Shogi.gif 日本女子プロ将棋協会が泥沼ストライキ

 日本女子プロ将棋協会(LPSA)は28日、所属の石橋幸緒女流四段(32)が30日に予定されていた第6期マイナビ女子オープン準決勝・里見香奈女流四冠戦の対局を断念すると発表した。LPSAは07年に日本将棋連盟からお家騒動”の果てに独立。以降も対立が表面化していた。

 LPSAは29日、都内で石橋女流四段や弁護士らが出席し、経緯説明の会見を開くが、展開次第では法的措置も視野に入れており、泥沼の争いは避けられない情勢だ。

 「マイナビ女子オープン」は、LPSAが日本将棋連盟、株式会社マイナビと三者で主催する大会。LPSAは28日、マスコミ各社にファクスを送り、断念を発表するとともに、「共同主催二社による重大な契約違反と、決して許されることのない自治権の侵害があった」と主張。本紙の取材に対し、「日本将棋連盟からずっと継続して、こちらが不利益を被る提案を受けてきた。協会として、このような対応を取らざるを得なかった」と回答した。

 また、「すべての棋戦で同様の扱いを受けている。このままでは、全棋戦からLPSAの棋士が撤退することにもなり得る」と、強硬な姿勢を示した。

 LPSAは2007年、17人の女流棋士が日本将棋連盟から独立する形で設立。連盟とは友好関係を維持することで合意したものの、設立前には連盟から主催棋戦の参加を認めない可能性を示唆されるなど、“お家騒動”の果ての独立だった。

 10年には、LPSA主催の棋戦「第4回日レス杯」の出場女流棋士を巡って、日本将棋連盟の米長邦雄会長(当時)がLPSAを非難する声明を発表するなど、両者の対立が続いていた。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/01/28/1p_0005702571.shtml

---------------

 私はLPSAを支持している。女流棋士は、米長にいじめられて気の毒だった。独立運動の先頭を走っていたのに、突如寝返った矢内を嫌った。

 今回のこれも、その後も続くイジメに対して我慢の限界ということだろう。だがこの戦術に効果はあるのだろうか。
 将棋連盟のほうに女流棋士はいくらでもいる。LPSAが女流棋戦に参加しないというのは、将棋連盟にとって、「どうぞどうぞ」「よろこんで」の世界なのではないか。今までも米長の本音は「ぜんぶの棋戦から追いだしたい」だったろうから。
 LPSAが参戦しないと棋戦が成立しない、というようなことはないのだ。

 まことに失礼ながら、ほんとに強い女流棋士はごくわずかだ。補充候補はいくらでもいる。将棋連盟は、自分の所の駒を格上げして参加させれば困ることはない。
 女流棋士は将棋界の華であり、たいせつな存在だが、同時にまた華がなくてもひとは喰うには困らない。なんだか悲劇的な結末になりそうで心配だ。
 でもたとえそうなろうともやらねばならないほど追い詰められていたのだろう。その気持ちはわかる。



 ただ、米長がいなくなったことで、彼にどれほどひどいことをされてきたかは言いやすくなった。それは今日の記者会見待ちだが。

 でもなあ、棋戦ボイコットは、それぐらいしか抗議の方法がないにせよ、意味があるとは思えない。
 むずかしい。がんばってくれとしか言えない。将棋マスコミにはLPSA支持のひとも多い。彼らがどう動くか。

 肝腎の将棋連盟はどうなのだろう。体制は、米長から谷川に代わった。谷川は女流に対してどんな気持ちなのだろう。米長などより遥かに大きな心のひとのはずだが……。
 果たしてこのストライキの結末はどうなるのか。
(ここまで29日、正午、上記引用のデイリースポーツの記事を読んで記入。)

---------------

【追記】──契約を解除されたからのボイコットだった──15:55

会見の様子が分かった。ボイコットではない。来期の契約を切られたから、だったら今期の残りに出てもしょうがない、としたのだ。そうなのだと思う。抗議でボイコットしても意味はないから。

上記引用のデイリースポーツの「泥沼ストライキ」という表現が誤っている。
私もそれに釣られて、上記、見当違いのことを書いているが、それはそれでその記事からそう思ったのだから、しょうがない。そのまま残しておくことにする。事実は以下のようなものである。
 女子オープンを主催しているマイナビから「来期の契約はしない」と言われたので、「だったら30日の試合はいいです」となっただけである。ボイコットではあるが「泥沼ストライキ」ではない。記者会見前の推測記事だからしょうがないとはいえ、ずいぶんといいかげんな内容だった。



日本女子プロ将棋協会(LPSA)は29日、都内で会見し、女流棋戦「マイナビ女子オープン」を日本将棋連盟、LPSAと3者で共同主催する株式会社マイナビから「来期はLPSAとは契約せず、日本将棋連盟との2者契約とする」と通告されたことを明らかにした。

