10月18日、無料DownloadのWin8.1正規版を挿れた。
 8.1Preview版を挿れたら固まって動かなくなり(いつだっけ、それはここに書いた。あとで日附を記入しよう)しばらくほっておいたが、その後、せっかく8をもっているのに使わないのももったいないと(このセコさがすべてのトラブルの元だ)、それを削除して、また8を挿れた。

 しかしさすがに経験から学び、「この8に使い慣れたアプリを挿れたりキーカスタマイズしたりして磨いても、8.1インストールでぶち壊しになるかも知れないから、よけいなことをせずそのまま待とう」と、ほとんど原形のままだった。何もしないと使えないので、左CtrlとCapsLockの配置変更とATOKのインストールだけはした。最愛の7-Ultimateがあるから8などどうでもよかった。「ならなぜ8.1を挿れるのか」と問われるとうつむくしかないが。



 18日から8.1が8使用者に限り無料Download出来るようになった。ストアからDownloadしてインストールする形になっている。やってみた。Preview版ではどうしようもなかった固まってしまう問題も解決されているにちがいないと期待した。
 8.1のスタート画面になった。これからこれと長いつきあいになるのかと思う。まあメインは7だけれど。

 8.1からスタートボタン復活というのは大嘘で、単にあの奇妙なスタート画面への連絡ボタンが附いたにすぎない。
 不便でどうしようもないので、まずは「8を7までのようなスタート画面にするStartIsBackというソフト」をインストールする。8の時は問題なく動き、7までのようにスタートボタンが復活するので便利に利用していた。8を使うとき、これと「Ribbon Disablerというエクスプローラーを元のようにするソフト」は必須だった。とにかく8というのは頭がおかしくなったのではないかと思うほど使いづらくなっている。Windowsのいいところを自らぜんぶ壊している。



 StartIsBackをインストールしたら、タスクバーが痙攣したようにプルプル顫え、固まってしまった。ハングアップである。 
 これは8.1Preview版でも起きた。私はこれでPreview版に絶望し、それでも10月17日に正規版が出るときのためにと、それを削除してあらたに8を挿れてこの日を待っていたのだった。また同じ事が起きた。

 これを解決するためには「PCリフレッシュ」という形で初期状態に戻せばいい。StartIsBackをインストールする以前の状態に戻せばいいわけだ。しかしそれをしようとしたら「インストールディスクを挿れろ」と言われた。8を挿れてみた。すると「それじゃない」と言われる。どうやら8.1のディスクを挿れねばならないようだ。でもそんなものはもっていない。8にDownloadした8.1を上書きしただけである。セーフモードならなんとかなるかと期待したが、こちらもプルプル顫えている。まあこれはprview版でもそうだった。どうしようもない。



 ということで溜息を吐きつつ、もう一度8をインストールするところからやり直す。
 ここで知った奇妙なこと。
 8.1は8を最新型にUpdateしたものでないとインストール出来ないのである。不思議だ。

 購入したときの8のディスクがある。昨年10月のもの。これをインストールして、すぐにストアから8.1をDownloadしてUpdateしようとしても出来ない。ストアに8.1Downloadが表示されない。まずは8を最新のものにUpdateせねばならないのだ。これは奇妙に感じた。私は8のそれは8.1が持っている、含んでいると思っていた。そうじゃないようだ。よくわからん。だってSP2はふつうSP1を含んでいる。どういうことだろう。

 とにかく、8をインストールしたら、まずWindows Updateをして最新型にせねばならない。1年前の生のままの8だからUpdateファイルも積もり積もって800MB以上ある。これをDownloadしてインストールするにはかなり時間が掛かる。なんとかそれをして、再起動すると、やっと8.1がDownload出来るようになる。8.1の3.7GBだかのファイルをDownloadしてインストールする。そうしてまた8.1環境が出来上がる。



 Preview版も今回の正規版も、スタートボタンを復活させるStartIsBackをインストールした瞬間、固まった。何も出来なくなり再インストールとなった。それが原因なのだろう。いくら考えてもそうとしか思えない。
 しかし、最新のOSが、3.7GBもある巨大OSが、スタートボタンを復活させて使いやすくするというちいさなユーティリティをインストールするだけで固まってどうしようもなくなるなんてことがあるだろうか。既に8.1Preview版、そして今回の正規版で、私は2回もう経験しているわけだが、それでもまた信じられない。

 あれこれ挿れてだいぶ整ってきた。でもスタートボタンがないと使いづらい。思いきってまたやってみることにした。懲りない(笑)。StartIsBackを挿れたらおかしくなったのだが、原因は他にあるのかも知れない。たまたまStartIsBackを挿れたときに起きただけで。

 インストールしてみた。見事に固まった。タスクバーが痙攣して何も出来なくなった。いまこの状態である。
解決法を検索してみたが(もちろん別のパソコンから)何もヒットしない。



