朝日新聞のとんでもない情報操作
  靖国参拝に、あの朝日新聞読者でも60%が賛成していたのだ!

****************************************

 姑息な紙面作りをしていた。
 朝日新聞は安倍首相の靖国神社参拝直後、読者にアンケート調査を実施した。

 12月29日に誰も気がつかないような小さな記事(なんと三十面の下の方にゴミ記事あつかい)を配して、「賛成」が60%、「反対」がわずか15%だったことを渋々伝えている
ことが分かった。
 
 周知のようにヤフーの「参拝を妥当だと思いますか?」という調査では、12月26日から2014年1月5日までに合計488731人から回答があり、「妥当」とした人が372861人(実に76・3%)、「妥当でない」と回答したのは115879(23・7%)だった。
 
 なんとも驚くほど姑息なメディアが朝日である。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成26(2014)年1月20日(月曜日) 通巻第4123号

---------------

 でもまあ渋々こっそりでも伝えただけ褒めてやろうかと(笑)。戦争中は負けている戦いでも「勝った勝った、また勝った」とウソを書いていた新聞ですからね(笑)。ここも信用できないですね。ほんとに6割かな、8割ぐらいあったんじゃないの。

 Yahooの調査は50万人ちかい数字なので説得力があります。アサヒの読者無作為抽出電話アンケート100人よりも遙かに。
 そうですか、アサヒの調査でもそんな結果だったんですか。記事にしたくなかったでしょうね(笑)。

 宮崎先生、貴重な情報をいつもありがとうございます。 死んでも読まない新聞なので、このメルマガで教えてもらわなかったら永遠に知ることのない事実でした。深謝。