2007年に日本将棋連盟から一部の女流棋士が独立し設立されたLPSA。
今回の措置について、代表理事の石橋幸緒女流四段(32)は「容認できない」と報道陣の前で抗議するとともに、「大変残念な思い。排除されてしまったのかなあと痛切の念を禁じ得ません」と話した。

通告を受け、LPSAはマイナビ側と今期の契約を途中解除。石橋は、30日に予定されていた準決勝・里見香奈女流四冠(20)戦には出場しない。
石橋は「悔しく、無念の思いが去来しております」と話した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130129-OHT1T00121.htm

--------------- 

 厳しい状況になってきた。マイナビは毎日コミュニケーション。毎日新聞系。『東大将棋』『激指』等のPC将棋ソフトや将棋本、「週刊将棋」も出している将棋出版系では要の会社だ。いまは将棋連盟の機関誌『将棋世界』の発刊も手掛けている。
女流棋戦「マイナビ女子オープン」は、優勝賞金500万円で女流棋戦の格付1位である。そこから縁を切られるとは何があったのだろう。

前記したように機関誌の『将棋世界』も出している最も将棋連盟とちかい組織だから、そこが縁を切ったということは将棋連盟の意思なのだろうか。 



 しかしこれは明らかな弱いものイジメである。泉下の米長は満面笑みで拍手喝采だろう。
マイナビは意見表明しないのだろうか。今まで一緒にやってきた団体と縁を切ったのだから、その理由は明確にすべきだ。会社員をクビにするときにも、遅刻が多いとか、仕事に熱意がないとか、理由は必要だ。今回もそれは表に出すべきだろう。そういう落ち度がLPSAにあったとは思えない。

LPSAには民主党系のサヨク弁護士がついている。これはLPSAの大嫌いな点になる。
この弁護士が騒ぎたてることによって、そのうち内実もわかると思うが、こういうことになると、将棋の団体なんて弱いものだとしみじみ思う。スポンサーに嫌われたら収入の道を断たれるのだ。



米長の訃報に触れた文で、私は「棋士」を、「スポンサーから金をもらって生きる芸者の側面もある」と書いた。スポンサーになってもらうためには、大嫌いな創価学会だろうと共産党(赤旗)だろうと、愛想笑いで酒席をともにせねばならない。米長はそういう腹芸が出来たが、残された陣営でそれの出来る人材がいるだろうかと。

本当はプロに経営を任せた方がいいのだが、誇り高い力士や棋士は「部外者にはわからん」と自分達で組織運営をしたがる。それはそれで賛成なのだけれど……。



今回のこの報を知り、あらためてスポンサーあっての商売なのだなとかなしくなった。 よい棋譜を残すとかなんとか以前に、金を出してくれるスポンサーがいないと餓死する世界なのだ。
今後この流れはどうなるのだろう。王座戦のリコー、名人戦のユニバーサル、 王位戦の新聞三社連合は、どんな態度に出るのか。みな米長の願いだった「LPSA潰し」に協力するのだろうか。

もしも私が将棋連盟所属の女流棋士だったら(こんな假定も噴飯物だが)、私はやはり独立してLPSAに行った。立ち上がった彼女たちはえらい。応援してきた。
そう思うから、この決定(=敗戦)は悔しくてたまらない。今後どうなるのか。サヨク弁護士が抗議したところでこの結論はくつがえらない。

米長がやったのなら、彼がいかにLPSAを嫌っていたかを知っているから納得するが、彼の死後の事件である。なんとも複雑な心境だ。 

---------------

【追記.2】──ファンが意外に冷たい──1/29 20時

2ちゃんねるの将棋板に行って関連スレを読んでみたら、全般的に、 書きこんでいる人がLPSAに冷たいのでおどろいた。女流棋界は今、将棋連盟所属の里見を中心に動いている。初代王座になった加藤も奨励会所属で話題になった。対して、LPSAのほうには大きな話題はない。タイトルホルダーもいない。注目を集めたあの独立騒動ももうはるか彼方、ということなのか。

義侠心というか判官贔屓というか、私はそれなりに事情を知っている将棋ファンはLPSA支持だと思っていたので、この支持の低さは意外だった。

すこし救われたのは、芸スポ速報と将棋板の両方にスレが立っていたのだが、芸スポ速報のほうは何も知らないひとが冷やかしでどうでもいい書きこみをしていたのに対し、さすがに将棋板のほうは、まともな意見が多かった。こちらにはLPSA支持のひともいて安心した。でもそんなひとたちも「これで終っちゃったな」と諦めていたようだ。

今回のことによりLPSAという組織は急速に壊滅に向かうのだろうか。石橋の言ったように「排除」を感じる。それが将棋連盟の意思なのか。
一ファンとしては案じつつ事態の推移を見守るしかない……。