 いま探したら、StartIsBackのバージョンは2.1まで行っているらしい。私の持っているのは初期の1.2だった。2はその問題を解決しているのだろうか。8では問題なく動き、7に近い環境になって快適だった。1.2は8ではまともに動いた。8.1Preview版と8.1正規版で固まるのである。バージョン2.1なら大丈夫だろうか。Downloadしてみた。

 固まって動かないままの8.1を今から完全削除して、また8をあらたに挿れて、Updateして、8.1をインストールして、StartIsBackをまた挿れてみようと思っている。ここまできたら意地である(笑)。愚かであるけれど。

 パソコンを複数台持っているから、そんなことをしているあいだもふつうに作業できるけれど、一台しかないひとには深刻な問題だろう。ほんとにほんとにクソOSである。8は。

---------------

【追記】──インストール出来なくなっていた──10:43

 早くもWin8.1、3度目のクリーンインストール。いやはや。うんざり。我ながらようやると感心する。でもけっきょくはやっているんだから好きなんだろうなあ……。 

 8をクリーンインストールして、Updateして、8.1をDownloadして、インストールして、さあいよいよStartIsBackの番。今までのならまちがいなく固まるが、バージョンを1.2から2.1にした。これならだいじょうぶかも知れない。
 ここでまたプルプルして固まると落ちこむ。さすがにしばらくは8.1から離れて、4度目のクリーンインストールはかなり先になるだろう。緊張する。 

 すると、「このバージョンはこのOSに適合していない。あたらしいバージョンを探してくれ」と出た。バージョン1.2だとそのままインストール出来て、そこで固まってしまった。2.1だと、Win8.1が「このソフトはこのOSに合っていない」と拒んでくれるのだ。助かった。使えないなら使えないで諦めもつく。またここで固まられたらたいへんだった。これが基本だよねえ。すんなりインストール出来てプルプルはひどすぎる。まともな対応である。



 よって、StartIsBackを入れない8.1をすこし磨いた。しかし使いづらい。スタートボタンがないので、あれこれいじくってOSを磨く私には不便だ。苦痛だ。なぜMSはこんなことをしたのか。理解に苦しむ。と同じ事を何度書いたことやら。

 同様のアプリにClassic Shellがあるが、あちらは大丈夫なのだろうか。でももうやる度胸がなくなった。これ以上くだらないクリーンインストールに時間を取られたくない。しばらくこのまま我慢していれば、そのうちどなたかが「こうすれば8.1でも使える」と発見してくれるだろう。それまでは不便でもこのままで行くしかない。いや、行かずに7で世の中の流れを見ていよう。このOSに、敢えて使うほどの、使わねばならない利点はなにひとつない。単に「せっかく買ったのだからもったいない」と手を出しているだけだ。 

 一応8.1が動く環境が出来上がった。係わりあいたくない。いま7に戻ってこれを書いている。今日は菊花賞。不良馬場になりそうだ。もう8.1のことは忘れてそちらを愉しもう。

---------------

【追記.2】──8.1対応版が出たらしい

「このバージョンは対応していない」というのは、「対応しているバージョンがあるということか!?」と調べたら、そうだった。詳しくはこちらに書いてある。

 10月10日に8.1対応版が出たらしい。しかしその後、すぐ16日に改良版が出ているのがすこし怖い。何かあったのか。とりあえず今Downloadした。堂々と「8.1対応」を謳っているのだから問題ないだろう。でもここ3回のクリーンインストールで疲れた。その前のPreview版を足すと4回もやっていることになる。
 これをインストールするのは一週間後ぐらいでいい。しばらくは8.1に係わりあいたくない。

---------------

【追記.3】──出来ました!──16:00

startisback
 上記の最新バージョンを使ったら、Win8.1のスタートメニューが見事に7以前のように使いやすくなりました。おさわがせしました。すみません。StartIsBack、最高!!

 反省を込めて言うと、私個人の「8.1に対して、旧いバージョンの1.2を強要していたことが原因」なのですね。Preview版の時はまだ「8.1用」がなかったのだから仕方ないですが、正規版が出た10月17日にそのことに気配りし、よりあたらしいものがあるかどうかを確認していれば、すでに10月10日に8.1対応版を出してくれていたのだから、私の問題は起きていませんでした。これは「8用の旧いバージョンをそのまま8.1に使った私のミス」でした。

 最新版をチェックしていれば、こんなに再インストールを繰り返すこともありませんでした。「情報」というものに関して反省する一件となりました。 
 
 ま、とりあえず、すばらしいソフトのStartIsBackは「8.1版」が開発され順当に活躍しています。8のスタート画面に不満のあるかたはぜひ使ってみてください。上記の「詳しくはこちら」リンクから入手出来ます。8.1用の「StartIsBack+1.0.1」を使えば問題は起きません。