hoppy-akibin

 空きビンを捨てられる日は二週間に一度。以前は指定の袋にいれさせられたが、今春から空きビン専用の容器を用意しろとなった。そのほうが合理的だ。大きめのポリバケツを用意した。これ、二年前、足湯をやろうとして買ったものだ。その後フットマッサージャーを買い不要になっていた。でも足湯には独特の味わいがある。今冬はまたやってみようか。

 ホッピーに凝るまで、私の出すゴミにビンはほとんどなかった。肉を食わなくなってワインは飲まなくなったし、たまに日本酒の四合瓶が1本ぐらいだ。本当はもっと日本酒を飲みたいのだが、ビンボなくせに味が判るものだから、まずいのは飲めない。日本酒は高くつくので稀となる。

 二週に一度これを抱えて集荷所に置きに行くのが恥ずかしい。毎回この状態だから、収集するひとも「なんかここには異様なホッピー好きがいるな」と思っているのではないかと赤面する。

 毎回このバケツを抱えて運ぶたび、ブログ用に写真を撮ろうと思っていた。今回やっとやれた。のでアップ。
 36本あった。14日分だから平均2.5本か。前回も写真は撮らなかったが数えてみた。42本あった。これだと平均3本になる。飲むときはきまって4本だ。ビールの日や日本酒の日もある。寒いときは、ホット焼酎の生レモン割もやる。それで平均3本になるらしい。

 健康診断によると肝臓その他きわめて健康。唯一、悪玉コレステロール値が高い。高脂血症、いまは脂質異常症というのだったか。魚と野菜中心の生活なので、この指摘は不満だ。それに効果のあるサプリメントを探したら青魚から採ったなんとかかんとか。毎日魚ばかり喰っている。不要だな。思いあたるものとしては乳製品。バター好きだし、カマンベールチーズとかもツマミでよく喰っている。あの辺を我慢せねばならないのか。

 シナのまずいビールを飲んでいたらホッピーが恋しくなってこまった。
 ひとが引きずるものにはいろいろある。長年異国に住み、その地で人生を終えることがきまっている知人が、たまに帰国したとき、桜の開花に出会い、涙がとまらなくなったと言っていた。私にまだそれはないが、ちかごろ異国にいると日本の食い物が恋しくなって困る。異国に行ったらその地の食い物を食うようにしてきた。不満はなかった。なのに……。齢か。食通でもないし、こだわるようなお袋の味なんてのもないのに、自分にそんな感覚が芽ばえるとは意外だった。

 ま、この駄文、ホッピー文に上の写真を添えました、とそういうご報告です。