livedoorブログの管理画面の上部には、「ブログネタ」というのが表示されている。こんな感じ。

ld-neta1


ld-neta2


 興味がないので気づかなかったが、このサジェストは流れていると知る。いま知った。上の「どんな花火が好きですか?」の部分は、次々と変るのだ。日代わりと思っていた。そうじゃない。10秒ぐらいで変っている。5分も見ていれば誰でも気に入るテーマに出逢えるか。

 また気づいた。いま文章を記入しているこの場には表示されない。なるほど。文章を記入する場とは、すでにテーマがあり、書いている状態だ。そこにそんなものはいらない。表示されるのは、あくまでも訪問者数や人気記事等が表示され、「さて今日はなにを書こうかな?」と思っている場のみなのである。藝が細かい。まあ「管理画面」を開き、「さて今日はなにを書こうかな」と思うひとがいるかどうかはべつにして。

 この表示その物はだいぶ前から知っていた。ずいぶんと親切な話である。これに関して私は批判的だった。「そんなにまでして書くものでもないだろう」と。
 まだ眠りたいこどもを「起きろ、学校に行け」と親がやるのは平常だが、始めはしたものの書くべきテーマもなく、書かないブロガーに「書け、なにも思いつかないのか、ならこんなテーマはどうだ」と主催者がやるのはやりすぎだ。そんなにまでしてやるものではないだろう。

 この世に「三日坊主ブログ」はどれぐらいあるのだろう。「猫も杓子も」で始めたものの書くことがなくて数回で放置する。そもそも書くことがないのにとりあえず始めるというのがまちがいだが、たぶんそういうひとは大勢いて、ふたつみっつ書かれただけで放置されたブログもいっぱいあるのだろう。当然そういうひとは、「わたしにはもう書けません。書けもしないのに始めたわたしが悪うございました」と潔くIDとブログを削除してきれいに消えるのではなく、ぐだぐだとそのまま放置なのだろう。そんな「三日坊主放置ブログ」が、それこそ何百万何千万とあるにちがいない。それをすこしでも減らしたいと考えた主催者側のアイディアがこれなのか。この「こんなテーマはいかがですか」の表示を見るたび、いつもそんなことを考えた。



 先日、といってもだいぶ前になるが、この「ブログネタ」のところに「livedoorブログのいいところ」というのを見かけた。ライブドアが利用者に「うちのブログのいいところはどこですか?」とテーマを示唆しているわけで、なんだかな、と苦笑したのを覚えている。
 この「ブログネタ」のコーナーを担当し、思いつくテーマを次々と書きこむ係のひともいるのだろう。上記の「どんな花火が好きですか?」のようなことから、「夏休みの思い出」「初めて飼ったペット」とか、あれこれ書きこんで行く中で、「ライブドアのいいところ」ってのも出てきた。それはライブドアブログの利用者なら思うところはあるだろうからいいテーマだ。「いいところ」とサジェストすれば自然に「不満」も思いつく。褒めたり貶したり、ここで掲示されるテーマにアシストされて書いているひとには有効だったことだろう。って、この掲示を見て、「よし、今日はこのテーマで書こう!」なんてひとはいるのだろうか。いるんだろうな、何十万人も利用者がいるのだから、それで毎日やっているひとも何百人ぐらいはいるのだろう。

 と、「ライブドアってブログネタを教示してくれるんだよ。でもブログってそんなにまでして書くものなのかね!?」と否定しつつ、そのことをこういうふうにして書いたら、そのブログネタに示唆されて書いているひとと私も同じになってしまう。私はいまそれをやっている。とてもかっこわるいことだ。そうわかっているのに、なぜこのことをテーマにしたかだが……。



 2005年7月から丸十年続けてきたこのライブドアブログをやめようと思っている。ブログをやめるのではない。引っ越しだ。引っ越しの理由はあらためて書くとして。とりあえずいまFC2ブログに引っ越しはした。それはこちら。
 サイトを長年FC2でやっているので(と確認したら、サイトは2000年からやっているがFC2にしたのは2007年からだから狡糠瓩任發覆い)FC2統一はうれしくもあるのだが、どうにもこのFC2ブログの使い勝手がわるい。

 サイトがFC2だからブログもそれにしようと安易に考えたのではない。あちこち調べた。みな使いづらい。みな缺点が目につく。長所もあるにちがいない。しかしあまりに慣れ親しんだlivedoorブログが快適なものだから、ちっとも良さが見えてこない。
 知人のKさんがやっているYahooなんて広告がうざくて訪問するだけでいやになる。論外。ほんと、Kさんのブログがなかったらちかよりたくない。芸能人ご用達のアメーバなんてのも嫌いだ。あれこれさがすが帯に短し襷に長しで結論が出ない。私なりに調べて、結論ではなく、とりあえずよさそうなFC2にしてみた。ユーザー数は最大だというから、ずいぶんとFC2もメジャーになった。
 私はまだFC2ブログを使いこなしていないが、納得するデザインのブログもいくつか見かけたから、こちらのスキルがあがれば満足するだけのものが出来るようにも思う。だが使いづらい。

 スキルは、私にもそれなりにあるのだ。どんなバカでも30年以上関わっていればそれなりに出来るようになる。htmlやcssをいじって、自分なりのオリジナリティを出すぐらいはやっている。フォントの変更、ポイントの指定、字間行間の設定、オリジナルトップ画像とか、自分なりにやってきた。いやむしろそれぐらい出来るから不満が生じているのかも知れない。つまりそれらが「やりづらい」のである。どこと比して? livedoorブログである。livedoorブログは「やりやすい、わかりやすい、便利」なのだ。

 ここで「そりゃ十年も関わってりゃそうだろう」という意見はあるだろう。ブログのカスタマイズ、CSSの書きかえを初めてやったのはlivedoorブログだから、そこのやりかたに慣れているのは確かだ。ブログパーツの設定とか……。

 livedoorブログならサクサク出来ることが、FC2ブログでは引っ掛かってギクシャクする。そのことに苛立っている。でもそれは単に「livedoorブログに慣れている、FC2ブログに慣れていない」だけが原因ではないように思うのだ。livedoorブログは多くの面ですぐれている。離れると決意して判った。別れると決意してから気づく女房の美点のようなものか(続く)