたら、ぜひクリーンインストールしてみてください。そのほうが確実に速いです。