6時前だというのに射しこむ朝日でまぶしいほど。室温は早くも30度を突破。「夏はBossa Nova」一辺倒なので朝からもうStan Getzが吹きまくっている。

先日、「Blue Giant」を全5巻まとめ買いした。1巻ずつでは生殺しだから溜るまで待っていた。気合いを入れて読んだ。画でJazzを表現しようと石塚真一さんが挑んでいるのだ。こちらも気魄をもって接せねばならない。「気合い」とか「気魄」と書いているが、なんのことはない、最高に愉しむための酒と音楽に凝ったという話。これはサイトに独立して書こう。長くなる。当然Jazzを聞くのだが、作品中にもばんばん出てくるので、それを追っているだけでもたのしい。でもそれでは追従で不満とも言える。作品に負けることなく、こちら側の選択で対決するというのも手だ。結果的に私はSonny Rollinsを撰んだ。画から流れてくる音がそう聞こえたからだ。
いまトリオを組んだから、次ぎに単行本を買って読むときは、ピアノも意識せねばならない。あの音は誰なんだろう。というかトリオのままなのかな。ベースが欲しいけど。

酒は、むかしからJazzを聞くときはbourbonと決めていた。ストレートだ。Monkのように「straight no chaser」とは行かずたっぷり氷水を飲む。腹の中で混ぜているのだから水割りと同じじゃないかとも思うのだが、それでもストレートと水割りは私の中では明確にちがう。Jazzとbourbonは、あまりにワンパターンとも思うが、それがいちばん合ってたのしい。フランスという国はいろいろ問題があって好きか嫌いかいまだにわからないのだが、アメリカで差別されて苦しむ黒人ミュージシャンに寛容だったことは好意的に解釈する。そういう意味ではたしかに藝術の国だ。もっとも我が日本だってすぐれた音楽家は肌の色など関係なく大歓迎するから、初来日したアート・ブレーキーがそれに感動して大の親日家になったのは有名な話。
今回はJazzマンガをJazzを聞きつつ飲むのだからbourbonに決まっていそうだが、あえてそれはせず、いつもの「キンミヤとホッピー」にした。「菊水ふなぐち熟成」のときもあった。一応理由はある。主人公がまだ十代でもあり、作品から酒の匂いがしないのだ。石塚さんは飲まないひとなのかな? ならワンパターンのbourbonはかえって不粋なのではないかと考えた。Jazzだからbourbonと構えず、普段着の酒で、そのぶん音のほうに凝った。



ひさしぶりに「夏子の酒」を読み返している。このあと「奈津の蔵」「蔵人」もいく。こちらは「Blue Giant」の「なにを聞くか」と同様に「何を飲むか」が重要。日本酒と決まっているが、作品に失礼にならないだけのものを用意せねばならない。日代わりで純米酒や大吟醸を飲んだ。酒屋で唸った。選択に迷った。まあたのしい悩み。

こまったのは音楽だ。私は画を見つつ音楽を流し、酒と肴と、視覚聴覚味覚ぜんぶ愉しむのを常としている。なにかひとつ缺けても物足りない。この作品にはどんな音楽を流せばいいのだろう。作品に出て来るレベルに合わせるなら、新潟の田舎の青年がドライブ中に「ユーミン、聞くか?」なんてセリフがあるからそのあたりになるが、そういうものでもないだろう。ユーミンもとり揃えてはあるが。

しかしこれは「Blue Giant」から酒の匂いがしなかったように、音楽が聞こえてこないんだよな、作品から。なら「なし」なのか。「風の音」のような効果音でも流すのか。



尾瀬さんの最新作は「どうらく息子」。こちらも10巻そろったので手にした。まだ導入部の一巻しか読んでいない。落語マンガ。これは酒は日本酒ともう決めているけど、こちらも音楽はどうするんだろう。「Blue Giant」で名の出て来るミュージシャンの作品を意識したように、作品から感じる咄家の作品を適時に撰んで流すのか。志ん生親子、圓生、文楽、春風亭一門、柳家一門から立川流、関西は春団治、米朝、枝雀、文珍、三枝まで、なんにでも対応できるよう揃えてある。志の輔のDVDなんてのもぜんぶある。
といって落語マンガに落語ってのもベタだ。というか落語マンガに名人芸を流したらマンガが霞んでしまう。主役はマンガのほうで音楽はそれを引き立てる役目だ。いや音楽が主役の場を奪って、しばし聴き惚れるのも愉しいのだが……。じゃあなにを流す。そういや「出囃子集」なんてのももっている。そういうのもありか。