朝日杯FSの馬上で、横山がミルコの握手を拒んだと話題になっていた。横山の心の狭さが(笑)。
馬は強いのに腕の差で負けたんだから、握手に応じる気分にはなれないだろう。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで、シーザリオの息子エピファネイアが無傷の3連勝。強さを印象づけた。
一方、桜花賞馬ファレノプシスの弟キズナは3着に敗れて評価を落とした。

「新党きずな」が、正しい日本語論争を経て「きづな」に改名して話題になったが(誰ももうそんなもの覚えていないか) 、これは「キヅナ」だよね。私は「キズナ」という砂表示でがっかりしていた。

スペシャルウィークの娘、オークス馬シーザリオ(これも英語的にはシザーリオだが)が大好きだったから、エピファネイアの活躍はうれしい。これでやっと福永もダービージョッキーか。来年こそ父の勝てなかったダービーを勝て!

さらにまたシーザリオには、早世した同期の桜花賞馬ラインクラフトの分まで母として活躍して欲しいという願いがある。



シーザリオが今までに産んだ2頭は競走馬として使い物にならなかった。父はキングカメハメハである。
今回やっと父シンボリクリスエスで駿馬が生まれた。
思うに、シンボリクリスエスの馬格とゴツさが、いい目に出たのだろう。

私はこの組合せを知ったとき、「えっ?」と思った。どう考えてもシンボリクリスエスが合うとは思えなかった。
でも関係者はキンカメとのあいだに生まれた体質の弱い仔から、そこを補う配合を考えたのだろう。それが見事に当たった。躰さえ丈夫ならシーザリオの仔が走らないはずがない。
配合はむずかしい。そして愉しい。



スポーツ紙専門紙記者の投票で決まる最優秀馬は、年度代表馬ジェンティルドンナを始め、ほぼもう決まっている。
毎年、最優秀2歳牡馬は票が分かれる。朝日杯FSの勝ち馬とラジオNIKKEI杯2歳ステークス勝ち馬だ。どちらが来年のクラシックに直結し、活躍馬を輩出しているかは言うまでもない。朝日杯の勝ち馬でダービーを勝ったのはナリタブライアンまで溯る。一方ラジオNIKKEI杯の勝ち馬ときたら、とてもとても並のG3とは思えない。
しかし最終的にはG1とG3の格の差か、朝日杯勝ち馬が取る。
私の知りあいの記者は、毎年のようにラジオNIKKEIの勝ち馬に投票し、毎年落選すると立腹している。



しかし今年はエピファネイアだろう。
コディーノが朝日杯を勝っていたら文句なしにコディーノだった。なにしろ重賞3勝になる。それがレースの格の差だ。ラジオNIKKEIはG3だものね。G3ならコディーノは札幌2歳ステークス、東京スポーツ杯2歳ステークスとふたつも勝っている。

ロゴタイプは強い。札幌2歳ステークスのころと比べると、ぐんぐん成長している。朝日杯の勝利は決してミルコの腕だけではない。ロゴタイプの成長分だ。G1ホースである。

でも今年の「最優秀2歳牡馬」となったら、エピファネイアだろうなあ。イメージからして。
投票権のないのがそんなことを論じても意味ないが、今年は史上初のラジオNIKKEI杯勝ち馬が朝日杯FS勝ち馬を凌いで最優秀2歳牡馬に撰ばれる、と思う。

---------------

【追記】──コディーノも有力?

と書いて思ったのだが、コディーノはG3をふたつ勝っている。朝日杯2着だけど、けっこう票を集めるな。
もしかしてコディーノ? いや勝ち馬のロゴタイプを差しおいて、それはないだろう。
となるとエピファネイアなのだが……。



【追記.2】──エピファネイアの写真──う〜ん、ハンサム! 1/5

友人がエピファネイアの写真を送ってくれた。2ちゃんねるで見つけたそうです。お名前がわかるなら明記するのですが、無署名だったとか。かってに掲載する非礼をお許しください。すばらしい写真ですね。
めっちゃハンサムです。父のシンボリクリスエスより母父のスペシャルウィークに似ている気がします。

父に似ているなら、あの有馬二連覇のように中山の皐月も有馬も大丈夫。母父に似ているなら、ダービーも秋天JCも大丈夫。これで五冠確定!

鬼門は京都の菊花賞、阪神の宝塚か!?

epiphania