下は、《デヴィ夫人のブログ》から選挙に関する意見。



日本の皆さん、比例区は 『次世代の党』 にお願いまします。

14日(日)は 衆院選の投票日です。皆さん、 投票に 必ず 行きましょう!

皆さんの 1票が 日本を変える 大きな力があるのです。


私は 『次世代の党』(最高顧問  石原慎太郎氏、党首は 平沼赳夫氏)を 応援しています。

アメリカに追従し、 中国に遠慮し、 韓国に気遣いをしている情けない日本は 強く変わらなくてはなりません。

日本領土の防衛は、 アメリカに頼らず日本で 守りましょう。

そうでないと 真の独立国家とは 言えません。




 これだけを読むと全面的に同意である。アメリカに隷属しているなさけない現状、中韓に対する委縮、まったくそのとおりである。
 しかしこのひとに関してはもうひとつポイントがある。

 アメリカ、中共、韓国は出て来るが、北朝鮮は出て来ない。北朝鮮はデヴィ夫人最愛の国なのだ。このひとの意見は、ここに北朝鮮を絡ませると豹変する。いきなり「何万人もの朝鮮人を強制連行し酷使し」と社民党あたりと同じ事を言いだす。北朝鮮愛と比したら、次世代の党も田母神さんも相手にならない。

 それは《正気とは思えないデヴィ夫人の北朝鮮讃歌──最愛の北朝鮮の前では、石原、橋下、みんな否定》に書いた。みんな否定して最後に残るのが小沢一郎なのである(笑)。そりゃ小沢は母国朝鮮は大好きだ。



 また上掲のデヴィ夫人の文章には、

日本を変え、 日本を取り戻したい方、狷本人の  日本人のよる  日本人のための瓠惻\ぢ紊療沺戮 是非、 投票して下さい!

安倍政権を支え、 足並みを揃えられるのは『次世代の党』です。


 とあり、安倍政権支持のように見えるが、デヴィ夫人は石波支持者であり、北朝鮮と対立する安倍首相は否定している。
 それは《朝鮮愛ひとすじのデヴィ夫人は熱烈な石波支持だと今ごろ知りました》に書いた。ほんとにもうこのひとはすべての判断基準が北朝鮮にある。願いは石波が首相になり北朝鮮との国交樹立なのだろう。



 けっきょく最上位に「北朝鮮愛」のデヴィ夫人が真に信じる政治家は小沢一郎だけになる。
 田母神さんは北朝鮮を認めていない。北朝鮮の話を始めたら田母神さんとデヴィ夫人は対立し、デヴィ夫人は激昂して袂を分かつだろう。石原、橋下と同じく北朝鮮愛の前には田母神さんも吹き飛んでしまう。とするならこの応援は悖反している。

 その矛盾については《都知事選──デヴィ夫人の応援は田母神さんにプラスなのか!?》に書いた。今回のこれも同じようなものだ。結論も同じ。「デヴィ夫人の応援は田母神さんに役立つのだろうか。応援演説やブログ文で、田母神さんに投票してくれるひとがひとりでも増えるなら、それは感謝すべきことなのだろうが……」になる。デヴィ夫人はすなおに小沢一郎の応援に行けばいいのだ。小沢も落ち目で今回はたいへんな状況だ。地元にもどってドブ板選挙をしている。大震災のあとは放射能が怖くて帰らなかったのにね(笑)。デヴィ夫人は岩手に行け。そこで小沢と一緒に北朝鮮を讃美しろ。それが矛盾のない行動だ。

 といって私はデヴィ夫人嫌いではない。それは私の《デヴィ夫人項目》を読んで頂けばわかる。私ほどこのひとに深い興味をもっているのはいないのではないか(笑)。いやほんと、このひとはむかし世話になった男への恩義を忘れない古き良き花柳界の女みたいな感覚で、そこのところはじつに好ましい。北朝鮮愛も「インドネシアで苦しい時代のわたしを助けてくれた金日成首相への恩義」から出発している。「アメリカ嫌い」も、「そのころいじめられた」から始まっていて、まことよくもわるくも女らしい女である。だがこのひとの日朝歴史解釈は間違いばかりで肯んじることはできない。



 西東京在住の私は選挙区では投票する候補者がいない。明日は比例代表で次世代の党にいれてくるだけだ。小選挙区制反対と同様に比例代表制なんてくだらないものはすぐに廃止すべしと思っているが、今回はこれのおかげで参加できるのは皮肉だ。

《「怖いよお、放射能がくるよお」と布団を被ってブルブルふるえている母さん》(←なんちゅうなさけない60代だろう。娘がそうならわかる。それを叱り飛ばすのが母親だ。こんな腰抜けの60代がいるとは信じがたい)とともに着の身着のままで西日本に疎開してもう三年も経つのに、都知事選に当日の朝「不在者投票」で参加できたりする法規を超えたスーパーマン<きっこさん>がうらやましい。私にも<きっこさん>のような超能力があったら西東京に住んでいながら東京12区で田母神さんに票を投じてくるのだが。

---------------

追記──青木愛の応援に山本太郎(笑)

 東京12区の生活の党(笑)から立候補の青木愛の応援に山本太郎(笑)が駆けつけたのだとか。まことに民族愛の強いかたがたである。小沢─青木─山本……なんだかな(笑)。

 今回の選挙、私は「生活の党と社民党が大躍進し350議席を獲得。両党の連立政権樹立。小沢一郎首相誕生」と読むが果たしてどうか。20時からの開票速報が楽しみだ。もしも生活の党と社民党で350議席取れなかったら鼻からカルボナーラ喰ってやるよ。ってどこかで聞いたことあるな。